アルゴクラブの講座・スケジュール。中学受験なら第一ゼミパシード

中学受験第一ゼミパシード
お電話でのお問い合わせ 0120-4119-01
詳しい資料はこちら
  • パシードの特長
  • 教室案内
  • 講座・スケジュール
  • 合格実績
  • 安心・安全
  • パシードのサポート
  • 合格者の声
  • 説明会・イベント

講座案内

アルゴクラブ

アルゴクラブ

『アルゴクラブ』 とは

アルゴクラブ最高教室長ピーター・フランクル氏・算数オリンピック専務理事・日本ジャグリング協会名誉理事

算数オリンピック委員会、東京大学数学科学生、そして数学者でありジャグラーとしても有名なピーター・フランクル氏が共同開発した、年長児〜小学校低学年向けの数理教育システムです。
パズルゲームで頭脳トレーニングなど、子どもたちが“遊び感覚”で楽しく取り組めるプログラムで、算数センスや数理的思考力を鍛え伸ばします。

第一ゼミパシードでは、中学受験だけではなく、社会に出てからも通用する大切な力である『算数脳』、すなわち「見える力」と「詰める力」という2つの能力を低学年のうちに養成し、3年生からの本格的な教科別の学習につなげます。

アルゴクラブの指導
アルゴクラブの指導
アルゴクラブで学ぶと・・・
  • 考えることが楽しくなる! (試行錯誤力・自分で考え抜く力が身につく)
  • 数字に強くなる! (論理的思考力・数的センスがアップする)
  • 図形に強くなる! (図形センス・空間認識力が身につく)
  • 入試問題や算数オリンピックにチャレンジできる力が身につく!
「見える力」とは

図形問題を見て、手がかりとなる補助線が引ける、問題文を読みながら頭の中で立体的な考え方ができる、情報を図や表に整理して法則を見つけるといった、ひらめきやセンスです。

  • 図形センス=補助線が見える力

  • 空間認識力=頭の中で三次元イメージができる力

  • 試行錯誤力=図や表を書いて試してみる力

  • 発見力=アイデアや新発想を思いつく力

「詰める力」とは

出題者の聞きたいことを一言でつかむ要約力や論理性、問題文を一字一句読み落とさない集中力、最後まで解こうとする意志を意味します。

  • 論理性=一箇所の破綻も無く、論理を積み重ねられる力

  • 要約力=相手(出題者)の言いたいことを、一言でつかむ力

  • 精読力=一字一句詠み落とさない集中力

  • 意思の力・執念

アルゴクラブの指導システム

五感と全身をフルに使って「つ」のつく年齢の子供の『算数脳』を育てます。

  • 数理ゲーム、平面立体パズル、論理問題による知能トレーニングです。
  • 「遊び」を通して、子供達の可能性を引き出します。
  • 自ら考えて解決することの感動を繰り返し、「発想→構想」を習慣化します。
  • ゲームやパズル、論理問題に挑戦することで、考える楽しさを体感します。
  • 快感・達成感の繰り返しで、数理的な思考法(試行錯誤、発想、整理、組み立て、証明)が習慣化され、算数が好きになります。

アルゴクラブの教具紹介

ゲームやパズルを“遊び感覚”で取り組みながら、子どもたちの『算数脳』を育みます。その教具の一部をご紹介します。

  • アルゴ(メイン教材)

    数字が書かれた白黒合計24枚のカードを用い、さまざまな条件から相手のカードを推測する思考ゲームです。

  • ピーキューブ

    ピーター・フランクル氏監修。制限時間内に、いくつかのピースを組み合わせ、立方体や直方体、見取り図で示された立体を作るゲームです。

  • アイキューブ

    枠内にピースを敷き詰めるゲームです。対戦を通じて、図形をイメージの中で構成・再現・移動・転回する能力を磨きます。

  • ジオ・1

    3種類の大きさの直角二等辺三角形10枚と正方形1枚、合計11枚のピースすべてを
    使って、影絵と同じに並べる競争をします。

アルゴクラブ開講校

  • パシード天王寺校

  • パシードなかもず校

  • パシード岸和田校
この内容にお問い合わせ・お申込みする
お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル0120-4119-01
インターネットからお問い合わせ
詳しい資料はこちら
関連リンク
トップ
教室案内
説明会・イベント
Copyright (C) 2006- Daiichi Seminar. All Rights Reserved.