中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 2014年05月

パシードブログ

  •  
  •  

« 2014年04月 | メイン

第1回実力判定(受験用)・合格判定テスト講評

2014年05月01日

-----

■算数
<小4>
 今回より受験用テストとなり、問題のレベルが上がりました。その中でも「逆算」「分数」を利用した単位換算、「和差算」や「角」・「周りの長さ」など中学入試問題を解くための土台となるところですが、その分慣れるまでに時間がかかります。テスト問題を解き直した上で、授業で学習した内容をもう一度リトライしておきましょう。繰り返し取り組むことで理解が深まり、解く力も身についていきます。
<小5>
 4年生と5年生で大きく異なるのは、物の個数や値段などの具体的な数値から整数の性質のような抽象的な数値に変わることと、図形の出題が増えることです。今回、整数の性質に関する問題では3の(1)が捉えにくかったようです。4年生でも学習したところでは植木算の定着度は上がっていましたが、4の(2)のように規則性で考える問題は不正解が目立ちました。図形では最後の問題6の(3)で答えが分数になるため、正答率が下がったようです。
<小6>
 基本的な文章問題は概ね理解できていました。また、春期講習会で復習した単元はしっかり結果がでていますが、講習会では扱わなかった問題や少し融合されている問題については、演習経験不足のため得点につながっていませんでした。今回のテストでは「できている・できていない」単元が顕著に表れていたと思います。目の前の課題だけでなく、テスト範囲に基づく復習が成績向上には必要です。苦手単元や反復の足りない単元を復習し、次回に備えましょう。

■国語
<小4>
 今回は特に説明文が課題でした。説明文は本文に必ず答えとなる部分が書いてあるものです。解法を意識し、再度解き直しをしましょう。物語文は、人物の心情の読み取り方を確認しておいてください。言語事項では、漢字の音訓を混同している例が多く見られたので、音と訓の違いや成り立ちとともに復習しましょう。また、時間配分のミスで語句の問題にまで手が回らない人もいました。どの問題から解き始めるかも慣れていきましょう。
<小5>
 言語事項については「ことばの知しき」はよくできていましたが、「漢字の書き取り」に課題がある受験生が見られました。文章題では「物語文」は選択肢、「説明文」では空欄補充(穴埋め)で点数が伸び悩んでいましたが、接続語の問題はよくできていました。今後の成績向上のポイントは選択肢の問題は本文中にしっかりと答えの根拠を求めること、空欄補充の問題は本文と問題文で同義・反復をいかに丁寧に探すかです。日ごろの学習の中で読解の基本の徹底を図っていきましょう。
<小6>
 大問1の物語文は全体的によくできていました。特にぬき出しの問題の正答率が高く、正確に読み取れていることがうかがえます。ただ、問六の理由説明の問題、問七の修飾語の補充問題のできはあまりよくありませんでした。一方、大問2の論説文は苦戦した人が多かったようです。中でも問八・問九のぬき出し問題の正答率が低かったですが、ぼう線部や問題文をヒントとして、「答えがどの部分にあるのか」の見当をつけることが大切です。言語事項は、「千客万来」の四字熟語以外は比較的高い正答率でした。

■理科
<小5>
 てんびんについての問題では少し複雑な問われ方をしたため、対処に苦労したようです。今回の問題では「支点からの距離」を考える必要がありました。必ず図に書き込み、解き方を定着させていきましょう。また、全体を通して基本的な知識事項を問う問題の正答率は高かったですが、単なる暗記では得点できない問題があることも気付いたのではないでしょうか。一つひとつ関連付けて整理するようにしましょう。
<小6>
 電気のはたらきを問う問題の正答率が低い結果でした。特にスイッチを入れることによってどのような経路を流れるかという問題で苦戦したようです。このような問題では「どのようにながれるのか」を考えながら自分で回路図を描く練習をしましょう。また、天気に関する問題では、湿度についての正答率が低かったです。知識はもちろんですが、普段の生活から体験を通して理解を深めるようにしましょう。

■社会
<小5>
 今回の出題は、日本のすがた・農林水産業・資源からでした。農林水産業の問題の中でも米づくりに関しての設問は正答率も高くよくできていました。あとは畑作・土地改良・用水路の場所などをしっかり復習しておきましょう。社会の学習は用語の暗記だけではなく、グラフ・表・地図などの資料を読み取る力も必要になります。普段の学習から資料が持つ意味を確認して考える力を養い、入試問題に対応できる力を身に付けていきましょう。
<小6>
 今回のテストでは漢字指定の問題が多く出題されていました。入試でも漢字指定で問われることが多いので、今のうちに正しい漢字で事柄を覚えていきましょう。また地理分野では工業、歴史分野では江戸時代以降の歴史の知識を確認するよい機会となったはずです。単に語句を覚え直すリトライではなく、そこから連想される言葉をたくさん作ることで、地歴の分野をこえた応用力が身につき、入試問題にも対応できるようになっていきます。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2014年05月01日 16:53 学習情報 | 記事ページ


ページの先頭へ