中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 2013年01月

パシードブログ

  •  
  •  

« 2012年12月 | メイン | 2013年02月 »

入試の前哨戦!

2013年01月08日

-----

130108_tosajuku.JPG 1月19日の近畿圏統一入試日に先立ち、地方の難関・有名校のいわゆる「県外入試」が、大阪・兵庫・和歌山などの各地で行われています。
 今日、1月8日(日)には、函館ラ・サール中、土佐塾中、香川誠陵中の入試が行われ、パシード生たちも「本命の前哨戦」として試験に臨みました。私は、新梅田研修センターを会場に行われた土佐塾中の入試へ応援に駆けつけましたが、大勢の受験生でごった返し、我々教員の方が緊張してしまう中、パシードの生徒たちは笑顔でやってきてくれたのが印象的でした。正に、独自の意欲喚起教育「EMS」で学んできた受験生たちの本領発揮です。
 これで“入試本番”の雰囲気も体感できました。自信を持って、入試統一日を迎えてほしいと思います。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2013年01月08日 11:09 パシードの日々 | 記事ページ

ドリカムタイム〜志望校合格へ向けて

2013年01月18日

-----

130118_dream.JPG 今日は日中、第一ゼミナールの本部のある大阪都心でも雪がちらつき、随分と寒い1日でしたね。
 明日からいよいよ、近畿圏の中学入試が一斉にスタートします。第一ゼミ・パシードの各校ではこの1週間、“入試壮行会”に代わる「ドリカムタイム」を行ってきました。各校の教員が想いを込めて受験生たちにメッセージを伝えたり、逆に生徒たちから力強く高らかに決意表明をしてもらったりと、各校さまざまな工夫を凝らしながら、子どもたちの一層の意欲喚起に取り組んでいます。
 そして最後には、第一ゼミの合言葉「ジョウショウ↑↑」で、生徒と教員が一体となって盛り上がります(写真はその様子です)。志望校合格へ向けた気持ちの高揚でもありますし、仲間がお互いにこれまでの頑張りを称え合い、励まし合う時間・空間でもあります。「ジョウショウ」には、「上昇」「常笑」などの意味が込められていますが、この合言葉を胸に、皆がテンションMAXで、明日からの入試に臨んでくれることでしょう。
 明日もまた厳しい寒さのようです。防寒対策、そして教室内での暖房対策も万全に。皆がベストを尽くしてくれることを、全教員が願っています。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2013年01月18日 20:30 パシードの日々 | 記事ページ

2013中学入試スタート!

2013年01月19日

-----

130119_exam01.jpg 1月19日(土)から、近畿圏の私立中学入試が一斉にスタートしました。
 朝早くから各中学校の試験に受験生たちが挑み、また、清風や大阪桐蔭などに加え、今年から新たに明星や大谷なども午後入試を導入しましたので、初日に2校の入試に臨んだ人は昨年以上に多かったのではないかと思います。
 これまでご紹介してまいりましたように、第一ゼミ・パシードでは、独自の意欲喚起教育「EMS」に取り組んできましたが、今日はその集大成。「ドリカムイン」と銘打った激励会を、各中学校で実施しました。自分が合格している姿をイメージするとともに、それを心から喜んでくれる人たちの姿にも想いを馳せてみる。そして、「入試は『自分の夢を実現する日』なのだ」という意識を持って、ポジティブな気持ちで大きな力を発揮しよう――という趣旨です。
 最後は合言葉「ジョウショウ↑↑」の発声を高らかに上げ、最高の笑顔で試験会場へと向かっていきました。それを見送る我々は、これまでの子どもたちの直向きな頑張りを思い出し、万感の思いに駆られましたが、ずっとお子さまと共に走ってこられた保護者の方々の感慨もそれ以上であったであろうと拝察いたします。受験生たち全員が、自分のベストを尽くしてくれることを願っています。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2013年01月19日 11:58 パシードの日々 | 記事ページ

合格おめでとう

2013年01月31日

-----

130120_seifunankai.JPG 今年の中学入試の結果が続々届いています。全ての受験生たちに「よく頑張ったね」の声を掛けたいという気持ちでいっぱいです。
 パシードの各校では、受験生たちに、意欲喚起教育「EMS」についてのアンケートを実施しています。「EMS」を通して、自分の中にどんな変化があったかを問うたものです。その結果は改めて発信する予定ですが、「勉強は、自分を成長させてくれると教えてもらい、素直に信じると、勉強が楽しくなった」「ずっと苦手だと思っていた問題がありました。受験当日、テストの前に『できる』と自分に言い聞かせていました。テストにその問題が出てきましたが、不思議と答えが出ました」「今まで応援してくれた人たちに恩返しがしたい気持ちで、合格できたと思う」などの声が聞かれました。
 清風南海の発表の日、取材に行っていたのですが、スーパー特進に合格したある女の子が、自分の番号を見つけて、横にいたお母さんに抱きつき、涙しながら喜びを分かち合っている様子を見て、「家族皆で手にした合格」なのだと、しみじみ感じ入ってしまいました。
 入試はゴールではなく、長い人生の中の1つの成長のステップだと思います。受験勉強を通して大きく成長した子どもたちは、将来の夢に向かって、これからも前向きな頑張りを続けてくれるものと信じています。
≪「合格者の声」動画公開中≫
 志望校合格を手にした受験生の喜びの声を動画で公開しています。→こちらからぜひご覧ください。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2013年01月31日 16:01 パシードの日々 | 記事ページ


ページの先頭へ