中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 第2回実力判定(受験用)・合格判定テスト講評

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

第2回実力判定(受験用)・合格判定テスト講評

2010年06月30日

-----

■国語
<小4>
 今回のテストは全体的に難しいと感じた人も多かったのではないかと思います。特に読解問題は文章も長く、内容そのものも分かりにくいと思った人も多かったはずです。しかし今後いろいろな文章を読み、問題を解く練習を重ねるうちに、文章になれ、解けるようになっていきます。また漢字などの基礎的なことがらの強化も望まれます。きちんとリトライをして次回のテストに臨みましょう。
<小5>
 漢字の書き取りは、送りがなを含む訓読みや、同訓異字のの正答率がやや低い結果でした。文章読解は、空らんを補う問題はよくできており、文脈をとらえる力が身についています。説明文より物語文の方が全体的な得点率が伸びていなかったので、場面分けや心情の読み取りを中心とした重点学習が求められます。また、記述問題への積極的なチャレンジも、この夏ぜひ取り組みましょう。
<小6>
 今回のテストでは、特に大問2の説明的文章での得点が低かったようで、問三の接続語の問題以外はすべて正答率が40%以下でした。問五の「同じ意味を述べた部分を見つける問題」や、問七の「要旨を問う問題」など、入試でもよく出題されるところです。他の読解問題もすべてそうですが、何を問われているのか、探す手順はどうかなどをしっかりと考えながらリトライをして、得点力を高めましょう。
■算数
<小4>
 今回の平均点は、51.5点でした。ある一定のレベルまでは理解できているようですが、「長さ・角度・がい数」の部分で差がついたように思います。今回のテストのリトライ(復習)を通して、この夏の課題を見つけ、それが克服できるように、しっかりと学習に取り組んでください。
<小5>
 今回の平均点は、52.1点でした。個々の出来を見ていると、あともう1問正解できたように思います。たった1問ですが、されど1問です。この夏は、1問1問を大切に、丁寧に解法することが必要だと思います。この夏、しっかりと前を向いて頑張りましょう。
<小6>
 今回の平均点は、39.0点で、予想よりも低い点数になりました。大問1・2での点数の取りこぼしが気になるところですが、間違えた箇所に関して、「なぜ? どこで?」をしっかりと自分で把握して、夏期講習会に臨んでほしいと思います。この夏の頑張りが、君たちの第一志望校を大きく引き寄せるチャンスです。期待しています!
■理科
<小4>
 大問1の小問集合と大問2の太陽の部分については正答率が高かったです。ただその中で、大問2の(2)で「公転」と答えるところを「自転」と答えているケースが多々見受けられました。1つ1つの言葉をしっかり区別することができればもっと点数は上げられると考えています。受験用テストもまだ始まったばかりです。これからも期待しています。
<小5>
 全体的に良くできていました。大問2の(3)のような時事問題(日食)は印象に残っていたのでしょう。非常に良くできていました。また、大問4の植物では発芽に関する実験の出来が非常によく、実験条件について考える力も着実についています。夏期講習会では、天体や、物理の計算といった思考力を問う問題の考え方を定着させ、知識事項の整理を確実にし、2学期以降の学習に向けてがんばりましょう。
<小6>
 大問1をはじめ基本的な知識を確認する問題の正答率は比較的高かった一方、電流の大きさ、太陽の南中高度、ほう和水蒸気量、しつ度といった計算問題の正答率が低い結果となりました。これらの計算問題は入試でも頻出なので、必ずリトライして「次は絶対に解ける」ようにしておきましょう。次回は全範囲が出題対象となります。知識・計算とも苦手分野をなくすよう頑張りましょう。
■社会
<小4>
 大問1〜3ともすべて、5月以降に塾の授業で学習した内容で、授業内容とテキストの知識が整理されたページをきちんと復習していれば、できない問題ではないはずです。社会科の学習は「知識が中心」となりますから、地域・地方ごとの「地形」「気候」「産業」の特色と知識について、ノート(プリント)をしっかりと整理し、繰り返し見直して覚えていく時間を、家庭学習の中に取るようにしましょう。
<小5>
 今回、日本の農業に関する問題では正答率も高かったように思います。また、日本の工業に関連する公害・環境問題については「環境基本法」「リユース」「燃料電池車」など近年の入試問題でも多く出題される部分です。テキストの重要語句だけでなく、その内容を地図やグラフとともに理解していくようにしましょう。地図中に地形名などを漢字で正確に書き込むなどして覚えていくのもよいでしょう。
<小6>
 地理分野、とりわけ日本の産業については理解できているようです。貿易港の輸出入品に関する出題は入試でも頻繁に出題されるのですが、今回は正答率も高く、知識が定着してきているようです。今後の課題は、政治分野の定着。7月には参議院議員通常選挙が実施されるので、国会の働きと選挙制度について整理するとともに、ニュースもチェックしておきましょう。

Posted by 第一ゼミ中学受験統括室 | 日時: 2010年06月30日 15:55


ページの先頭へ