中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 2010年度関西圏中学入試結果概況(2)

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

2010年度関西圏中学入試結果概況(2)

2010年03月09日

-----

■大阪府(その2)
<共学校>
 追手門学院大手前は前年度入試が厳しく、今年は受験生が敬遠した様子です。大阪学芸はここ数年大きく受験者数を減らせてきましたが、今年は大きく増加しました。ただ、合格者数も増加しているため難易度に変動はありませんでした。大阪産業大学附属は関西初となる16日解禁日初日の午後入試を導入し、81名の受験者を集めました。今後は首都圏入試のように初日の午後入試校も増えてくるのでは思われます。大阪桐蔭は初日の16日に前期入試を行い、168名の受験者数となりました。競争率はやや低下していますが、近年の難易度の急上昇を受けて、下位層の受験生が減っています。したがってレベルに変動はなく、偏差値60以上の厳しい戦いになっています。開明はその大阪桐蔭と入試レベルがバッティングしますので、初日の受験者が一部流れたと思われます。受験者数が減少し、1次前期・後期では競争率も低下しています。関西大倉は2次入試で前年度を下回る受験者数となり、低調な入試になりました。同じ入試日程となった新設の関西大学中等部の影響もあると思われます。
 その関西大学中等部ですが、大変な人気となりました。A日程は133名の受験者で1.8倍の競争率。B日程は466名の受験者で3.8倍となりました。従来の関西大学第一を中心とした附属校志向の受験生に加えて、関西大倉などの進学校志向の受験生からも高い関心を集めた結果です。特にB日程の入試レベルは偏差値60を超えているようです。大阪でもう一校の新設校である関西大学北陽も人気が高く激戦入試となりました。こちらも1次・2次ともに1.5倍を超え、併せて392名の受験者数となっています。この2校は今年の中学入試における話題の中心でしたが、やはり、関西大学という有名大学をキープした上で、国公立をはじめとする他大学に受験できるというのは大きな魅力になったようです。一方既存の関西大学第一はこの2校に受験生が分散したことに加えて、2日間入試にしたこともあり、大きく受験者数が減少しました。競争率も1.6倍と、大きく2倍を割り込みました。関西大学系としては連携コースを新設した関西大学連携浪速も話題となりましたが、受験者数に大きな変動はありませんでした。ただ、入試レベルは大きく上昇しています。
 これら附属校・提携校の大きな話題の影響からか、近畿大学附属は大きく受験者が減少し、難易度も低下しました。金蘭千里も2年連続で受験者数が減少し、前期・後期ともに競争率は1.4倍と広き門となっています。共学化した賢明学院は大きく入試が動きました。A日程で79名の受験生が集まり、1クラス増となりそうです。金光八尾はコース制変更後、急激にレベルが上昇していますが、そのため受験者数はやや減少しています。今年は1次B・2次での競争率も低下し合格しやすくなっています。四條畷学園は従来の3年制に加えて6年一貫コースを新設しましたが、1次Aでは大きな影響はなく、1次Bの受験者数が大きく増加しました。他校との併願先の一つになっているということです。昨年共学化した常翔啓光学園ですが、一度入試を行ったことで入試難易度に対する不安もなくなり、A日程の受験者数は増加しました。清教学園は関学との提携は続けるもののコース名から連携をはずし、S特進I類・II類としました。地元に圧倒的な人気がある同校ですが、今年は受験者数が減り、難易度もやや低下しています。
 清風南海は統一入試以後和歌山県からの受験生が減りましたが、今年は昨年並の入試に落ち着いています。帝塚山学院泉ヶ丘はM入試を廃止し、17日の2次も3コースの募集としましたが、1次・2次ともに大幅に受験者数が増加しました。清教学園から志願者が流れてきた可能性があります。東海大学付属仰星は自己推薦型入試やアラカルト選抜を導入しましたが、2年連続で広き門となっています。同志社香里は関西大学第一同様、有名大学の附属校として高い人気があります。ただ、今年は関西大学の附属校が2校開校となり、その影響がどうなるかが心配されていましたが、結果としては大きな変動はなく、例年並の入試が展開されました。初芝富田林はここ数年安定した入試が行われています。入試レベルもほぼ一定しています。初芝立命館は昨年度立命館コースが注目されましたが、今年は関西大学の話題に隠れながらも堅実な入試となっています。新設3年目となった桃山学院はここ2年の勢いがなくなり受験者数が減少しています。競争率も2倍を切り、A方式1.7倍、B方式1.4倍となっています。
 昨年度大きな話題となった早稲田摂陵は共学化しましたが、受験者数に大きな動きはありませんでした。ただ、今年新設した全国型入試には首都圏を中心とした多くの受験生がチャレンジしたようです。なお、次年度は旭区にある常翔学園が中学校開校を発表しています。

※次回は兵庫県の動向についてまとめます。

Posted by 第一ゼミ中学受験統括室 | 日時: 2010年03月09日 10:22


ページの先頭へ