中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 2010年03月

パシードブログ

  •  
  •  

« 2010年02月 | メイン | 2010年04月 »

西大和学園中学校入試分析報告会を実施しました

2010年03月05日

-----

1302_100305.jpg■岡田清弘教頭先生による入試に関するお話
 現在、第一ゼミパシード各校では入試分析会を中心とした保護者会を行っております。本日は第一ゼミパシード岸和田校で、西大和学園中学校高等学校の岡田清弘教頭先生にお越しいただき、2010年度入試や入試問題を通してお子様のどういったチカラを見たいのか、これからの方向性などをお話いただきました。また、今回は少人数制で実施させていただいたこともあり、保護者の方からの質疑応答の時間も設け、いろいろなご質問にも対応していただきました。
 その後、第一ゼミパシードが作成した分析集を用いて、本校教員による入試問題分析と今後の指導についてお話させていただきました。
 保護者の方のアンケートからも今回の分析会は非常に好評だったようです。
 岡田先生、本日はご講演いただき、ありがとうございました。

 第一ゼミパシード岸和田校では来週3校、次月以降も継続してこのような形で保護者の方へ情報提供をさせていただきたいと考えております。
=文責:鳴神=

■3月・春期講習会入会(受講)生募集中
  2010年、第一ゼミパシードで「もっともっと自分を好きになる」
 第一ゼミパシードでは「成績向上への全力指導」+「もっともっと自分を好きになる」をテーマに最難関中学受験から地域の有名中学受験をめざすすべての中学受験生を応援していきます。
 入会をご希望の方は以下のいずれかの入会テストならびに説明会へご参加ください。
  3/6()14:00〜15:30
  3/7()10:30〜12:00
 お申し込み・お問い合わせは、第一ゼミパシード岸和田校まで直接お電話(072-430-1151)またはこちらからお願いします。

■春の『中学受験スタートテスト』(同時実施:保護者説明会)受付中
  中学入試のスタートは第一ゼミパシード岸和田校で!
 春は新しいことを始める時期。将来の夢の実現のために「中学受験を始めたい!」と思っている人も多いと思います。
 第一ゼミナールでは「成績向上への全力指導」+「もっともっと自分を好きになる自分づくり」の教育を通じて、一人ひとりの合格と夢の実現のために日々指導しています。
このテストは、みなさんの「スタート」を応援するためのものです。ぜひ、参加してください!
 ○実施日時 3/14()10:30〜12:00
       ※保護者説明会も同時に実施します。
 ○対象学年 新小3〜5生
 ○テスト範囲・お申し込み方法など
  →こちらからお願いします。

■入試分析報告会
 本日の西大和学園中学校に引き続き、3月は以下の日時で実施いたします。
 第2回 清風南海中学校
 ※定員となりました。多数の方のお申し込み、ありがとうございました。
   →3/9(火)10:30〜12:00
 第3回 開智中学校
   →3/9(火)13:00〜14:30
 第4回 智辯学園和歌山中学校
   →3/11(木)10:30〜12:00
 ※第3回・第4回につきましては、若干のお申し込み枠がございますので、ご希望の方は
  お早めにお申し込みをお願いいたします(第一ゼミパシード岸和田校072-430-1151)。

Posted by: 岸和田校 日時: 2010年03月05日 15:55 | 記事ページ

2010年度関西圏中学入試結果概況(1)

2010年03月08日

-----

 1月16日(土)、関西地区2府4県で一斉に中学入試がスタートし、前年度より1,171名少ない、19,038名の小学6年生が私立中学校を受験しました。関西地区の小6の児童数は200,435名ですので9.5%、約10人に一人が中学受験に臨んだことになります。全体としては前年度に比べやや中学受験率が低下する中での入試となりましたが、主な学校別の入試結果から、2010年度入試の概況をまとめてみました。

■大阪府(その1)
<男子校>
 前期入試を中心に確認します。上宮は3回の入試すべてで受験者数が減少し、競争率も低下、広き門となりました。大阪星光学院は2年連続で受験者数が増加し、競争率も2.4倍の激戦となりました。3・4科選択入試を導入したことが影響しているものと思われます。清風は3回の入試とも受験者数が増加し、競争率もやや上昇しています。特に後期同様W受験者に対して10点加点を発表した理IIIプレミアム入試は、大きく受験者が増加しました。高槻はここ数年受験者数が減少していましたが、今年は大きく増加しました。こちらも3・4科選択入試を導入した影響と思われます。明星は1次・2次ともに受験者が大きく減少し、競争率も低下する中で広き門となりました。同校も1次入試に新たに3・4科選択入試を導入したのですが、その影響はなかったといえます。初日入試となった大阪桐蔭に志願者が流れる傾向にありました。
<女子校>
 大阪女学院は1回目の入試を解禁日翌日の17日に実施しましたが、受験者数がA・B合わせて148名減少しました。ただ、合格者数も絞っているため難易度的な変動はありませんでした。大谷は1次でやや難化しましたが、2次Aでは比較的落ち着いた入試になりました。四天王寺も受験者数、合格者数とも前年度並みとなり、入試レベルの変動はありませんでした。関学コースが人気の帝塚山学院は、今年新たに2コース制にするとともに1次Bを新設し3回入試となりました。その結果、1次Aでは若干受験者数が減ったものの、17日の1次Bに188名もの受験者が集まりました。同日は大阪女学院の前期入試と同一日となっており、関学コースを中心に志願者が流れたと思われます。樟蔭はA入試の受験者が大幅増となり、やや難易度が上昇しました。人気校のプール学院、自己推薦型のK方式を導入した金蘭会は昨年並みの入試となりました。大阪薫英女学院・大阪信愛女学院・城星学園・聖母女学院・相愛・羽衣学園は受験者数が減少し、広き門となっています。

※次回は大阪府(その2)<共学校>についてまとめます。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2010年03月08日 15:14 入試・学校情報 | 記事ページ

保護者会のお礼

2010年03月08日

-----

 昨日、3月7日(日)にて、今年度はじめの保護者会を実施いたしました。お越しいただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
 当日の保護者会では、西大和学園中学の岡田教頭先生による教育講演を中心に、第一ゼミ算数科チーフの中村による「2010年度中学入試概況」「算数・理科の学習」、パシード天王寺校平井による「国語・社会の学習」、最後にパシード天王寺校校長による「今後の行事などの予定」についてご説明させていただきました。
 2時間という長い保護者会にもかかわらず、最後までお付き合いいただいたことを感謝いたしております。
 今後ともよろしくお願い申し上げます。

■2010年度春期講習会受講テスト■
●日程:3月13日(土)午前10時30分〜12時00分  3月14日(日)午前10時30分〜12時00分
●対象:新小学1年生〜新小学6年生
●場所:第一ゼミパシード天王寺校

■パシード天王寺校のホームページ■
パシード天王寺校の詳しい内容はこちらをクリック!
 お申し込み・お問い合わせはこちらよりお願いします。
お気軽にご相談ください。

Posted by: 天王寺校 日時: 2010年03月08日 21:29 | 記事ページ

2010年度関西圏中学入試結果概況(2)

2010年03月09日

-----

■大阪府(その2)
<共学校>
 追手門学院大手前は前年度入試が厳しく、今年は受験生が敬遠した様子です。大阪学芸はここ数年大きく受験者数を減らせてきましたが、今年は大きく増加しました。ただ、合格者数も増加しているため難易度に変動はありませんでした。大阪産業大学附属は関西初となる16日解禁日初日の午後入試を導入し、81名の受験者を集めました。今後は首都圏入試のように初日の午後入試校も増えてくるのでは思われます。大阪桐蔭は初日の16日に前期入試を行い、168名の受験者数となりました。競争率はやや低下していますが、近年の難易度の急上昇を受けて、下位層の受験生が減っています。したがってレベルに変動はなく、偏差値60以上の厳しい戦いになっています。開明はその大阪桐蔭と入試レベルがバッティングしますので、初日の受験者が一部流れたと思われます。受験者数が減少し、1次前期・後期では競争率も低下しています。関西大倉は2次入試で前年度を下回る受験者数となり、低調な入試になりました。同じ入試日程となった新設の関西大学中等部の影響もあると思われます。
 その関西大学中等部ですが、大変な人気となりました。A日程は133名の受験者で1.8倍の競争率。B日程は466名の受験者で3.8倍となりました。従来の関西大学第一を中心とした附属校志向の受験生に加えて、関西大倉などの進学校志向の受験生からも高い関心を集めた結果です。特にB日程の入試レベルは偏差値60を超えているようです。大阪でもう一校の新設校である関西大学北陽も人気が高く激戦入試となりました。こちらも1次・2次ともに1.5倍を超え、併せて392名の受験者数となっています。この2校は今年の中学入試における話題の中心でしたが、やはり、関西大学という有名大学をキープした上で、国公立をはじめとする他大学に受験できるというのは大きな魅力になったようです。一方既存の関西大学第一はこの2校に受験生が分散したことに加えて、2日間入試にしたこともあり、大きく受験者数が減少しました。競争率も1.6倍と、大きく2倍を割り込みました。関西大学系としては連携コースを新設した関西大学連携浪速も話題となりましたが、受験者数に大きな変動はありませんでした。ただ、入試レベルは大きく上昇しています。
 これら附属校・提携校の大きな話題の影響からか、近畿大学附属は大きく受験者が減少し、難易度も低下しました。金蘭千里も2年連続で受験者数が減少し、前期・後期ともに競争率は1.4倍と広き門となっています。共学化した賢明学院は大きく入試が動きました。A日程で79名の受験生が集まり、1クラス増となりそうです。金光八尾はコース制変更後、急激にレベルが上昇していますが、そのため受験者数はやや減少しています。今年は1次B・2次での競争率も低下し合格しやすくなっています。四條畷学園は従来の3年制に加えて6年一貫コースを新設しましたが、1次Aでは大きな影響はなく、1次Bの受験者数が大きく増加しました。他校との併願先の一つになっているということです。昨年共学化した常翔啓光学園ですが、一度入試を行ったことで入試難易度に対する不安もなくなり、A日程の受験者数は増加しました。清教学園は関学との提携は続けるもののコース名から連携をはずし、S特進I類・II類としました。地元に圧倒的な人気がある同校ですが、今年は受験者数が減り、難易度もやや低下しています。
 清風南海は統一入試以後和歌山県からの受験生が減りましたが、今年は昨年並の入試に落ち着いています。帝塚山学院泉ヶ丘はM入試を廃止し、17日の2次も3コースの募集としましたが、1次・2次ともに大幅に受験者数が増加しました。清教学園から志願者が流れてきた可能性があります。東海大学付属仰星は自己推薦型入試やアラカルト選抜を導入しましたが、2年連続で広き門となっています。同志社香里は関西大学第一同様、有名大学の附属校として高い人気があります。ただ、今年は関西大学の附属校が2校開校となり、その影響がどうなるかが心配されていましたが、結果としては大きな変動はなく、例年並の入試が展開されました。初芝富田林はここ数年安定した入試が行われています。入試レベルもほぼ一定しています。初芝立命館は昨年度立命館コースが注目されましたが、今年は関西大学の話題に隠れながらも堅実な入試となっています。新設3年目となった桃山学院はここ2年の勢いがなくなり受験者数が減少しています。競争率も2倍を切り、A方式1.7倍、B方式1.4倍となっています。
 昨年度大きな話題となった早稲田摂陵は共学化しましたが、受験者数に大きな動きはありませんでした。ただ、今年新設した全国型入試には首都圏を中心とした多くの受験生がチャレンジしたようです。なお、次年度は旭区にある常翔学園が中学校開校を発表しています。

※次回は兵庫県の動向についてまとめます。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2010年03月09日 10:22 入試・学校情報 | 記事ページ

清風南海中学校入試分析報告会を実施しました

2010年03月09日

-----

1302_100309a.jpg■清風南海の入学試験と学校での取り組み
 今日は冷たい雨が降る中、午前中は清風南海中学校の入試広報部部長東和田 功勝先生にお越しいただき、本年度の入試状況をはじめ私立中高一貫校をめざす意義そして清風南海学園での取り組み、大学入試のことなど、多岐にわたる内容でご講演いただきました。
 地元の名門校ということもあり、定員を超えるお申し込みをいただき、保護者の方々には会場が少々狭くてご迷惑をおかけいたしましたが、みなさん熱心にお話しを聴かれていました。
 最後のほうで、『漢書 孫宝伝』のことについてお話しがありました。昨年ご講演いただいたときにもお話しをしていただきましたが、学ぶ姿勢そして礼儀など、当たり前のことでありますが、なかなかそこまでできていないというふうに感じられた方もいらっしゃったと思います。
 東和田先生、本日はご講演いただき、ありがとうございました。
=文責:鳴神=

■3月・春期講習会入会(受講)生募集中
  2010年、第一ゼミパシードで「もっともっと自分を好きになる」
 第一ゼミパシードでは「成績向上への全力指導」+「もっともっと自分を好きになる」をテーマに最難関中学受験から地域の有名中学受験をめざすすべての中学受験生を応援していきます。
 入会をご希望の方は以下のいずれかの入会テストならびに説明会へご参加ください。
  3/13()14:00〜15:30
  3/14()10:30〜12:00
 お申し込み・お問い合わせは、第一ゼミパシード岸和田校まで直接お電話(072-430-1151)またはこちらからお願いします。

■春の『中学受験スタートテスト』(同時実施:保護者説明会)受付中
  中学入試のスタートは第一ゼミパシード岸和田校で!
 春は新しいことを始める時期。将来の夢の実現のために「中学受験を始めたい!」と思っている人も多いと思います。
 第一ゼミナールでは「成績向上への全力指導」+「もっともっと自分を好きになる自分づくり」の教育を通じて、一人ひとりの合格と夢の実現のために日々指導しています。
このテストは、みなさんの「スタート」を応援するためのものです。ぜひ、参加してください!
 ○実施日時 3/14()10:30〜12:00
       ※保護者説明会も同時に実施します。
 ○対象学年 新小3〜5生
 ○テスト範囲・お申し込み方法など
  →こちらからお願いします。

Posted by: 岸和田校 日時: 2010年03月09日 16:05 | 記事ページ

開智中学校入試分析報告会を実施しました

2010年03月09日

-----

1302_100309b.jpg■開智中学校がめざすもの
 今日の午後からは、開智中学校入試対策部長熊澤 宗男先生にお越しいただき、本年の開智中学校の入学試験概要と開智中学校高等学校の教育方針そして具体的な取り組み内容についてご講演をいただきました。
 開智中学校の府内での人気は非常に高く、その人気の理由は学校の教育方針に基づき、先生方が生徒たちの成長を願い、様々な形でサポートしてくれること、いろいろな体験学習などを実施していること、生徒の進路指導のスタンスなどが評価されているからだと思います。
 それは「伸び率(入学時のレベルと大学進学時のレベル)」に集約されます。
 ご講演の後の質疑応答でも、本当に細かなところまでお答えいただき、ご参加された保護者の方もより開智中学校の素晴らしさを実感されたことと思います。
 熊澤先生、本日はご講演いただき、ありがとうございました。
=文責:鳴神=

■3月・春期講習会入会(受講)生募集中
  2010年、第一ゼミパシードで「もっともっと自分を好きになる」
 第一ゼミパシードでは「成績向上への全力指導」+「もっともっと自分を好きになる」をテーマに最難関中学受験から地域の有名中学受験をめざすすべての中学受験生を応援していきます。
 入会をご希望の方は以下のいずれかの入会テストならびに説明会へご参加ください。
  3/13()14:00〜15:30
  3/14()10:30〜12:00
 お申し込み・お問い合わせは、第一ゼミパシード岸和田校まで直接お電話(072-430-1151)またはこちらからお願いします。

■春の『中学受験スタートテスト』(同時実施:保護者説明会)受付中
  中学入試のスタートは第一ゼミパシード岸和田校で!
 春は新しいことを始める時期。将来の夢の実現のために「中学受験を始めたい!」と思っている人も多いと思います。
 第一ゼミナールでは「成績向上への全力指導」+「もっともっと自分を好きになる自分づくり」の教育を通じて、一人ひとりの合格と夢の実現のために日々指導しています。
このテストは、みなさんの「スタート」を応援するためのものです。ぜひ、参加してください!
 ○実施日時 3/14()10:30〜12:00
       ※保護者説明会も同時に実施します。
 ○対象学年 新小3〜5生
 ○テスト範囲・お申し込み方法など
  →こちらからお願いします。

Posted by: 岸和田校 日時: 2010年03月09日 16:10 | 記事ページ

2010年度関西圏中学入試結果概況(3)

2010年03月10日

-----

■兵庫県
 2006年の統一入試開始以降、着実に中学受験熱が高まってきていた地域ですが、全体の受験者数が大幅に減少し、今年は大きな転機の入試となりました。
<男子校>
 関西学院は例年ほぼ安定した受験者数が続いています。入試難易度も大きな変化はありませんでした。ただし2年後に内部小学校からの進学組を迎えますので、その時は共学化を含め、大きな動きがありそうです。甲南は3回の入試すべてで受験者数が減少しており、競争率も低下しています。ただ、従来は同じ大学附属校として関西学院や啓明学院の併願校としての位置づけがありましたが、六甲や滝川といった進学校との併願も増えてきているようです。甲陽学院は高いレベルでの入試が続いています。滝川はコースの改編を行い受験者数の減少に歯止めがかかりました。灘は受験者数が減少していますが、首都圏からの併願組の減少もあるようです。今年もハイレベルでの安定した入試となりました。報徳学園は前年割れが続く兵庫県下校の中で、大きく受験者数を伸ばした数少ない学校の一つです。入試レベルが上昇するまでには至りませんでしたが、今後要注意の学校です。六甲はA日程・B日程ともに受験生が減少しています。ただ、入試レベルに大きな変動はなかったようです。灘・甲陽学院断念組が大阪や京都の3科受験可能校に流れた可能性があります。
<女子校>
 甲南女子はB入試でもアドバンスコースを募集し、受験者数を伸ばしました。また、神戸海星女子学院が新設したB日程と同一日のA2日程についても大きな変動はありませんでした。その神戸海星女子学院ですが、B日程は94名の受験者、競争率2.6倍となっています。甲南女子のSアドコース同様、神戸女学院の併願校にもなっているようです。神戸女学院はやや受験者数が減ったものの大きな動きもなく、例年並の入試となりました。松蔭はA方式・B方式ともに大幅に受験者数が減少し、A方式は全員合格になっています。親和は前期で大幅に受験者数が減少し、入試難易度も低下しています。後期は甲南女子・神戸海星女子学院・武庫川女子大学附属などと同一日の17日に前倒ししました。志願者は大幅に減少しましたが、受験者数は例年並となりました。武庫川女子大学附属は前年に3回入試や自己推薦型入試の導入など、大きく入試制度を変更、受験者総数が1,100名を超える大きな入試となりました。今年はその反動もあり、3回すべての入試で受験者数が減少しました。ただ、合格者数も減っており、入試難易度に変動はありませんでした。
<共学校>
 募集人員を20名増加させた啓明学院は、女子の受験者数が減ったこともあり競争率は低下しました。女子の入試難易度は下がっているようです。神戸龍谷はここ数年の勢いがなくなり、やや低調な入試になりました。入試レベルの上昇とともにチャレンジ受験が減った結果だと思われます。昨年共学化した三田学園は入試レベルも明確になり、受験しやすくなった一方、チャレンジ受験も減り、全体の受験者数は減少しています。須磨学園も受験者のレベルの上昇とともに、受験者数の伸びは止まっています。しかし、3倍を超える激戦入試は相変わらずで、ハイレベルの入試となりました。灘・甲陽学院・神戸女学院に続く、六甲や関西学院と並ぶ人気進学校になっています。雲雀丘学園は2年前のコース制導入以後受験者数は増加し、確実に入試レベルは上昇しています。
※次回は京都府の動向についてまとめます。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2010年03月10日 13:40 入試・学校情報 | 記事ページ

智辯学園和歌山中学校入試分析報告会を実施しました

2010年03月11日

-----

1302_100311a.jpg■前理事長の想いをこれからも
 今日の天気は昨日までとは打って変わって春らしくなりました。今日は智辯学園和歌山中学校高等学校進路部長の森田 公浩先生にお越しいただき、3月実施入試分析報告会の最後を飾っていただきました。
 冒頭、昨年の12月4日にご遷化された前理事長の藤田 照清先生の想いを新理事長である藤田 清司先生はじめ智辯学園の全教職員が一丸となって、これからも教育活動を行っていきますというお話がありました。
 私自身も藤田 照清先生のお話は何度か聴かせていただく機会がありましたが、毎回心を打たれる内容で、そのお話がもう聴けないとなるととても寂しく思いますが、先生の信念はこれからの智辯学園にも受け継がれていくはずです。
 その後、本年度の入試状況、第1志望率の高さ(本年度は前期・後期のW出願者が97%と昨年を大きく上回ったこと)と府内からの志望者の割合が増えていること、実際の入試問題を通じて、智辯学園和歌山をめざす生徒にはどのような力が必要とされるのかということ、それと智辯学園和歌山の教育内容について、詳しくご説明いただきました。
 質疑応答もご丁寧に対応していただき、参加された保護者の方々も十分なご理解をいただけたようです。
 次月は清風中学校の実施を予定しています(以後、数校ずつ実施していく予定で調整中です)。
 3月実施した4校の入試報告分析会ですが、平日にもかかわらず本当に多数の保護者の方にご参加いただき、ありがとうございました。
=文責:鳴神=

■3月・春期講習会入会(受講)生募集中
  2010年、第一ゼミパシードで「もっともっと自分を好きになる」
 第一ゼミパシードでは「成績向上への全力指導」+「もっともっと自分を好きになる」をテーマに最難関中学受験から地域の有名中学受験をめざすすべての中学受験生を応援していきます。
 入会をご希望の方は以下のいずれかの入会テストならびに説明会へご参加ください。
  3/13()14:00〜15:30
  3/14()10:30〜12:00
 お申し込み・お問い合わせは、第一ゼミパシード岸和田校まで直接お電話(072-430-1151)またはこちらからお願いします。

■春の『中学受験スタートテスト』(同時実施:保護者説明会)受付中
  中学入試のスタートは第一ゼミパシード岸和田校で!
 春は新しいことを始める時期。将来の夢の実現のために「中学受験を始めたい!」と思っている人も多いと思います。
 第一ゼミナールでは「成績向上への全力指導」+「もっともっと自分を好きになる自分づくり」の教育を通じて、一人ひとりの合格と夢の実現のために日々指導しています。
このテストは、みなさんの「スタート」を応援するためのものです。ぜひ、参加してください!
 ○実施日時 3/14()10:30〜12:00
       ※保護者説明会も同時に実施します。
 ○対象学年 新小3〜5生
 ○テスト範囲・お申し込み方法など
  →こちらからお願いします。

Posted by: 岸和田校 日時: 2010年03月11日 13:21 | 記事ページ

2010年度関西圏中学入試結果概況(4)

2010年03月13日

-----

■京都府
 同志社・立命館小学校からの内部進学が話題の中心となり、その周辺校も様々な入試制度改革を行いましたが、全体の受験率は前年より大きく低下する結果となりました。
<男子校>
 募集定員を増加した東山は、前期ではほぼ例年並の受験者を集めましたが、合格者数が増えたために競争率は1.2倍へと低下しています。後期は受験者数が減っている中で合格者数を増加させましたので、広き門になりました。洛星は3・4科選択入試を実施しましたが、その影響はありませんでした。
<女子校>
 京都女子はA日程・B日程とも受験者数が前年度を下回りました。京都の女子トップ校ですが、ここ数年は広き門の入試が続いています。同志社女子も昨年同様広き門となりました。尚、自己推薦入試は113名の申請中45名に受験資格が与えられ、全員が合格しています。ノートルダム女学院は前年度に人気が上昇しましたが、今年は2年前の水準に戻りました。平安女学院は2年前に立命館コースで人気が急上昇しましたが、今年はその熱も冷め、落ち着いた入試となりました。併願となる日程B・Cは受験者数も減少し、易しくなっています。
<共学校>
 大谷はコース制や3・4科選択入試の導入を行いましたが、全体的に受験者数が減少し、広き門となりました。開校4年目となる京都産業大学附属は定員を20名増加させましたが、逆に受験者数は大幅に減少し、競争率は低下しています。新設の京都橘はA日程で49名の受験者数となり、B・C日程とともにほぼ定員60名を充足させています。入試レベルは43程度になっているようです。同志社は大幅な定員減の影響で受験生が敬遠しましたが、レベル的には昨年並に落ち着きました。洛南高等学校附属は、受験者数はやや増加しましたが、入試レベルは変わらず特に女子は競争率も上昇し、関西圏でも屈指の難易度になっています。立命館も同志社同様小学校からの入学組の影響で、募集定員を大幅に減少させています。そのために多くの敬遠組が出、前期受験者数が前年の4割弱になっています。その結果、競争率・難易度ともに低下しています。その反面、立命館宇治はA日程・B日程ともに受験者数が増加しました。ただ、18日のB日程は合格者も増加させたために競争率は低下しています。龍谷大学付属平安ですが、今年は受験者数が減少しています。ただ、合格者数も絞っているために、入試レベルの変動はありませんでした。
※次回は奈良県・和歌山県・滋賀県の動向についてまとめます。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2010年03月13日 20:20 入試・学校情報 | 記事ページ

2010年度関西圏中学入試結果概況(5)

2010年03月16日

-----

■奈良県
 奈良県は関西地区2府4県で唯一初日の受験者数が増加した地域です。地元の受験生が大阪や京都の学校を受験せずに奈良の学校を選択していく傾向にあります。
 東大寺学園は開始3日目の18日に入試を行いますが、3・4科選択導入後併願受験生が増加し、合格者を多めに出しています。ただ、今年は前年よりやや絞り、結果的に競争率が上昇しています。西大和学園は3科日程の合格者を絞った結果、6.3倍という激戦入試となりました。入試難易度的には東大寺学園とほぼ変わらないレベルにまで高くなってきています。
 2年前に立命館コースで話題になった育英西ですが、昨年から一転、今年は多くの受験生を集めました。立命館への進学を目指す受験生にとっては大きな選択肢の一つになっているようです。
 聖心学園は昨春1期生が卒業し、その素晴らしい大学合格実績に注目が集まりましたが、入試には大きな影響がありませんでした。智辯学園は受験者数が大幅に減少した昨年からやや上昇しましたが、大きな変動はありませんでした。智辯学園奈良カレッジは2年連続の受験者数減となっています。ただ、入試難易度の変動はないようです。帝塚山は受験者数が昨年比、1次で男子が増加、女子が減少しています。2年前、近隣に奈良学園登美ヶ丘が新設された影響もなく、安定した人気を保っています。奈良育英は関西大学とのパイロット校となったことをきっかけに人気が高まってきていましたが、今年は大きく受験者数が減少しています。奈良学園は新校舎も完成し、前年から大幅に受験者数を伸ばしました。入試難易度も上昇しているようです。昨年より奈良学園登美ヶ丘と入試日程を完全にずらす形で奈良学園系列に受験しやすい日程になっています。その奈良学園登美ヶ丘の方は、前期での合格者が大幅に増えた結果、競争率は低下しています。2校とも東大寺学園や西大和学園の併願校という要素から、専願志向の学校に移り変わりつつあります。

■和歌山県
 和歌山では主要5校がすべて16日初日に入試を行い、ほぼ昨年と同数の受験生を集めました。
トップ校の智辯学園和歌山は昨年大幅に減った受験者数からやや増加しましたが、合格者数も多く出したため、難易度的な変動はありませんでした。ただ、19日の後期は厳しい入試となりました。近畿大学附属和歌山・開智・和歌山信愛女子短大・初芝橋本は例年並の落ち着いた入試となりました。他地域と比較し、後期入試での受験者数が増加する傾向にあります。併願受験が一般化してきているようです。

■滋賀県
 京都の立命館の影響で、立命館守山の志願者動向も注目されていましたが、大きな変動はありませんでした。逆に後期は受験者が44名と半減し、広き門となりました。近江兄弟社はA日程の受験者が減少し、昨年は実施しなかったC日程を行いました。比叡山は例年並、光泉は大きく受験者数が減っています。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2010年03月16日 10:32 入試・学校情報 | 記事ページ

受験スタートゼミを実施しました

2010年03月22日

-----

1302_100322.jpg■いくつかの校舎の生徒と切磋琢磨
 第一ゼミナール・第一ゼミパシードでは、昨日より春期講習会を開始しました。特に、昨日・今日は小5・6の受験生と中3生を対象にした『受験スタートゼミ』を、拠点校にて実施しています。
 この写真は第一ゼミパシード岸和田校で実施している『受験スタートゼミ』の授業風景です。ここにはパシード岸和田校と熊取校・尾崎校・和歌山本部校の小5・6生が集まって2日間授業そしてまとめテストを受験しました。
 普段は各校舎で勉強している仲間たちだけでなく、他校の生徒とともに勉強することにより、受験に向けてたくさんの生徒ががんばっているということがわかったと思います。だから、「もっともっとがんばろう」という思いを持ってもらえたはずです。
 第一ゼミナール・第一ゼミパシードの春期講習会は「もっともっと楽しくする春!」をテーマに、「もっともっと自分を好きになる」+「成績向上への全力指導」を行っていきます。
 お子様には、中学受験に向けた学習を通じて、自分の可能性を伸ばすために全力でがんばり、それを成績向上そして志望校合格につなげ、将来社会で活躍できる人となり、世の中のために貢献できる土台を築いていってもらいたいと思います。
=文責:鳴神=
■春期講習会入会(受講)生募集中
  2010年、第一ゼミパシードで「もっともっと自分を好きになる」
 第一ゼミパシードでは「成績向上への全力指導」+「もっともっと自分を好きになる」をテーマに最難関中学受験から地域の有名中学受験をめざすすべての中学受験生を応援していきます。
 小2・3生は3/26(金)、小4生は3/25(木)が春期講習会初回授業です。初回からの受講をご希望の方は、特別入会(受講)判定テストを実施しますので、第一ゼミパシード岸和田校まで直接お電話(072-430-1151)またはこちらからご連絡をお願いします。

Posted by: 岸和田校 日時: 2010年03月22日 17:14 | 記事ページ

2010年春期講習会スタート

2010年03月23日

-----

100323_1745~01.JPG
本日よりパシード守口校の先生ブログが始まります。
また、随時更新していきますので、御覧いただければ幸い
です。

 さて、3月21日(日)より、小学5・6年生の春期講習会が、他の学年より一足速く開始しました。(小学1〜小学4生は3月25日(木)が春期講習会初回授業です。)

小学5・6年生を対象に3月21(日)・22日(月)には、『受験スタートゼミ(パシード守口校・第一ゼミ寝屋川中央校・第一ゼミ香里園校との合同の集中ゼミ)』が寝屋川中央校にて実施されました。
入試の重要単元などが出題される2日目の「まとめテスト」に向けて、参加した生徒達は一生懸命頑張ってくれて、嬉しく思います!

そして、本日23日(火)には、『計算耐久特訓』をパシード守口校にて実施しました。
この写真はその『算数耐久特訓』の演習風景です。
中学受験の算数の基本である「計算」を速く正確に解くことを目的とした特訓であり、

13:00〜18:00という長時間で相当量の計算問題を解き、着実に中学受験に必要不可欠な「計算力」を伸ばしてくれたと信じています。

長時間の演習で集中力が途切れることも懸念されましたが、こちらが思っている以上の粘り強さを見せてくれて、プリント集を全てやり終えた生徒の「達成したぞ!」という充実感のある笑顔を見ることができました!
春期講習会のスタートとして相応しい集中ゼミと特訓講座となりました。

この春もパシード守口校では頑張る生徒達が「もっともっと自分を好きになる」ように全力で応援させていただきます!


■春期講習会入会(受講)生募集中
 小学1〜小学4生は3月25日(木)が春期講習会初回授業です。初回からの受講をご希望の方は、特別入会(受講)判定テストを実施しますので、第一ゼミパシード守口校まで直接お電話(06-4250-6080)またはこちらからご連絡をお願いします。


Posted by: 守口校 日時: 2010年03月23日 20:06 | 記事ページ

もっともっと楽しくする春!

2010年03月26日

-----

1302_100326.jpg■春期講習会スタート
 3/21(日)・22(月)に『受験スタートゼミ』を実施し、昨日3/25(木)より実質的な『春期講習会』がスタートされました。
 今年の生徒たちは、例年以上に前向きに取り組んでくれているように思えます。先般発刊された当塾会長堀川 一晃著の『プラスサイクル思考法』もたくさんの方にお読みいただいており、『「もっともっと自分を好きになる」連続的なプラスサイクル』が校舎内外に拡がっているようです。
 我々教員もそのプラスサイクルの第1段階である『自分も周りの人も「長所」側からみる』ことをつねに心がけ、日々の指導にあたっています。
 お子様には無限の可能性があり、それを引き出すのが我々の職責だと考えております。この春も1人1人の生徒と向き合って、1人1人の生徒の幸福を願って、1人1人の生徒を「育む」、「1/1の教育」の実践を行っていきます。
=文責:鳴神=
■春期講習会入会(受講)生募集中
  2010年、第一ゼミパシードで「もっともっと自分を好きになる」
 第一ゼミパシードでは「成績向上への全力指導」+「もっともっと自分を好きになる」をテーマに最難関中学受験から地域の有名中学受験をめざすすべての中学受験生を応援していきます。
 春期講習会はすでに開始されていますが、「少しでも受講をしたい」という方のために、特別入会(受講)判定テストを実施しております。
 ご希望の方は、第一ゼミパシード岸和田校まで直接お電話(072-430-1151)またはこちらからご連絡をお願いします。
■第1回公開実力判定・合格判定テスト受験生募集中
  第一ゼミの公開テストで「いま」と「これから」を明確に!
 第一ゼミパシード岸和田校では4/11()に第1回公開実力判定・合格判定テストを実施します。
 このテストは春休みまでの学習内容の定着度合いを客観的に確認し、今後の学習課題を明確にするためのものです。また、小5・6生は現時点での志望校合格可能性を判定し、志望校への距離を確認することもできます。
 第一ゼミの公開テストを、お子様のこれからの学習にお役立てください。
●実施日→4/11(
●時間割[試験科目]
 新小1→10:30-12:00[算国]
 新小2→10:30-12:00[算国]
 新小3→10:30-12:20[算国]
 新小4(受験用)→10:30-13:10[算国(理社)]
 新小5(受験用)→13:30-17:00[算国(理社)]
 新小6(受験用)→13:30-17:20[算国(理社)]
 ※新小4〜6生で2教科型・3教科型をご希望の方は終了時刻が早くなります(塾生の方はあらかじめ受験科目は決まっております)。
 ※ご都合の悪い場合はお申し出ください。別途日程をご相談させていただきます。
●テストについての詳細とお申し込み・お問い合わせは、こちらをご覧ください。
■入試分析報告会
 3月に実施した西大和学園中学校、清風南海中学校、開智中学校、智辯学園和歌山中学校に引き続き、4月は清風中学校の平岡 宏一副校長先生をお招きして実施いたします。
 第5回 清風中学校→4/19(月)10:30〜12:00
 お申し込みは第一ゼミパシード岸和田校まで直接お電話(072-430-1151)またはこちらからお願いします。

Posted by: 岸和田校 日時: 2010年03月26日 10:53 | 記事ページ

これからが大切

2010年03月29日

-----

1302_100329.jpg■6年後、さらに羽ばたけるように
 今日は、第一ゼミパシード泉北校(現第一ゼミパシード光明池本部校)時代の生徒が大学合格の報告に来てくれました。かなりの割合で国公立や難関私立大学に進学してくれていることがとてもうれしいです。
 しかもただ難関と言われる大学に進学をするのではなく、「〜をしたいから」という確固たる目標を持ってくれているのが何よりもうれしいです。
 第一ゼミナールの教育指針は「目標は志望校合格!目的は社会で活躍できる人づくり!」です。目標を達成するだけでなく、目的を果たせるよう、これからもがんばってもらいたいと思います。
 また、彼(彼女)らの中から昨年は京大医学部医学科に2名、今年は東大理Vに1名進学しました。これは第一ゼミパシードでは「勉強の仕方」の指導にこだわりますが、それを身につければ、どのような中高一貫校でも上位成績を収めることができることをことを彼(彼女)らが証明してくれました(もちろん一人一人の日々の努力の積み重ねであることは言うまでもありません)。
 この写真は、第一ゼミパシード岸和田校の第11期生の卒業祝賀会での記念写真です。もうすぐ4月。それぞれの進学先で新しいスタートを切るわけですが、勉強にクラブにその他いろいろなことに積極的に取り組んで行く中で、「なりたい自己像」を明確にし、6年後先輩たちのように大学進学をはたしてほしいと思います。
=文責:鳴神=
■春期講習会入会(受講)生募集中
  2010年、第一ゼミパシードで「もっともっと自分を好きになる」
 第一ゼミパシードでは「成績向上への全力指導」+「もっともっと自分を好きになる」をテーマに最難関中学受験から地域の有名中学受験をめざすすべての中学受験生を応援していきます。
 春期講習会はすでに開始されていますが、「少しでも受講をしたい」という方のために、特別入会(受講)判定テストを実施しております。
 ご希望の方は、第一ゼミパシード岸和田校まで直接お電話(072-430-1151)またはこちらからご連絡をお願いします。
■第1回公開実力判定・合格判定テスト受験生募集中
  第一ゼミの公開テストで「いま」と「これから」を明確に!
 第一ゼミパシード岸和田校では4/11()に第1回公開実力判定・合格判定テストを実施します。
 このテストは春休みまでの学習内容の定着度合いを客観的に確認し、今後の学習課題を明確にするためのものです。また、小5・6生は現時点での志望校合格可能性を判定し、志望校への距離を確認することもできます。
 第一ゼミの公開テストを、お子様のこれからの学習にお役立てください。
●実施日→4/11(
●時間割[試験科目]
 新小1→10:30-12:00[算国]
 新小2→10:30-12:00[算国]
 新小3→10:30-12:20[算国]
 新小4(受験用)→10:30-13:10[算国(理社)]
 新小5(受験用)→13:30-17:00[算国(理社)]
 新小6(受験用)→13:30-17:20[算国(理社)]
 ※新小4〜6生で2教科型・3教科型をご希望の方は終了時刻が早くなります(塾生の方はあらかじめ受験科目は決まっております)。
 ※ご都合の悪い場合はお申し出ください。別途日程をご相談させていただきます。
●テストについての詳細とお申し込み・お問い合わせは、こちらをご覧ください。
■入試分析報告会
 3月に実施した西大和学園中学校、清風南海中学校、開智中学校、智辯学園和歌山中学校に引き続き、4月は清風中学校の平岡 宏一副校長先生をお招きして実施いたします。
 第5回 清風中学校→4/19(月)10:30〜12:00
 お申し込みは第一ゼミパシード岸和田校まで直接お電話(072-430-1151)またはこちらからお願いします。

Posted by: 岸和田校 日時: 2010年03月29日 14:58 | 記事ページ


ページの先頭へ