中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 低学年からの学習習慣

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

低学年からの学習習慣

2009年07月11日

-----

 受験勉強はいつからするのがいいのか?よく聞かれる質問です。私の答えはいつも同じで、中学受験については「早ければ早いほどいい」です。
 誤解のないように申し上げると、小学1年生から難しい問題に取り組むとかということではなく、早い学年から学習習慣をつける必要があるということなのです。
 現在の公立小学校では、漢字を覚えたり、計算ドリルを練習したりという時間が親の世代と比べても、かなり少なくなっています。漢字練習や計算テストなどは、ひとつのことにじっくり取り組む習慣や、ひとつのことに集中できる力、また同じことを繰り返し覚えるという忍耐力を養うために必要なことなのです。この練習が少ない子供は、小学3年生、小学4年生あたりから計算力や語彙力に差が生じ始め、小学5年生・小学6年生になるころには学習の土台において決定的な差となって現れます。
 そういう意味で、小学1年生から毎日漢字や計算に取り組む環境を作ることが大切なのです。だからこそ、その状況が整っている環境にお子様をおくべきだと私は思います。

■パシード天王寺校のホームページ■
パシード天王寺校の詳しい内容はこちらをクリック!

■夏期講習会受講説明会&受講テスト■
日時:18日()11時00分〜
   :19日()10時30分〜

■2010年度新入会スターティングテスト■
【第1回】10日()10時30分〜
●対象:新小学3年生(現小学2年生)〜新小学5年生(現小学4年生)
●科目:国語・算数
【第2回】1012日()10時30分〜
●対象:新小学3年生(現小学2年生)〜新小学5年生(現小学4年生)
●科目:国語・算数
※新小学1年生・新小学2年生の募集も同時に行います。
 お申し込み・お問い合わせはこちらよりお願いします。
お気軽にご相談ください。

Posted by 天王寺校 | 日時: 2009年07月11日 08:58


ページの先頭へ