中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 私立中学に進学することの意味

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

私立中学に進学することの意味

2009年03月14日

-----

 前回のブログで触れなかった点について書きたいと思います。
 私が思う一番の点は、私立中学で学んだほうが生徒の個性を伸ばせるという点です。例えば、数学オリンピックに出場し、メダルを取ってくるような生徒はみな難関私立中学の生徒です。また気象予報士に最年少で合格しているのも、灘や開成などの生徒です。そんな中学に合格できるのだから優秀であることは間違いありませんが、それ以上に、彼らは、カリキュラムに縛られずに、得意な分野や好きな分野についてどんどん学ぶことができる環境にあるから数学オリンピックに出たり、気象予報士に合格できたりするのです。
 公立中学だと内申書があるために、まず内申点を上げることに集中しがちになり、学年を超えたような進んだ学習に踏み込みにくいように思います。
 公立にも当然メリットもおおいにあると思いますが、個性を伸ばすという点では私立のほうがいいと私は思います。

■パシード天王寺校のホームページ
パシード天王寺校の詳しい内容はこちらをクリック!

■小5計算大会(分数計算徹底練習)■
日時 : 20日(祝・金)9時00分〜12時30分
対象 : 新小学5年生
内容 : 分数計算の練習と解説

■新年度募集説明会&テスト■
日時 : 15日()10時30分〜12時00分
日時 : 20日()10時30分〜12時00分
対象学年 : 新小1(現年長)〜新小6(現小5)
受験科目 : 国語・算数


 お申し込み・お問い合わせはこちらよりお願いします。
お気軽にご相談ください。

Posted by 天王寺校 | 日時: 2009年03月14日 11:42


ページの先頭へ