中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 2009年度私立中学入試総括(1) 全体傾向

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

2009年度私立中学入試総括(1) 全体傾向

2009年03月15日

-----

■もはや定番となった「近畿圏統一日程」
 06年度以降、近畿2府4県で解禁日を合わせる統一日程が続いています。09年度で4年目となり、もはや近畿圏の中学入試における定番となった感があります。
 近畿2府4県の12歳人口が前年比でプラス2.44%と増加(平成20年度学校基本調査より算出)しましたが、2府4県におけるのべ私立受験者数は前年比でプラス0.74%と横ばいでした。08年度よりもさらに1人当たりの受験校数が減少傾向にあることを考えると、実質的には昨年度並みだったと言えるでしょう。
 ただ、すべての地域、学校が一様に横ばいの受験者数だったわけではありません。もちろん増えている地域や学校もあります。受験生動向につながったいくつかの要因を見てみましょう。

■私学助成金カットが原因か――大阪府減少と兵庫県好調
 09年度の中学入試では、兵庫県内の学校と大阪府内の学校とで大きく明暗が分かれました。
 兵庫県内では、全体の合計で、のべ志願者が3.52%増加、のべ受験者が4.60%増加。入試初日のみの志願者が10.49%増加、入試初日のみの受験者が10.35%増加しました。入試初日(1月17日あるいは18日)のみで見ると、およそ1割増の大幅な志願者・受験者の増加が見られました。特に、女子校の人気が目立ちました。
 それに対して、大阪府内では、全体の合計で見ると、のべ志願者が2.31%減少、のべ受験者が1.87%減少。入試初日のみの志願者が0.38%減少、入試初日のみの受験者が0.83%増加しています。入試初日のみで見るとほぼ横ばいですが、志願者および受験者の減少数がそのまま兵庫県の志願者および受験者に加わったと考えると、辻褄の合う人数であることも事実です。大阪府の私学助成金の削減と考え合わせると、大阪府の減少分の全員とは言わないまでも、その中から一定の割合が兵庫県内の学校に流れたと見て大きく間違いはないと思われます。

■名門校や伝統校への回帰
 09年度入試のもう一つの大きな特徴としては、名門校や伝統校の復権が挙げられます。
 近年、中学入試への関心の高まりとともに、もともと知名度が高く難関でもある名門校や伝統校に加え、急速に実績を伸ばしている新興の学校が大きく注目されていました。09年度入試では多くの名門校や伝統校で、志願者・受験者の増加が見られました。
 急激な社会や経済の変動が起きるときには、定評のあるものを見直すという心理が働くのかもしれません。もちろん、新興の進学校人気が衰えたというわけではありませんが、一つの傾向として留意してください。
 志願者・受験者が大きく増加した名門校・伝統校としては、大阪星光学院(志願者556名→593名、受験者525名→571名、前年比109%)、明星(志願者1,123名→1,256名、受験者936名→1,071名、前年比114%)、四天王寺(志願者532名→620名、受験者517名→610名、前年比118%)、立命館(志願者883名→1,043名、受験者835名→1,001名、前年比120%)、親和(志願者628名→874名、受験者371名→490名、受験者前年比132%)、帝塚山(志願者2,177名→2,509名、受験者2,030名→2,344名、前年比115%)、奈良学園(志願者1,095名→1,090名、受験者680名→810名、前年比119%)、などが挙げられます。

■人気私立大学との連携
 09年度入試のニュースを独占したのは関東の私大の雄・早稲田大学と摂陵との係属校提携でした。関西勢では、立命館大学と初芝学園、近畿大学と賢明学院のそれぞれの連携により新たなコースが設置されました。また、コース新設など募集には変更がありませんでしたが、関西大学と金蘭会・羽衣学園が高大接続パイロット校の協定を締結しました。
 早稲田大学の系属校となった、早稲田摂陵中学校・高等学校では、90名から増やした募集人員140名に対して185名が志願、170名が受験しました。受験者数は前年比127%でした。
 初芝学園では、初芝堺が初芝立命館へと校名変更。定員80名の立命館コースの募集を開始しました。初芝橋本では定員40名の立命館コースが新設されました。
 初芝立命館では、80名の立命館コースと40名のグローバルコースが募集され、277名が志願、230名が受験しました。受験者前年比は219%と2倍以上の大幅な増加です。
 初芝橋本では、大幅な志願者増や受験者増につながりませんでした。
 近畿大学との間で、21世紀教育連携パートナーシップ協定を締結し、定員30名の「近大医薬系進学コース」を新設した賢明学院でも、大幅な志願者増や受験者増は見られませんでした。

Posted by 第一ゼミ中学受験統括室 | 日時: 2009年03月15日 10:09


ページの先頭へ