中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 過年度問題演習

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

過年度問題演習

2008年09月26日

-----

 もうすぐ10月、入試まであと100数日となりました。第一ゼミでは受験中学の過年度問題演習を重視していますが、どのように取り組んでいるでしょうか?
 演習の目的はいうまでもなく「志望校合格!」です。しかし取り組み方によって効果のあらわれかたも違ってくるのでお伝えしたいと思います。
 @受験校の傾向に自分の頭を合わせる
  →過年度問題を研究することで問題の考え方や癖を知り、傾向にあった学力を身につける
 A取るべき問題・捨てる問題を見極める
  →入試では満点を取る必要はありません。合格に必要な点を取ることが必要です。そのためには問題を捨てることも出てきます。「捨てる」には勇気がいりますが、捨て問を見極める力も合格には欠かせません
 B体力をつける
  →入試では3科・4科を集中して連続で解くことになります。その間集中力を持続できる生徒が合格できる生徒でもあります。「頭の体力」と私は言っているのですが、普段から練習をしておかないといざ入試のときに力を発揮できません。また入試では多くの単元を解かねばなりません。頭の切り替えも「頭の体力」の必要なところです。

 以上のことを意識して過年度問題に取り組んでもらいたいと思っています。

■2009年度新年度募集説明会・受講(スターティング)テスト
日時:10月12日() 午前10時30分〜12時00
対象:現小学2年生(新小学3年生)〜現小学4年生(新小学5年生)
内容:@西大和学園中学校高等学校長 今村 浩章先生による教育講演
A新年度受講説明
 お申し込み・お問い合わせはこちらよりお願いします。
お気軽にご相談ください。

Posted by 天王寺校 | 日時: 2008年09月26日 16:14


ページの先頭へ