中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > ポイントを押さえて

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

ポイントを押さえて

2008年09月07日

-----

■すべきことをきちんと!
 2学期が始まりました。今日は岸和田祭りの試験曳きです。この時期は運動会などの学校行事や祭礼などの地域行事が目白押しで、みなさん自身が「けじめ」をどれだけつけられるかが試される時期であります。
 受験生のみなさんは本日は五ツ木・駸々堂テストですね。また入試まであと132日でもあります。
 この132日間をどう過ごすかが大切です。
 「132日もある」・「132日しかない」という「捉え方」については、どちらの場合も有効だと思います。あまり「132日しかない」と考えすぎて空回りするのが最も良くないのですが、適度な緊張感を維持するためにはそのような発想も大切です。
 なぜなら、これからは「この問題(内容)を勉強するのは、今日(このとき)が最後かもしれない」という気持ちで学習していってほしいからです。どうしてもいままでは「家に帰ってもう一度リトライすればいいや・・・・・・」など、「もう一度」というのがプラスよりもマイナスに働いていることが多かったと思います(その分真剣さに欠けるからです)。これが「最後」と思えば、後悔のないよういままで以上に真剣にその問題に取り組むことができるはずです。追い込み時期に成績がグングン伸びる一つの理由としてその真剣さが挙げられると、私はいつも感じています。
 また、暗記科目(項目)を軽視しないことです。入試合格のためには得点力が必要です。能力はあっても得点ができなければ入試に合格はできません。だから、覚えて得点に繋がるものは、何が何でも覚えていかなければならないのです。ここに時間の差はあっても能力の差はありません。覚えているうちに覚え方のコツもだんだん身についていくものです。パシードでも知識事項のチェックはこれからはもっとたくさんしていくことになります。つねに満点が取れるようしっかり努力をしてください。
 小5生以下のみなさんは、こういう忙しい時期だからこそ、授業を真剣に聴き、必ずリトライ(復習)を徹底するようにしてください。宿題を完璧に仕上げることができないときもあるかもしれませんが、授業のリトライをきちんとしていれば、その遅れは十分に取り返すことは可能です。
 みなさんにとって、充実した2学期になるよう、ともにがんばりましょう!
=文責:鳴神=
■2学期から中学受験の勉強をお考えの方へ
 受講説明会・テストは個別に実施しております。お申し込み・お問い合わせはこちら

Posted by 岸和田校 | 日時: 2008年09月07日 11:15


ページの先頭へ