中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 2008年03月

パシードブログ

  •  
  •  

« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

誓い

2008年03月01日

-----

■実質的な新年度を迎えて
 本日より、新小2生・新小3生は新学年の授業が始まりました。また、新小4生〜新小6生はオプション講座の授業が始まり、完全な新時間割での1週間がスタートしました。
 担当教員もさらにパワーアップし、いままで以上にみなさんの成績向上・志望校合格にこだわっていきます。
 一人ひとりの成長を願うからこそ、一人ひとりの生徒と真剣に向き合い、一人ひとりの生徒の幸福を願って、一人ひとりの生徒を「育む」……。第一ゼミナールの「生徒第一・1/1」の理念を全うするため、我々は全力でお子様の指導にあたっていきます。
 昨年度以上に、お子様と保護者の皆様と合格の喜びはもちろん、いろいろな場面でともに感動したいと我々は願っています。
 どうか、今年度もよろしくお願い申し上げます。
                                     校長 鳴神 健

Posted by: 岸和田校 日時: 2008年03月01日 23:09 | 記事ページ

目標を明確に

2008年03月04日

-----

■「できる」から合格ではなく、「伸びた」から合格
 今年の第一ゼミパシード岸和田校で、西大和学園中学校に合格した7名(うち6名進学)の小5生のときの合否判定テスト平均偏差値は62、それから受験校決定の際に参考データとして活用する五ツ木・駸々堂テストの平均偏差値は69と7ポイントアップしています。
 これは、「西大和学園中学校に行きたい」という明確な目標設定ができ、それに向けて生徒・保護者・教員が三位一体となってその達成に全力で取り組んだ結果だと思います。
 本校としても、このようなよい結果だけでなく課題を残した部分もありましたが、生徒たちが一所懸命がんばって成績を伸ばし、合格を勝ち取ったことは事実です。
 その合格をもっともっと勝ち取れるように、授業内容はもちろん、様々なフォロー体制を深化させ、『志望校合格への全力指導+現在(いま)も未来も「意欲」がわいてくる教育』』の実践に尽力していきます。
=文責:鳴神=
■春期講習会受講生募集中!
 新年度が全学年開始されましたが、「中学受験準備をはじめさせたい(させてみたい)」とお考えのお子様をお持ちを保護者の皆様、春期講習会に一度お子様を我々に指導させてください。
 中学受験に向けた勉強への取り組み方はもちろんのこと、春期講習会での学習内容は2月(3月)から開始された新年度の学習内容の重要事項を中心に行いますので、進度の遅れも気にする必要はありません。
 詳しくは受講説明会でお話いたします。
 なお、受講説明会・学力診断検査の日程は以下の通りとなっております。
  ○3月8日(土)10:30〜12:00
  ○3月9日(日)10:30〜12:00

 お申し込み・お問い合わせは右上の『お問い合わせ・資料請求』ボタンよりお願いします。
 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

Posted by: 岸和田校 日時: 2008年03月04日 22:22 | 記事ページ

1週間

2008年03月07日

-----

 パシード天王寺校に異動してきました狩野と申します。2月まで第一ゼミナール大東校で授業をしていましたが、この3月からパシード天王寺校で中学受験を専門に指導することとなりました。
 思えば約20年前、河内長野校で中学受験を指導してから長い間受験指導してまいりました。その間、多くの生徒の受験を担当させてもらいました。どうすれば中学に合格できるのか、どのように学習すれば成績は向上するのか、多くのことを経験することができました。
 パシード天王寺校に来てまだ1週間ですが、生徒たちには勉強のやり方を伝授しつつあります。今後はその方法を身につけてもらい、継続してもらうことできっと生徒たち、また保護者の方々にも満足していただけるものと思っています。
 今後ともよろしくお願いいたします。

春期講習会受講説明会
3月15日(土) 午前11時00分〜12時30分
3月16日(日) 午前10時30分〜12時00分

Posted by: 天王寺校 日時: 2008年03月07日 23:07 | 記事ページ

2008私立中学入試総括(1) 全体傾向

2008年03月09日

-----

 2008年度の近畿圏私立中学入試も主な学校ではほぼ合格者が確定し、全体的な姿が明らかになってきました。
 今回の入試は、06年度から引き続く、近畿圏統一日程3年目の入試となりました。統一日程も3年目ということで全体的には落ち着いた結果でしたが、その中でも受験生を大幅に増やした学校もあり、そこから今春の受験生動向が見えてきます。
 現時点では全ての入試結果が出揃っているわけではありませんが、判明している結果をもとに今年度中学入試の特徴と傾向を見てみましょう。なお本文は、2月20日現在の学校アンケート結果をもとに作成した情報です。


■3年目となる「近畿圏統一日程」
 06年度、07年度に引き続き、今春も近畿2府4県で日程を合わせる入試となりました。3年目となる近畿圏の統一日程で、全体的には落ち着いた結果だったと言えるでしょう。近畿2府4県の12歳人口が前年比でマイナス3.25%と減少するのに併せて、2府4県におけるのべ私立受験者数も前年比でマイナス4.71%となりました。日程的な問題で一人当たりの受験校数も減少傾向にあることを考えると、ほぼ横ばいの受験率だったと思われます。
 ただ、すべての地域、学校が12歳人口に合わせて一律に受験者を減らしたわけではありません。逆に増えている地域や学校もあります。受験生動向につながったいくつかの要因を見てみましょう。

■人気私立大学との連携
 07年度の関学大との連携では、連携校となった三田学園帝塚山学院清教学園の3校いずれもが大幅に志願者・受験者を増加させました。08年度は、立命館大学との教育協定を結んだ、平安女学院育英西の結果が注目されていました。2校はともに大幅な志願者・受験者の増加となり、人気私立大学との連携による強さを改めて提示しました。
 関学大との連携2年目を迎える帝塚山学院では、08年度入試でも「関学コース」の人気が高く、1次入試(82→111)、2次入試(40→62)とも受験生を増やしました。1次「関学コース」は前年を上回る2.3倍、さらに2次「関学コース」では5.2倍もの高い実質倍率となりました。
 平安女学院では、「立命館コース」を設置、定員は2クラス60名。卒業後には立命館大学と立命館アジア太平洋大学への推薦が受けられます。従来のコースは「アグネス総合コース」となります。全日程合計で、志願者で07年度の160名から08年度は285名に、受験者で07年度の114名から08年度は212名へと増加。受験者数で前年比186%という大幅な増加となりました。特にA1日程の「立命館コース」は1月19日の統一日実施にもかかわらず3.2倍の実質倍率でした。
 育英西でも、2クラス60名定員となる「立命館コース」を新設。従来のコースは「育英西コース」となります。全日程合計で、受験者が07年度の152名から08年度は229名へと、前年比151%の大幅な増加。実質倍率では、1月19日の統一日に実施されたA日程「立命館コース」で1.3倍、1月20日のB日程「立命館コース」でも1.9倍となりました。
 龍谷大学の附属校となった平安にも多くの受験生が集まりました。全日程合計で、受験者が07年度の526名から08年度は695名へと、前年比132%の増加でした。

■女子校の状況、大阪と兵庫
 07年度入試では、近畿圏全域で共学志向が強くなる中、女子校への回帰が見られ、兵庫県内の女子校15校中14校が、大阪府内の女子校18校中13校が受験者を増加させました。
 この反動からか、08年度入試では、大阪府内の女子校は全般的に受験者が減少しましたが、兵庫県内の女子校人気は依然続いていて、結果が判明している13校中の7校で受験生の増加が見られました。
 兵庫県内の女子校全体(結果判明の13校)で見ても、志願者で07年度の3,722名から08年度は3,977名に、受験者で07年度の2,454名から08年度は2,617名に、いずれも7%近い増加率です。ただ、統一初日1月19日の受験者数だけで見ると前年比マイナス4.19%で、実受験者数は人口減よりもやや減っているようです。

■好調な兵庫の共学校
 08年度入試では、近畿圏で全体的に受験者数が減少する中、もっとも好調だったのは、兵庫県内の共学校です。多くの学校で受験者の増加が見られました。
 「一貫選抜コース」と「発展コース」の2つの新コースを導入して、前年比177%もの受験者を集めた雲雀丘学園を除けば、各校ともコースや日程といった受験生動向を左右する要因が見当たらない中で、結果が判明している9校中、7校で受験者が増加。一校一校では際立った増加が見られないものの、それぞれ少しずつ人気を集めた結果が表れたものだと考えられます。
 全受験者数では、前年比プラス14.26%、統一初日の1月19日のみを見てもプラス6.27%と、12歳人口が減少する中で逆に受験者数を増やしています。これまで男子校・女子校の人気が強かった兵庫県にも、共学人気の波が押し寄せているのかもしれません。


 次回は、今年度入試における「注目の学校」を取り上げたいと思います。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2008年03月09日 12:27 | 記事ページ

春期講習会に向けて

2008年03月12日

-----

■保護者会参加の御礼
 3月9日(日)・11日(火)で計3回実施した保護者会、お忙しい中多数の保護者の皆様にご参加いただき、本当にありがとうございました。
 そのときにいただいたアンケートも拝読いたしました。非常にありがたいお言葉も多数頂戴し、我々教職員一同、心より感謝しております。
 新年度に入り、いまは助走段階の指導ではありますが、春期講習会でお子様に学習ペースをある程度掴んでいただき、4月からは名実ともに新学年としての指導を加速させていく所存です。
 これからも何卒よろしくお願い申し上げます。
 なお、新年度本校で担当する教員については、このブログ等でも順次ご案内していきたいと考えておりますので、お楽しみに。
■春期講習会の目的
 春期講習会では、新学年指導が開始されてからの内容を復習し、より高いレベルで定着を促すとともに、学年・クラスレベルに応じて、一段高い実力アップにつながていくためのものです。
 一人ひとりが「この春期講習会で○○ができるようになる!」と目的をはっきりさせた上で、参加して欲しいと思います。
 計画表の作成も含めて、春期講習期間中、お子様がより積極的にがんばれるよう、我々も応援して行きます。
 なお、現在春期講習会受講生を募集しております。次回の説明会・テスト日程は以下の通りとなっております。
   ○3月15日(土)10:30〜12:00
   ○3月16日(日)10:30〜12:00
   ○3月20日(祝・木)10:30〜12:00

 試験科目は算数・国語です。お申し込み・お問い合わせが右上の『お申し込み・資料請求』ボタンよりお願いします。
 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
=文責:鳴神=

Posted by: 岸和田校 日時: 2008年03月12日 16:09 | 記事ページ

『すべてはリトライに始まりリトライで終わる!』

2008年03月12日

-----

 3月22日(土)より、2008年度の春期講習会が始まります。
一人一人、新学年での初めての講習会になります。新小6生は、『受験学年』として、新小5生は、『最重要学年』として、新小4・3生は、パシードでの初めての講習会になりますが、どの学年にも共通して言えることは『リトライ』の徹底です。この講習会は、全学年『リトライを中心』とした学習を心がけてください。『すべてはリトライに始まり、リトライで終わる』と言う事を忘れないで下さい。

■ 本気で中学受験をお考えになられている方、急いでください!1つのことに必死に取り組む仲間とそれに負けない指導者のいる本校の春期講習会の最終募集になります。

 ○3月16日(日)10:30〜12:00 
 ○3月20日(祝)10:30〜12:00 

■ 第1回 保護者会のお知らせ
 ○3月20日(祝)に保護者会(10:00〜12:00)を実施いたします。各学年の年間の指導方針・入試分析を交えた各教科報告など、内容は盛りだくさんです。何かとお忙しいとは思いますが、ご参加をよろしくお願いいたします。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2008年03月12日 21:39 | 記事ページ

第1回 保護者会(3月20日)開催のお知らせ

2008年03月13日

-----

 来る3月20日(木・祝)に、パシード河内長野校 本年度第1回目の保護者会を開催いたします。
 当日は、本校の今年度の指導方針についてのご説明をさせていただくほか、清教学園中学校、初芝富田林中学校の先生にもお越しいただき、教育講演を行います。
 すでにお申し込みをいただいた方には今日、明日中に保護者会参加証を配布、郵送させていただきます。なお、お申し込みをされていない方でも、当日ご都合が付くようであればご参加いただけますので、お誘い合わせの上お越しいただければと思います(塾生以外の方もご参加いただけます)。
 どうぞよろしくお願いいたします。

■開催日時 平成20年3月20日(木・祝)
         午前10時 〜 11時50分 (開場は9時40分)
■開催会場 河内長野駅前のノバティホール(ノバティ南館)にて
         ※お車でお越しの際は、ノバティの駐車場(有料)をご利用願います。

Posted by: 河内長野校 日時: 2008年03月13日 21:35 | 記事ページ

2008私立中学入試総括(2) 注目の学校の結果

2008年03月16日

-----

 前回に引き続き、今年度の私立中学入試を振り返ります。第2回は、「注目の学校の結果」についてです。


■2008年度新設校の結果は
 今春、近畿圏で新たに開校する中学校では、いずれも予想を上回る人気を見せ、多くの受験生が集まりました。
 桃山学院は、A方式を統一日の1月19日、B方式を1月21日、C方式を1月22日に実施。中学校の開校に併せて新校舎も竣工し話題を集めました。結果は募集人数120名のところに志願者417名、受験者353名が集まりました。統一日程に実施されたA方式「6年選抜コース」は特に狭き門となり、実質倍率で3.3倍となりました。全日程の内では、C方式「6年選抜コース」の4.4倍がもっとも高い実質倍率でした。
 奈良学園登美ヶ丘は、前期A日程を1月20日、前期B日程を1月21日、後期を1月25日に実施。大阪からも通学しやすい立地に人気の奈良学園の系列校ができるということで注目を集めていました。結果は募集人数120名のところに志願者878名、受験者698名が集まりました。前期A日程がもっとも狭き門となり、実質倍率で2.8倍となりました。
 なお、大阪市が初めて開設する中高一貫校となる大阪市立咲くやこの花中学校では、大阪市内全域から生徒を募集し、統一日を外した1月26日・27日に、面接・作文・適性検査の入学者選抜検査を実施しました。募集人数80名のところに、志願者1,191名が集まり、極めて厳しい選抜検査となったようです。

■1期生効果で大幅増の開明
 07年春に共学1期生の進学実績が出た開明では、その実績(京都大17、大阪大14、神戸大31)が評価されたためか、全日程合計で前年比166%の受験生が集まりました。
 統一日実施の1次前期入試で実質倍率が3.5倍となり、1月20日の1次後期では、志願者数が1,018名と1,000名を超えるなど、受験する側の期待の高さがそのまま数字に表れる結果となりました。

■自己推薦に人気が集まった同志社女子
 「LA(リベラル・アーツ)コース」で自己推薦入試を導入した同志社女子に人気が集まりました。自己推薦入試には定員40名に対して、205名もの受験希望者が集まりました。全コースを合わせた志願者も07年度の425名から08年度は578名へと大幅に増加し、前年比で136%となりました。また、自己推薦の定員40名分が狭き門となったLAコースの一般入試も、さらに難関となり、実質倍率が2.0倍となっています。

■Sアドバンストコースが人気を集めた甲南女子
 「Sアドバンストコース(Sアドコース)」を新設し、コース別募集で臨んだ08年度の甲南女子は、大幅に志願者・受験者を増やしました。特に、統一日実施のA入試1次「Sアドコース」は6.1倍もの高い実質倍率で、結果が判明している近畿圏の全女子校中、もっとも高い競争率となりました。B入試「Sアドコース」も5.3倍とA入試1次に比肩する難関でした。
 全日程合計では、志願者が07年度の430名から08年度は814名に、受験者が07年度の284名から08年度は600名に、それぞれ大幅な増加で、受験者は前年比211%と07年度の2倍を超える人気を集めました。


 次回は、府県ごとのポイントをまとめたいと思います。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2008年03月16日 18:51 | 記事ページ

足場を固めて

2008年03月18日

-----

■春休みにそれぞれの足場を固めよう
 いよいよ春期講習会が近づいてきました。新年度から授業を受けているみなさんは「復習」、春期講習会から授業を受けるみなさんは「4月からの通常授業に合流するための学習」となります。
 西大和学園中学校や清風南海中学校そして智辯学園和歌山中学校などの難関中学校を受験するのに必要なチカラは、「当たり前の問題を解きこなすチカラ」+「当たり前のことが複数組み合わされた内容を紐解いて解くチカラ」の2つのチカラが必要です。
 前者は日々の努力の積み重ねで何とかなるものですが、後者はしっかりと授業でその考え方のプロセスをしっかりと理解し、その流れを何度も自分で確認していくことで、自ら解くことができるようになっていくことが可能になります。
 もちろん、後者のチカラを身につけるためには、普段から「なぜそうなるんだろう?」って考えるクセはつけておいてもらいたいものです。
 いくら授業がメインと言っても、そういった「素朴な疑問」を感じることができなければ、授業を聴いてもピンとこないですからね。
 この春、それぞれのチカラをグンと伸ばして欲しいものです。
 一人ひとりの夢を実現させるために、先生たちも一所懸命みなさんとがんばりたいと思います。
 最後に、知識事項は単なる丸暗記では身につきませんよ。きちんと意味を自分なりに整理して覚えましょう。それに関しては、各自相当なこだわりを持って取り組んでください。
■春期講習会受講生募集中!
 春期講習会では、新学年指導が開始されてからの内容を復習し、より高いレベルで定着を促すとともに、学年・クラスレベルに応じて、一段高い実力アップにつながていくためのものです。
 次回の説明会・テスト日程は以下の通りとなっております。
    ○3月20日(祝・木)10:30〜12:00
   ○3月22日(土)10:30〜12:00
   ○3月23日(日)10:30〜12:00・14:00〜15:30

 試験科目は算数・国語です。お申し込み・お問い合わせが右上の『お申し込み・資料請求』ボタンよりお願いします。
 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
=文責:鳴神=

Posted by: 岸和田校 日時: 2008年03月18日 22:22 | 記事ページ

2008私立中学入試総括(3) 府県ごとのポイント

2008年03月20日

-----

■大阪府
 大阪府の全体傾向としては、男子校・女子校・共学校ともに、のべ受験者数が減少していました。特に女子校の減少傾向が見られ、07年度の女子校人気の反動が出たものと思われます。全体的な減少の要因としては、好調だった兵庫県・奈良県など府外への流出および府外受験生の地元定着が考えられます。
 昨年度から受験者を大幅に増やした学校としては、「注目の学校の結果」で紹介した開明のほかにも、金蘭会(全日程合計81→108、前年比133%)、聖母被昇天学院(全日程合計46→85、前年比185%)、金光大阪(全日程合計44→122、前年比277%)、共学2年目となる浪速(全日程合計113→166、前年比147%)が前年比120%以上となる大幅な受験者増となりました。昨年末に新校舎が竣工した金蘭会は前年に引き続き2年連続での大幅な受験者増でした。
 主な入試日程の新設としては、清風の理Vプレミアム日程、初芝富田林の中期医進日程がありました。清風の理Vプレミアムは、1月22日に実施されました。理Vコースのみ20名の募集に対して103名の志願者が集まりました。初芝富田林の中期医進は、医進コース若干名の募集で、1月21日に実施されました。24名が出願し、16名が受験、実質倍率2.7倍の難関となりました。

■京都府
 京都府の全体傾向としては、男子校・女子校・共学校ともに、のべ受験者数の減少傾向が見られました。近畿圏でも有数の高い受験率の地域で、12歳人口が特に大きく減少した(マイナス4.73%)ため、受験者数への影響も大きかったと考えられます。
 「注目の学校の結果」で紹介したの平安女学院のほかにコースを新設した学校としては、立命館が挙げられます。医歯薬系をめざす中高6年一貫教育を行うADC(アドバンストコース)を新設。面接のないB方式入試に特に多くの受験生が集まり、統一日の1月19日実施の入試にもかかわらず3.1倍もの高い実質倍率となりました。

■兵庫県
 兵庫県の全体傾向としては、のべ受験者数では、男子校が僅かに減少。女子校と共学校が受験者数を増やしました。ただ、統一初日だけで見ると、男子校の減少率マイナス2.63%は兵庫県の12歳人口の減少率マイナス2.69%よりも小さく、事実上の受験率増だったことが分かります。兵庫県は全体的に好調だったと言えるでしょう。
 昨年度から受験者を大幅に増やした学校としては、「注目の学校の結果」で紹介した甲南女子のほかにも、小林聖心女子学院がありました。
 小林聖心女子学院は、B日程を新設。B日程には114名の志願者が集まり、AB日程合計で前年比286%もの志願者数増となりました。受験者数でも前年比150%となり、実質倍率も07年度の1.2倍から、A日程で1.5倍、B日程で2.3倍になっています。

■奈良県・和歌山県・滋賀県
 奈良県の全体傾向としては、のべ受験者数が僅かに増加しています。前年比でプラス2.8%ですが、マイナス4.73%と京都府並みに12歳人口が大きく減少していることを考えると、受験率は相当上昇していると考えていいでしょう。実際、のべ受験者数でプラス1.3%程度、統一初日だけで見てもプラス0.2%の受験率上昇が見られました。特に、のべ受験者数の大幅な増加に寄与したのは、奈良学園登美ヶ丘の新設や育英西の「立命館コース」だと考えられます。
 和歌山県は、統一初日の受験者数こそ振るいませんでしたが、のべ受験者数では近畿2府4県のうちでもっとも大きな増加率を見せました。県全体では、07年度の受験者数1346名から08年度は1669名へと323名の増加。前年比124%と大幅な回復を達成しました。特に大きな要因となったのは、和歌山信愛女子短期大学附属の中期日程、開智のスーパー理進コース、智辯学園和歌山の後期日程です。特に、和歌山信愛女子短期大学附属は全日程の受験者で07年度の207名から293名、前年比142%。智辯学園和歌山は前後期合計の受験者で07年度211名から08年度は392名、前年比186%と増加させました。
 滋賀県では、同志社大との教育協定を発表した近江兄弟社はC日程の実施を見送るほどの好調な募集で、受験者を大幅に増加(157→193、前年比123%)させました。自己推薦入試を導入した比叡山でも、自己推薦入試受験の20名を含め、多くの受験生が集まりました(107→128、前年比120%)。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2008年03月20日 13:53 | 記事ページ

いよいよ春期講習会

2008年03月21日

-----

 3月22日(土)から4月8日(火)にかけて「春期講習会」が始まります。
 2008年の講習会では「できるまでしっかり勉強」を目標に、リトライレッスンタイムを活用し、授業で間違えた問題、テストで間違えた問題について、できるまでやり直しをしてもらいます。また新小学6年生については、授業終了後、晩9時まで居残り指導を実施し、「わかる」「できる」ということにこだわって生徒の指導にあたります。
 成績が上がるかどうかは、習ったことが身についたかどうかです。そのためには授業→宿題→テストだけでは不十分です。それは中学入試の問題が難しいため、自力で解決できない問題も多々でてくるからで、それらを解決するために必要なことが「リトライレッスンタイム」です。第一ゼミではこのリトライをいち早く取り入れ、生徒の成績向上に努めてまいりました。これまでのノウハウを活かしてお子様の勉強をしっかりと見ていきます。
 春期講習会でのお子様の成績向上にご期待ください。

Posted by: 天王寺校 日時: 2008年03月21日 15:17 | 記事ページ

千紫万紅(センシバンコウ)

2008年03月25日

-----

 言葉の意味は自分で調べてみてくださいね。
 あらためて合格おめでとう。そして卒業おめでとう。
先生はとてもうらやましい。君たちには多くの可能性(⇒時間)があります。「総ては自分」の心構えで、輝く未来を手に入れてください。そして、時々は遊びに来てね。長い間ありがとう。
 今後の人生、いろんなことがあります。順風満帆ばかりではありません。「成功」ももちろんいいものですが、「挫折」も人間として成長するためには不可欠なものです。大事なことは「いつも前向き!」


最後に先生の好きな言葉を贈ります。


「夢は美しく大胆でありたい、されど、その夢の破れしとき、
そのつらさ・悲しさに耐えうる人間でありたい」


文責;藤原

Posted by: 天王寺校 日時: 2008年03月25日 14:00 | 記事ページ


ページの先頭へ