中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 第5回統一実力・合否判定テスト講評

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

第5回統一実力・合否判定テスト講評

2008年02月10日

-----

 統一実力(受験用)・合否判定テストも、今年度最終回の第5回結果が返却されました。各科の担当教員による結果講評をお伝えします。新学年に向けて、今後の学習ポイントを確認してください。
■国語……平野(パシード光明池本部校
<小4>
 国語の単元を語句と文章読解とに分けて考えてみることにします。すると、語句に関しては比較的できていますが、文章読解の部分で大きく差ができてきています。国語という科目は暗記単元と、その場で初めて目にし、読み解いて理解していく単元との総合問題だと考えられます。この点において、勉強の仕方にも違いが出てきます。この部分をよく知り、一週間の勉強のスタイルを「この曜日にはこの科目のこの単元」といった具合にそろそろ固めていき学習スタイルを確立しましょう。次学年はいよいよ受験において最重要学年となります。先生たちと一緒に頑張りましょう。
<小5>
 いよいよ受験学年のスタートです。この1年間は長いようで、実感としては短く感じることでしょう。そんな中でもきちんと地に足をつけ、確実に一歩ずつ進んでいくしかありません。決してあせることなく「気持ちは熱く、しかし頭は常に冷静に」ということが重要となります。周りを見ればあせることもあるでしょうが……。
 そこで、今回のテストですが、語句の単元、特に「ことばのきまり」の部分が思ったほど点が取れていなかったです。5年生である程度完成しておいてもらいたい単元の1つです。必ずテキストを開いてリトライをしておいてください。また、文章読解については入試で差が出るのは何といっても論理的文章です。今回の説明文もまだまだ課題点を残した形になっています。徹底したリトライでこの学年を成功させましょう。
■算数……鳴神(パシード岸和田校
<小4>
 前回と同レベルの設定でしたが、図形と場合の数・周期算に関しては課題を残したように思えます。
 場合の数は、「ならべ方」と「えらび方」のちがいをきちんと復習しておきましょう。
 図形は面積・角度・展開図とこれから小5・小6で学習する土台となる内容でした。小5・小6で図形を苦手とする生徒の大半は小4内容を理解できていないので、この2月〜春休みにかけて、いまの学習と並行して、小4で学習した図形の内容をもう一度復習してみてください(小5でも角度・面積はすぐに学習しますのでその前にしておくと、グンと理解が深まるはずです)。
 周期算、今回は日暦算ですが、日数の計算がきちんとできるかどうかがポイントです。大半の誤答は1曜日ずれる(1日数え間違い)です。入試でもよく出題されます。確実に得点できるよう、しっかりと練習しておいてください。
<小5>
 今回も平均点が低く、みなさんにとっては非常に難しいテストだったようですが、課題は「問題をきちんと選べたか?」どうかです。
 どんな入試問題でも満点をとれるのは一部(学校によっては満点が出ないくらい難しい入試の場合もあります)で、7〜8割得点できれば合格点です。
 このテストレベルで言うと、最難関校で8割、難関校で6〜7割得点できれば十分のものですから、「問題を取捨選択する能力」が問われています。簡単な問題からだんだん難しい問題になっていくというテストばかりではありません。
 普段の学習から、自分の得意不得意をきちんと認識(もちろん不得意をなくすようきちんと学習しましょう)した上で、テストのときに最大限の力が発揮できるように、問題選択力も磨いていってください。
■理科……大西(弁天町校
<小5>
 今回は小5の1年間の締めくくりでしたが、結果はどうだったでしょうか?
 この講評では毎回のように記述問題に関して触れてきましたが、少しずつ正答率も上がってきています。普段の学習から「原因・理由」を考えるくせが付いてきたからだと思います。一方、大問2は表やグラフの読み取りをさせる問題でしたが、結果を見る限り、まだまだできているとは言えません。次年度は物理・化学の計算問題が主となり、このできが入試の合否に直結します。くり返し「表・グラフ」の使い方を覚え、1年後には得点源となっているように練習していきましょう。
■社会……小島(城東校
<小5>
 今回の出題範囲は、地理総合と歴史総合でした。地理分野の水産業や日本の国土などはよくできていましたが、歴史(特に鎌倉時代)は復習が必要です。鎌倉時代のポイントは、北条氏による執権政治の流れと鎌倉仏教です。まず執権政治については、執権の人物名とその時に起こったできごと(例えば、北条義時なら承久の乱・六波羅探題の設置、北条泰時なら御成敗式目など)をセットにして覚えることです。そして仏教は、宗派の名前とそれを広めた人物の名前をセットで答えられることが重要です。いずれも漢字で書いて確実に得点できるように練習しましょう。

Posted by 第一ゼミ中学受験統括室 | 日時: 2008年02月10日 14:17


ページの先頭へ