中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 「工夫A」〜勉強時間の作りかた〜

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

「工夫A」〜勉強時間の作りかた〜

2008年01月27日

-----

近畿圏の中学入試が終了しました(首都圏の受験に挑む人、頑張ってください)。みなさんが、努力の結実として“栄冠”を勝ち得たこと、非常にうれしく思います。併せて、受験生を今まで支えてこられた保護者の皆さま、長い間おつかれさまでした。


 さて、2月から「新学年指導」がスタートします。進級を目前に「燃えている」君たちに1つの提案があります。


「細切れ時間を有効に使おう!」
 「宿題が終わらない」「時間が足りない」と相談を受けることがあります。そのような人たちに、まずやってもらいたいのは、「勉強は、勉強机で、まとまった時間をかけてすべきもの」との思い込みを捨てること
 「受験勉強」には、腰を落ち着けてじっくりと取り組むべき課題(→算数応用問題や国語長文問題など)と、場所を選ばず細切れの時間でも取り組める課題(→暗記事項)とがあります。帰宅後の食事までの時間や、塾での授業開始までの待ち時間、電車の待ち時間・乗っている時間など、ちょっとした時間はいくらでも存在します。このような「細切れ」時間を上手く活用すれば、時間を作り出すことは可能です。そして、何より、「細切れ時間すら頑張っているのだから、まとまった時間は大事に過ごそう」との意識も生じてきます。
 かばんやポケットに要点集やリトライカードを入れておき、ちょっとした空き時間に見るだけでも、かなりの効果が望めます。また、「空いた時間に見るため」と思うと、要点集やリトライカードを作ることにも、目的ができてやる気が出てきます。ぜひとも、やってみてください。
 時間のある人は、昨年6/17のブログ「工夫(やってみて初めて生じるもの)」も見てください。
文責;藤原


中学入試フェスタのご案内
第一ゼミの中学受験専門コース『第一ゼミパシード』では、難関・有名中学の2008年度入試問題を、受験指導専門教員の手によりいち早く分析し、その結果をみなさまにご報告いたします。
また、合格を勝ち取った受験生の「生の声」をお伝えし、これから中学受験をめざすお子さまに、入試に向けてひたむきにがんばることの素晴らしさも実感していただければと思います。
将来の中学受験に向けて、その大きな一歩を踏み出すイベントとして、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。
実施日時 2008年2月24日(日) ひる2:00〜3:40
実施会場  御堂会館大ホール(地下鉄本町駅L号出口より徒歩1分)

Posted by 天王寺校 | 日時: 2008年01月27日 18:04


ページの先頭へ