中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 2008年01月

パシードブログ

  •  
  •  

« 2007年12月 | メイン | 2008年02月 »

大切な1年の最初の日[小6生へ]

2008年01月01日

-----

特別な1年が始まりました。
今日1月1日という日は、君たちにとって、
@勝負の年の1日目(→入試まで18日)
A冬期講習中休みの初日
B自分の裁量で時間が使える4日間の1日目・・・・
と多くの意味を持つ1日です。今日の過ごし方が、この1年(言い換えれば「受験」)の成否を決めてしまうかもしれません。悔いのない1年とするために、以下、必ず実行のこと。
@朝方生活を継続する
⇒「少しくらい」「ちょっとだけ」の甘い気持ちから、ペースを乱したことはないですか? 失敗が許されない大事な時期です。「入試18日前」である事を肝に銘じ、生活習慣の確立に努めよう。朝型生活がまだ確立していない人は、最後のチャンスです。明日から実行のこと。
A精神力を鍛える
⇒試験会場に君たちが持っていくべきものは、「学力」と「精神力」。精神力を鍛えるには、自分の弱さを克服するのが一番良い方法。そのためには、この4日間、テレビや遊びに背を向け、毎日10〜13時間の勉強に取組むこと。やり抜けばかなりの自信がつきます。
B学習内容は「リトライ」のみ
⇒入試過去問題・実力テスト・冬期講習前半内容・大晦日集中ゼミの「間違えた」問題のリトライが得点アップには最良の方法。あせらずにじっくり取り組もう。1問解くたびに「自信」が生じてきます。

先生は君たちを信じています。以上のことを実行し、先生の信頼に応えて下さい。
入試まで18日、第一志望校合格は目前まできています。夢の実現のためにがんばれ!ガンバレ!
 文責;藤原

Posted by: 天王寺校 日時: 2008年01月01日 08:00 | 記事ページ

知識事項をより確かなものに

2008年01月02日

-----

○1月2日に入り,少し緊張感がうすれてきたのではないでしょうか。夢の実現のためには緊張感を
緩めないことが大切です。
○自分の裁量で時間が使える4日間の2日目の・・・・
○入試における理科や社会は、知識事項を中心に出題されています。「このことを何といいますか」と
いう「用語」は書けても、説明しなさいという記述問題ではどうですか? 疑問符がつくのではないで
しょうか。本質の知識事項として理解が不確かなものではないでしょうか。
⇒そこで、知識より正確に定着し、本質のものとして理解させるために、通常使っているテキストや
 授業で配布してもらったプリントをじっくり熟読することです。これまで,「用語」として覚えてきたことが
 多かったと思います。本質の知識事項を理解するが入試で高得点を取るためにはやっておかなくては
 ならないことです。
○「なるほど,こうだったのか」とより深く理解がしみわたるように,じっくり読むことが重要です。時間的
 な余裕のある4日間だからこそ「知識事項をより正確」に身につける良い機会です。
○入試まで17日、第一志望校合格は目前まできています。先生たちも応援しています。夢の実現の
 ためにがんばれ!ガンバレ!
 文責;尾城

Posted by: 天王寺校 日時: 2008年01月02日 08:14 | 記事ページ

1月3日は…

2008年01月03日

-----

さぁ1月3日のはじまりです。
 中休み3日目。みなさん1日・2日と思い通りすごせたでしょうか?『三日坊主』のたとえにもあるように、初日・2日と思い通りにいったからといって今日を怠けてしまうと全てが台無しになってしまいます。そこで、本日の課題です。

@ 引き続き、過去問(赤本)に取り組む。
 次回、リトライができるように間違えた問題にはチェックを入れる。
A 中休み宿題の実施。
 計画的に、一気にしないで、明日の分は明日する。
B 苦手単元克服と質問すべき問題の整理。
 苦手単元は問題をピックアップして実施(とにかく解く←不安の解消)。
 中休み明けに先生に質問する問題をチェックする。
C @〜Bを実施する際に、『必ず合格すると想い、時には言ってみる』。
以上4点を実施してみてください。

 最後に、1月5日(土)から、冬期講習会が再開されます。受験生としてこの中休みを有意義に乗り切ったみなさんの顔を見せてください。楽しみに待っています。
 入試まで16日、第一志望校合格は目前まできています。先生も応援します。夢の実現のためにがんばれ!ガンバレ!
文責;多治川

Posted by: 天王寺校 日時: 2008年01月03日 08:39 | 記事ページ

新しい自分へ

2008年01月03日

-----

■新しい門出となる2008年を!
 受験生の諸君、入試まであと16日となりました。各自の学習はうまくいっていますか?
 大晦日集中ゼミでも話をしましたが、この時期は「自分がやってきたことをきちんとテストという限られた条件の中で発揮できるようにするため」の学習が必要です。
 テストが終わって「これ、できたのに・・・・・・」では、『後悔先に立たず』です。
 いままで、ずっとずっとがんばってきたのは何のため?
 ラストスパートのかけかたをまちがえないようにしましょう。
 昨日、北野天満宮にきみたちの合格祈願をしてきました。
 神頼みは、きみたちのがんばりがあって功を奏するもの。
 きみたちのチカラを信じてお参りしてきました。
 「パシード岸和田校第9期生絶対合格!」と。
=文責:鳴神=

Posted by: 岸和田校 日時: 2008年01月03日 19:51 | 記事ページ

入試まであと15日

2008年01月04日

-----

○ 新年が明け、入試まであと15日となりました。
 いよいよ受験が目前に来ましたが、今日の特別補習では、全員が受験生らしい顔つきになり、『絶対合格するぞ!』という気持ちが感じられたので、安心しました。あとは、体調管理と、今まで学習した内容を整理することで、『合格』の二文字はすぐそこにあります。もう一度、気を引き締めて『絶対合格』するぞ!

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2008年01月04日 19:49 | 記事ページ

切り替え

2008年01月06日

-----

■新年初回授業を終えて
 昨日・今日で新年の初回授業を終え、みなさんが一度授業を受けたことになります。
 中休みの宿題を一所懸命取り組んだり、家族で初詣や旅行あるいは帰省と有意義な毎日を過ごしてこの日を迎えたと思います。
 しかしながら、生活リズムが崩れて「ボー」っとしている生徒もわりと多かったです。
 小2〜小4のみなさんはある程度仕方がないと思いますが、明後日からは小学校の3学期も始まります。早く生活リズムを「普通」に戻してくださいね。
■宿題の仕方
 あらためて、宿題の仕方について確認です(詳細は年度替わりのオリエンテーションでも説明します)。
 宿題は「学習したことを自分のチカラで解けるようになるための練習」です。
 練習をするためには、まず準備。
 @授業の復習(授業内容を思い出しながらノートやテキストに書いてあることを確認)
  ※大切と思うことがらを「リトライノート」に、何も見ずに書き出してみましょう。
   →それからノートなどと照らし合わせて「もれ」・「まちがい」がないかを確認するのが
    効果的です。
 A宿題に取りかかる
  ※テストと同じで、まずは「自分自身のチカラ」でやってみることです。
   →わからないところで固まらないで、できるところからすることが大切です。
  ※区切り(基本問題・応用問題など)ごとに、答え合わせ・リトライ(やり直し)
   しましょう。
   →答え合わせをする目的は自分のチカラで「できたこと」・「できなかったこと」を見極
    めることです。単に○×をつけて終わりではありません。「できなかったこと」はな
    ぜできなかったのかをしっかりと考え(ここではじめてノートやテキスト・解説などを
    参照するのです)、解けるようにするためにやり直すのです。
 B再度間違えた問題を見直す(必要に応じて解き直し)
  ※テストは時間との戦い。解けても時間がかかって解けたのでは意味なしです。解く
   ためのプロセスが頭の中で一つにつながっているのかどうかをきちんと確認しておき
   ましょう。
   →類似問題を探して、それにチャレンジしてできるようになれば最高です。
 この当たり前のことをきちんとできるようにするだけでも、きみたちのチカラは大きく伸びると思います。
 本気で取り組む2008年に!
=文責:鳴神=
■1月13日(日)第5回公開(統一実力・合否判定)テスト受験生募集!
 進級に向けて、お子様の「いま」と「これから」をこのテストでしっかりと確認してください。
 もちろん、2月(新小2・新小3は3月)から開始される本校の新年度からの入会を希望される方もこのテストで受講判定ができます。
 テスト時間帯(試験科目)は以下の通りです。範囲等の詳細はホームページ上でのご案内をご覧ください。お申し込みもこのページからできます。
 ○新小2(現小1) 14:30〜16:00(算国)
 ○新小3(現小2) 14:30〜16:00(算国)
 ○新小4(現小3) 14:30〜16:20(算国)
 ○新小5(現小4) 10:00〜11:50(算国)
 ○新小6(現小5) 10:00〜13:30(算国理社)

  ※新小5・新小6は中学受験用テストです(新小5で一般用をご希望される場合は、そ
   の旨をお申し出ください。
  ※テストの時間帯で不都合がある場合は、事前に本校までご相談ください。
 多くのお子様のご参加を、教職員一同心よりお待ち申し上げております。
  

Posted by: 岸和田校 日時: 2008年01月06日 20:00 | 記事ページ

冬期講習会を終えて

2008年01月08日

-----

■受験生はいよいよ……
 本日で冬期講習会が終了しました。
 受験生のみなさんはいよいよ来るべき入試本番に向け、最後の調整をする時期となりました。
 すでに、今日は土佐塾中・冨士中の県外入試もありました。
 これは事前入試ですから、これを糧に本番に臨めばいいのですが、入試では『ケアレスミス』をどれだけ減らせられるかで合否が決まるといっても過言ではありません。
 再度自分のミスパターンをしっかりと確認し、そのミスをしないように意識することが大切です。
 「もうすぐだからどうしよう」とあせって空回りするのは最もいけないことです。
 この時期だからこそ、落ち着いて、いままでやってきたことをもう一度見直す。
 当たり前のことを当たり前にすることが一番大切です。
 本番でチカラを出し切れば合格です!
 がんばってください!
■小2生〜小5生のみなさんへ
 冬期講習会、お疲れ様でした。
 一人ひとりにとって、この冬期講習会で「できる」が増えたと思います。
 その積み重ねをこれからも継続できるかどうかが成績向上のカギとなります。
 一所懸命がんばって取り組んだこの冬、これからのための第一歩となって欲しいものです。
 第5回公開テストで、そのがんばりの成果を出せるよう、再度学習したことを復習しておきましょう。
=文責:鳴神=
■1月13日(日)第5回公開(統一実力・合否判定)テスト受験生募集!
 進級に向けて、お子様の「いま」と「これから」をこのテストでしっかりと確認してください。
 もちろん、2月(新小2・新小3は3月)から開始される本校の新年度からの入会を希望される方もこのテストで受講判定ができます。
 テスト時間帯(試験科目)は以下の通りです。範囲等の詳細はホームページ上でのご案内をご覧ください。お申し込みもこのページからできます。
 ○新小2(現小1) 14:30〜16:00(算国)
 ○新小3(現小2) 14:30〜16:00(算国)
 ○新小4(現小3) 14:30〜16:20(算国)
 ○新小5(現小4) 10:00〜11:50(算国)
 ○新小6(現小5) 10:00〜13:30(算国理社)

  ※新小5・新小6は中学受験用テストです(新小5で一般用をご希望される場合は、そ
   の旨をお申し出ください。
  ※テストの時間帯で不都合がある場合は、事前に本校までご相談ください。
 多くのお子様のご参加を、教職員一同心よりお待ち申し上げております。

Posted by: 岸和田校 日時: 2008年01月08日 22:22 | 記事ページ

入試まで7日

2008年01月12日

-----

○ いよいよ大詰めの時期になりました。
小6生の君たちは、本当に受験生らしく、1問1問を徹底的に納得するまで質問し、自分のものにしようとする心意気が、頼もしく感じています。そんな君たちを後押しするかのように、岡山中・土佐塾中(大阪前期入試)・冨士中(関西入試)の合格発表があり、結果は、『全員合格』!おめでとう!
もちろん、必死で取り組んでいる君たちだから、単なる合格の二文字ではありませんでした。冨士中では、『全員特待生合格』・土佐塾中では、『1620名中トップ合格』が本校の生徒という結果がついてきました。
でも、本番は1月19日。この結果は、あくまでも1つの通過点です。残り7日。第一志望校に全員、絶対合格するぞ!!行くぞ!パシード生。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2008年01月12日 22:24 | 記事ページ

入試心得〜初めが肝心〜

2008年01月13日

-----

 入試まで6日。ここまでよくがんばってきました。あとは、今まで培った力を入試本番に出し切るだけ。
 入試で自分の力を出すために、とにかく大事なことは、・・・・


 試験の時に、持っている力の60%〜70%しか出せなければ、結果はどうなるでしょう?考えただけで怖いですね。逆に、持つ力の120%が発揮できたら、合格はまちがいないでしょう。


 では、どうすれば「持つ力の120%が発揮」できるか? 答えは簡単、「できる問題から取りかかる」、これだけでOKです。


 解答用紙に自信のある「答え」を書き込む。そのくり返しが、君に平常心をもたらし、さらには、「絶好調」状態に導いてくれます。とにかく、難しい問題は“後まわし”。「絶好調」になってから取り組めばよし。


 逆に、自分にとって「難しい」問題に取りかかり、自信の持てない「答え」を解答用紙に書かなくてはならない時の気持ちを想像してください。ペースがつかめず、あせりが生じ、ミスをおかしてしまう、という展開がまっています。取り返しがつかない状態。怖いですね。


 最後にもう一回。各科目とも、試験では「できる問題から取りかかる」こと。


 文責;藤原

Posted by: 天王寺校 日時: 2008年01月13日 18:48 | 記事ページ

祈!絶対合格!

2008年01月18日

-----

○いよいよ明日、入試本番を迎えます。保護者の皆様には、今まで何かとご協力いただき心より御礼申し上げます。明日から始まる『中学入試』。最後の力を、そして、絶対に合格できるんだと、子供たちを信じてやってください!!
そして、受験生の君たち!
やっとここまできました。今まで、よく頑張ってきました。先生は君たち一人一人の頑張りを知っています。だから・・・絶対に合格できる!と信じています。
明日は、胸を張って各校の校門をくぐってください。絶対合格するぞ!パシード生!

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2008年01月18日 18:10 | 記事ページ

絶対合格!

2008年01月18日

-----

1302_080118.jpg■出陣式を終え、いざ決戦!
 本日、パシード岸和田校第9期生は明日からの入試に向け、出陣式を行いました。
 各教員からの激励のメッセージの後、私より彼(彼女)らにまとめの話をしました。
 「この日(実際は明日ですが)を迎えることできたのは、きみたち自身のがんばりはもちろんですが、保護者の方はじめたくさんの人の支えがあったからです。きみたち自身のためにも、その人たちのためにも全力で入試に立ち向かって、志望校合格を勝ち取ろう!」ということを伝えました。
 子どもたちの顔を見ていて思ったのは、本当に立派になったなということです。
 一人ひとりがそれぞれの目標達成ために、たくさんの壁を乗り越え、明日の入試を迎えようとしている……。
 ここに至るまでの子どもたちのがんばりをほめてあげたい。
 でも、明日以降の入試で志望校合格を勝ち取った子どもたちをもっともっとほめてあげたいし、ともにその喜びを感じたい。
 その日がもう間近にやってくるのを楽しみにして、明日からの入試、我々も最後の最後まで応援したいと思います。
 パシード岸和田校第9期生、絶対合格!
=文責:鳴神=

Posted by: 岸和田校 日時: 2008年01月18日 22:22 | 記事ページ

「工夫A」〜勉強時間の作りかた〜

2008年01月27日

-----

近畿圏の中学入試が終了しました(首都圏の受験に挑む人、頑張ってください)。みなさんが、努力の結実として“栄冠”を勝ち得たこと、非常にうれしく思います。併せて、受験生を今まで支えてこられた保護者の皆さま、長い間おつかれさまでした。


 さて、2月から「新学年指導」がスタートします。進級を目前に「燃えている」君たちに1つの提案があります。


「細切れ時間を有効に使おう!」
 「宿題が終わらない」「時間が足りない」と相談を受けることがあります。そのような人たちに、まずやってもらいたいのは、「勉強は、勉強机で、まとまった時間をかけてすべきもの」との思い込みを捨てること
 「受験勉強」には、腰を落ち着けてじっくりと取り組むべき課題(→算数応用問題や国語長文問題など)と、場所を選ばず細切れの時間でも取り組める課題(→暗記事項)とがあります。帰宅後の食事までの時間や、塾での授業開始までの待ち時間、電車の待ち時間・乗っている時間など、ちょっとした時間はいくらでも存在します。このような「細切れ」時間を上手く活用すれば、時間を作り出すことは可能です。そして、何より、「細切れ時間すら頑張っているのだから、まとまった時間は大事に過ごそう」との意識も生じてきます。
 かばんやポケットに要点集やリトライカードを入れておき、ちょっとした空き時間に見るだけでも、かなりの効果が望めます。また、「空いた時間に見るため」と思うと、要点集やリトライカードを作ることにも、目的ができてやる気が出てきます。ぜひとも、やってみてください。
 時間のある人は、昨年6/17のブログ「工夫(やってみて初めて生じるもの)」も見てください。
文責;藤原


中学入試フェスタのご案内
第一ゼミの中学受験専門コース『第一ゼミパシード』では、難関・有名中学の2008年度入試問題を、受験指導専門教員の手によりいち早く分析し、その結果をみなさまにご報告いたします。
また、合格を勝ち取った受験生の「生の声」をお伝えし、これから中学受験をめざすお子さまに、入試に向けてひたむきにがんばることの素晴らしさも実感していただければと思います。
将来の中学受験に向けて、その大きな一歩を踏み出すイベントとして、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。
実施日時 2008年2月24日(日) ひる2:00〜3:40
実施会場  御堂会館大ホール(地下鉄本町駅L号出口より徒歩1分)

Posted by: 天王寺校 日時: 2008年01月27日 18:04 | 記事ページ

合格おめでとう!そして新たな学年を迎える生徒たちへ

2008年01月30日

-----

■小6年生の皆さんへ
合格おめでとうございます。本当に皆さんお疲れ様でした。最後の最後まであきらめず、自分の夢の実現に向けてがんばった皆さんの姿には感動させられました。受験を終えた今、一回りも二回りも成長した「自分」に出会えていると思います。
ただしもちろん受験がゴールではありません。中学校に入ってからが重要です。今はある程度は羽根を伸ばしてもらってもかまいませんが、私立の進度のスピードについていけるように今から準備しておくことも忘れないでくださいね。

■新小6・小5・小4・小3・小2年生の皆さんへ
先輩達のがんばりは皆さんの良い刺激になったと思います。特に新小6年生は「次は自分たちの番だ!」という気持ちを強く持ってください。
さて先週末から第5回合否判定テストの返却を行っています。結果はどうでしたか?冬期講習会の成果は出ていましたか?苦手科目の克服はできていましたか?テストは今の君たちの力を教えてくれる非常に貴重なものです。点数、偏差値に一喜一憂するのではなく、「何」ができていて、「何」できていないのかを分析して、2月・3月の勉強に生かしていってください。

Posted by: 河内長野校 日時: 2008年01月30日 14:49 | 記事ページ


ページの先頭へ