中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 2008年度中学入試展望(2)

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

2008年度中学入試展望(2)

2007年10月09日

-----

 前回に続いて、2008年度中学入試の展望をまとめます。


■人気私立大学との連携
 昨年度は、関西学院大学と、三田学園帝塚山学院清教学園の3校との教育協定が大きなニュースとなりました。3校とも今春の募集に好影響があり、特に帝塚山学院では志願者合計が前年比145%と多数の受験生が集まりました。
 今年もいくつかの学校が人気私立大学との連携等を発表しています。平安の龍谷大学付属化、上宮太子の関西大学・近畿大学との協定、平安女学院育英西の立命館大学との協定、近江兄弟社の同志社大学との協定などが挙げられます。
 平安中学・高校は龍谷大学と付属化についての協定締結により、来春より「龍谷大学付属平安中学校・高等学校」となります。中高大連携による海外研修や大学教員による特別授業など新しい連携事業の展開が予定されています。
 上宮太子は、今年の6月29日に関西大学との間で「高大接続パイロット校」の協定を結びました。「関西大学は上宮太子の『カッコいい男』を応援します」(同校ホームページより)とのキャッチフレーズで、関西大学との連携を強化していきます。また、続く7月13日には、上宮学園と近畿大学との間に「21世紀教育連携パートナーシップ協定」が締結。立て続けに大阪府の人気私立大学2つとの連携関係が成立しました。
 平安女学院中学校では、立命館大学との学術交流協定書に基づいて、来春に推薦入学枠を拡大した立命館大学への進学コースを開設します。この新コースは2クラスを設置し、定員は60名。卒業後には立命館大学と立命館アジア太平洋大学への推薦が受けられます。従来のコースは「アグネス総合コース」となります。
 育英西中学校は、来年度より「立命館コース」を新設します。これは今年、奈良育英学園と学校法人立命館との間で締結した「交流協力協定」に基づく高大連携事業のひとつ。一定の推薦基準をクリアすれば、立命館大学への推薦を受けることができます。立命館コースは、募集段階から分けられ、30名×2クラスの60名募集。女子生徒の理系進学希望が増える傾向に対応して、理数系教科に力を入れたカリキュラムです。もちろん、理数以外の教科に関しても、5教科すべてをバランスよく学ぶという従来からの教育方針も継承します。
 同志社大学は、近江兄弟社高校をはじめ全国の5つのキリスト教系高校と教育連携協定を締結しました。これにより、来年度から、同志社大学への推薦入学制度が実施されます。成績だけではなく、キリスト教校としての教育理念の実践を重視した選考になるとのことです。推薦枠は5校合わせて80名以上で、近江兄弟社にも相応の推薦枠が配分されます。

■大阪の人気校で「特別日程」
 短期決戦の傾向が続く近畿圏の中学入試。その傾向のためか、短い期間でいかに優秀な受験生を集めるか、人気校でも日程の工夫が見られます。その一つが募集コースを限定して実施する「特別日程」入試です。今春の帝塚山学院泉ヶ丘のM入試(医進コースのみ募集)に続くように、来年度は、初芝富田林が医進コースのみを募集する「中期医進」日程、清風が理Vコースのみを募集する「理Vプレミアム」日程をそれぞれ実施します。
 今春の帝塚山学院泉ヶ丘のM入試は、医進コースのみ募集約10名に対して、77名が受験、合格者40名で実質倍率は1・9倍でした。来年度も医進コース約10名の募集で、入試科目は国語150/算数150/理科100の3科目、1月20日の実施です。
 初芝富田林「中期医進」は、1次・2次と合わせて40名の医進コース定員で、中期医進の枠は決まっていません。国語100/算数100/理科50の3科目で行い、日程は1月21日となります。
 清風「理Vプレミアム」は、1月22日に実施で、理Vコース20名を募集します。入試科目は国語120/算数120/理科60の3科目となっています。

■来年度募集に直結する今春の実績急進校
 今春一期生の活躍により大学合格実績を大躍進させた大阪桐蔭開明の2校。来年度入試で、受験生人気がますます高まることが予想されます。
 大阪桐蔭では、「英数コース」の一期生が今春卒業年度を迎え、京都大学への合格者を30名(うち現役20名)と、06年度の14名から大きく伸ばしました。
 開明でも、共学一期生が卒業年度となり、京都大学17名(現役14名)をはじめ、大阪大学14名、神戸大学31名と、06年度の京大1名/阪大5名/神大15名から3大学合計で3倍増に近い実績へと大躍進を見せています。
 両校とも、さらに上を目指す新コースが始動しています。大阪桐蔭の「英数選抜コース」、開明の「スーパー理数コース」です。現状に留まることがない両校の姿勢に、共感する受験生・保護者からより一層の支持を得ると思われます。


 次回は、府県ごとのポイントをまとめてみたいと思います。

Posted by 第一ゼミ中学受験統括室 | 日時: 2007年10月09日 10:41


ページの先頭へ