中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 2008年度中学入試展望(1)

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

2008年度中学入試展望(1)

2007年10月06日

-----

 2008年度中学入試の募集要項が、各中学校からほぼ出揃いました。
 今回からシリーズで、来年度入試の展望についてまとめてみたいと思います。


1月19日、近畿圏統一日程
 2008年度の近畿圏中学入試も、ここ2年に引き続き、近畿2府4県で同一の解禁日に設定されています。来年度の統一日程は1月19日。今春と同じく1月の第3土曜日となっていて、中学校側にとっても塾側にとっても大きな混乱なく入試スケジュールを進めることができる日程です。
 今春との日程差が1日だけということもあり、入試日程を全体的に1日早めただけという学校もいくつか見られました。そのため、新設や共学化などの大きな変化の影響が出ない地域や難易度層では、ほぼ今春の結果を踏まえた入試となると考えられます。もちろん、学校改革に着手したり、改革の成果が出たり、といった学校もあり、必ずしもすべての地域・難易度層で今春通りというわけではありません。大きな変化が予想される学校については後に詳しく解説します。
 近畿圏全域での「大統一日程」も3年目となります。来年度も府県を跨いで複数の志望校がある受験生にとっては、厳しい入試ですが、条件は全ての受験生にとって同じですから、「どうしてもこの学校」と志望校をきちんと絞り込むことが、有利に受験をすることにつながるでしょう。

来年度も2次同士がバッティング
 解禁日が再び1月の下旬と遅めの日程となった今春では、1週間ほどで大勢が決する入試日程でした。このような、事実上の短期決戦により、2次や3次日程同士がバッティングする学校が多く見られました。
 来年度も1日だけ早くなっただけのため、ほぼこの傾向は続きます。たとえば、兵庫県内の学校で見ると2次やB日程などの入試を実施する30校(3次以降の日程は除く)のうち、1月20日に8校、21日に2校、22日に8校、23日に3校が実施し、4日間で全体の7割にあたる21校が集中。限られた実施期間内に多くの学校が2回目の入試日程を設定しています。
 多くの受験生がこの7割に含まれる学校を志望校と考えているでしょうから、1週間といわず、事実上は統一日程を含めた5日間で大勢が決まると見ることもできます。いずれにせよ、今春と同様の短期決戦で、2次以降の受験校選びにも十分に慎重な判断が必要とされるでしょう。

大阪・奈良に強豪私学が登場
 来年度、新たに開設される私立中学校として、大阪府の桃山学院、奈良県の奈良学園登美ヶ丘の2校があります。
 桃山学院中学校は、ミッションスクールとしての長い伝統と自主自治の校風で人気がある桃山学院が新設する共学の中学校です。11月ごろ完成の中学棟は、8階建ての優美な外観で、巨大なアーチ型のピロティや菜園も作れる屋上庭園、登下校管理システムなどのセキュリティシステムなど、充実した設備。大阪市の南のターミナルである天王寺から近く、市内の大動脈・地下鉄御堂筋線沿線に立地するため通学圏が広く、多くの受験生の動向に影響があるでしょう。
 奈良学園登美ヶ丘中学校は、人気の奈良学園が登美ヶ丘地区に新たに開校する共学の中学校。同時に幼稚園・小学校も新設され、09年には高校も開校します。6月9日に行われた開園・開校説明会が予約分だけで午前の部・午後の部ともに満席締切りとなるなど、注目度の高さはさすがに奈良学園の姉妹校。「コミュニケーション能力」や「科学的な視点と思考力」を特に伸ばすため、体感型授業を主とした科学実験、近隣の大学や研究所と提携した課外授業などに取り組みます。近鉄けいはんな線で大阪市中心部とも直結し、奈良県内からも大阪市内からも便利な立地です。


 次回は、人気私立大学との連携や、いわゆる「プレミアム入試」などについて触れたいと思います。

Posted by 第一ゼミ中学受験統括室 | 日時: 2007年10月06日 21:30


ページの先頭へ