中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > リトライの重要性

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

リトライの重要性

2007年07月18日

-----

■同じ問題をやり直すということ
 先日の五ツ木・駸々堂テストで成績が急上昇している生徒(小6)がいました。その生徒に「どうして成績が上がったと思う?」と尋ねてみると、「小5のテキストをもう一度やり直しているねん。」という答えが返ってきました。
 日頃、「やったことをもう一度やり直してみよう」と投げかけをしていますが、それを素直にやっていて、結果として成績向上に結び付つけてくれていることに感動しました。
 このような事例は、よくあります。
 でも、「一度やったことをもう一度やり直す」ということは、結構勇気がいるものです。
 しかし、きちんとそれをやっている人は、ほとんど「一度目よりも二度目、三度目の方が理解がグンと深くなる」と言います(自分の経験からもそう思います)。
 一度目は「何とかできたレベル」、
 二度目は「なぜそうなったのかがわかってできたレベル」、
 三度目は「つながりを理解してできるようになったレベル」
と、「できる」のレベルが格段に異なる
と思います。
 入試や実力テストでは、見たことのないように「思える」問題がたくさん出題されていますが、三度目のリトライを終えた生徒には、「こういうからくり(出題意図)だな!」と認識して問題に取り組めるのです。
 だから、成績が向上する、自信がアップする、もっと伸びたいと思う、そして志望校に合格して、「夢の実現」に向け、次のステージでがんばるという構図が出来上がります
 この夏、小6生は入試に頻出の重要事項の総まとめを、他学年は1学期に学習した重要事項をきちんと復習し、基礎をしっかり固め、そして問題対応力を身につけ、自信を持って2学期を迎えられるようにがんばりましょう。
=文責:鳴神=
■夏期講習会受講生募集中!
 いよいよ7月23日(月)より夏期講習会がスタートします。中学受験をめざすどの学年の生徒にとっても夏休みはとても重要な期間です。
 特に、本格的な学習の開始を検討されている小2〜小4生にとっては、この夏に1学期で本来学習すべきことをマスターし、進度の遅れをキにせずに2学期を迎えることができれば、保護者の方・お子様双方において無用な負担をかなり軽減できるかと思います。
 ぜひ、第一ゼミパシード岸和田校で、中学受験に向けての「第一歩」を!
 次回の入会説明会・テストは……
  7月21日(土)14:00〜15:30
  7月22日(日)10:30〜12:00

 お申し込み・お問い合わせは、右上の『お問い合わせ・資料請求』ボタンよりお願いします。
 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

Posted by 岸和田校 | 日時: 2007年07月18日 16:33


ページの先頭へ