中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 2007年06月

パシードブログ

  •  
  •  

« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

真剣勝負[「勝つ」ためのSTEP3]

2007年06月03日

-----

 本日、第2回合否判定・統一実力が実施されました(振替日は6/10)。自分の納得のいくテストを受けることができましたか? 持っている力を出しきることができましたか?
 私事ではありますが、中高の6年間剣道をしておりました。ある時、剣道の先生に「藤原くん、君はまだまだ“真剣”に稽古をしていないな。」少なからず反発を覚えた私に対し、「君が持っている竹刀が木刀に代わっても、また真剣に代わっても同じ気持ちで稽古をするのか!」と言われ、目からうろこが落ちた思いをしたことがあります。
 お子さま方一人ひとり、大きな可能性をお持ちです。また、可能性は磨いていかないと小さくなってしまうのも事実です。可能性を大きく花開いていくために必要な気構えが「真剣勝負」、と考えます。練習のための練習ではなく、「勝つ」ための練習となるよう指導していきたいと考えます。
小6生のお子さま方はまさに「真剣勝負」の時であり、小3〜小5生のお子さま方も、来るべき時に備えて大きな「真剣勝負」に臨めるよう、最後まで応援してまいります。
文責;藤原

夏期講習会生の受講申込みを受け付けております。興味のある方は「受講説明会」「個別相談会」にお越しください。
  6月9日(土) 11:00〜12:30  6月10日(日) 10:30〜12:00

Posted by: 天王寺校 日時: 2007年06月03日 19:40 | 記事ページ

私立中学校レポート(9) 「大阪産業大学附属」

2007年06月04日

-----

Daisandai.JPG 目的に合わせて「6年一貫コース」と「3年受験コース」の2コースを持つ大阪産業大学附属中学校。開校して今年で7年目。1期生は今春54名が高校を卒業し、52名が大学進学。国公立大へは3名が進学しました。7期生にあたる今春の入試では80名の募集人員に対して、94名が入学しました。
 習熟度授業、補充授業、個別指導、発展的学習などのきめの細かい指導を実施しています。開校以来、あいさつの励行に力を入れており、生徒の元気な声が学内に響いています。クラブ加入率は、約80%。できる範囲で活動しています。面倒見の良さは折り紙付きの学校です。
■大阪産業大学附属中学校・高等学校HP→http://www.osaka-sandai.ed.jp/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月04日 15:49 | 記事ページ

私立中学校レポート(10) 「灘」

2007年06月04日

-----

Nada.JPG となりには住吉川が流れる閑静な住宅街に広大なグラウンドを2つ有する灘中学校・高等学校。校風はあえて言うなら「自由闊達」です。入部率が80%を超えるクラブ活動、生徒会や地域ボランティアなどの自主的活動を通じて、社会人に必要な「協働力」とでも言うべき力を付けていきます。中学入学と同時に各教科の教員が担任団を作り、卒業まで持ち上がっていく「担任持ち上がり制」を組んでいるのも特徴的です。各界の最先端で活躍しているOBを招いて実施している「土曜講座」も灘ならではです。手作りの木製の机と椅子(加古川刑務所で制作)で日々の授業を受け、勉強でわからない時には「友だちに聞く」生徒が一番多いという「ニッポンノ灘」こと日本を代表する名門男子進学校です。
■灘中学校・高等学校HP→http://www.moon.sphere.ne.jp/nada-h/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月04日 15:53 | 記事ページ

私立中学校レポート(11) 「大谷」

2007年06月08日

-----

Otani.JPG 創立以来まもなく100年を迎える大谷中学校・高等学校。大谷では、3つの柱を基本に教育を実践しています。1つ目は「心を見つめる教育」。朝夕の合掌に代表される報恩感謝の心を育てる宗教的情操教育です。2つ目は「躾教育」。6年後に卒業する際に、本当の意味で美しい女性になれるような素地を作っていきます。そして、3つ目は「きめ細かな学習指導と進学指導」。50年前から導入されているコース制の指導を現状に合うように進化させて生徒の希望大学への合格を目指しています。今春は、約90%の生徒が大学現役合格を果たしています。
 「次代の母たるべき若き魂に、深い信仰と豊かな教養を培おう」の願いを込めて開校され、多くの卒業生を輩出している、大阪を代表する名門仏教系女子校です。
■大谷中学校・高等学校HP→http://www.osk-ohtani.ed.jp/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月08日 14:25 | 記事ページ

コツコツがんばる姿勢を

2007年06月10日

-----

■何度も繰り返すことの重要性
 あるクラスで復習テストを行ったところ、生徒も私自身も「!」。
 そんな光景ってよくあることなんです。いい意味でも悪い意味でも。
 そもそも人間は「忘れる動物」ですから、残したなくない記憶はどんどん頭の中から抜けていくものです。
 しかし、中学受験をめざすために高い学力を必要とされる子どもたちが、学習した内容を「残したくない」と思ってしまったら・・・・・・。
 それでは困りますね。
 だから、忘れる前にもう一度見直す(やり直す)、そして忘れたらもう一度戻って記憶を取り戻すという『リトライ』の重要性をあらためて認識してもらいたいと思います。
 せっかく、がんばっているなら、結果が出せるがんばりをして欲しい・・・・・・。
 そのためには、「!」も経験としては大切なことですが、そこから学び取って欲しいし、次に繋げて欲しい・・・・・・。
 それが、保護者や我々の想いであると考えます。
 これは単に学習だけでなく、日々の生活でも同じこと。
 中学受験を通して学び取って欲しい「チカラ」の大切な一つです。
=文責:鳴神=
■6月入会・夏期講習会受講説明会(学力診断検査同時実施)のご案内
 「未来への可能性を開こう!」・・・・・・中学受験を通して、お子様の将来の可能性を限りなく高めていきませんか?
 第一ゼミパシード岸和田校では、第一ゼミナールが掲げる「目標は志望校合格!目的は社会で活躍できる人づくり!」の具現化のため、様々な観点からお子様の指導に取り組んでいます。
 そんな我々の指導について、保護者の皆様に知っていただく機会として、以下の日程で『受講説明会』を実施しております。お子様には、現在の学力を客観的に把握できる『学力診断検査』も同時に実施し、「いま」と「これから」を明確にできる機会もご用意しております。
 ぜひ、この機会に説明会・テストへご参加ください。
 ○6月16日(土)14:00〜15:30
 ○6月17日(日)10:30〜12:00
 みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

Posted by: 岸和田校 日時: 2007年06月10日 11:43 | 記事ページ

「清風中学校特別訪問会」のご案内

2007年06月10日

-----

受験生支援ならびに情報提供の場として、「清風中学校特別訪問会」を、下記の要領で開催いたします。「学校見学会(清風中学校)」が7月4日に開催の予定ですが、平日実施ということもあり、お子さまが参加できない状況を踏まえ、清風中学校の特別なご配慮により「保護者・お子さま」参加の学校見学・説明会を別途開催していただく運びとなりました。せっかくの機会です、ご多忙中のことと存じますが、多くの保護者の皆さま・お子さまにご参加いただければと考えております。
◇ 日時 平成19年7月14日(土) 10時30分〜12時00分(予定)
◇ 対象 清風中学校の受験をお考えの保護者及びお子さま(第一志望・第二志望を問いません)
◇ プログラム 学校見学(施設・授業風景)ならびに、清風中学校の先生による学校説明および質疑
文責;藤原

夏期講習会生の受講申込みを受け付けております。興味のある方は「受講説明会」「個別相談会」にお越しください。
  6月16日(土) 11:00〜12:30  6月17日(日) 10:30〜12:00

Posted by: 天王寺校 日時: 2007年06月10日 14:47 | 記事ページ

私立中学校レポート(12) 「松蔭」

2007年06月12日

-----

Kobe-Shoin.JPG 神戸の海を見下ろす小高い丘に位置した創立115年を迎えた松蔭中学校・高等学校。このなかで変わることなく受け継がれてきた精神が「オープンハート(OPEN HEART)」です。「ひとり一人を大切に。妹のように娘のように。個性が埋没しない6年間を」という願いが込められています。
 また、今年度より新カリキュラムを導入し、「英数グレート授業」等、特に英語をさらに特化して内部進学(神戸松蔭女子学院大学・短期大学部)、外部進学(外部大学など)のどちらの進路を希望してもそれを実現できるようにしていきます。
 中1では、マナー教育として小笠原流礼法を学び、将来を見据えて6年間一貫してキャリア教育を実施。変わらぬ伝統と時代に合致した新たな伝統を生み出そうとしているキリスト教主義の完全6年一貫女子校です。
■松蔭中学校・高等学校HP→http://www.shoin-jhs.ac.jp/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月12日 13:05 | 記事ページ

私立中学校レポート(13) 「帝塚山」

2007年06月12日

-----

Tezukayama.JPG 奈良・平城京の西の住宅街に位置する学園前駅と陸橋でつながる通学に抜群に便利な帝塚山中学校・高等学校。将来、色々な意味で幅広い人になってもらうように「学力と人間力」をつける教育を実践しています。
 大きな特徴は、「男女併学」。共学と別学の長所を取り入れ、クラスと授業の大半は男女別に、体育祭や学園祭などの行事、生徒会活動、クラブ活動は、男女一緒に行っています。もう一つの特徴は「目的達成をより確かなものにするコース制」です。女子は、「英数」「特進」「文理」の3コース。男子は、「スーパー理系選抜」「英数」の2コースに分かれています。特に中学時にはクラブ活動も盛んな奈良の人気進学校です。
■帝塚山中学校・高等学校HP→http://www.tezukayama-h.ed.jp/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月12日 13:09 | 記事ページ

私立中学校レポート(14) 「履正社学園豊中」

2007年06月12日

-----

Riseisha.JPG 広大な服部緑地公園に隣接し、静かな環境の中で「履正不畏」(自分が正しいと思うことを勇気と責任を持って実践すること)を校訓の第一にあげ、日々学園生活を送る、履正社学園豊中中学校、履正社高校。
 中学校には、全国の難関高校合格を目指す「3カ年独立コース」と国公立・一流大学現役合格を目指す「6カ年特進コース」の2つの独自のコースがあります。今春は、6カ年特進コース生が現役で東大に2名合格。3カ年独立コース生も灘高に3名合格を筆頭に実績をあげています。大学現役合格を果たした卒業生が、「学校での日々の課題を着実にこなしていくことが合格への一番の近道になるでしょう」と感想を残す充実した授業と進学講座。右肩上がりの共学進学校です。
■履正社学園豊中中学校HP→http://www.riseisha.ac.jp/j_school/index.html

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月12日 13:14 | 記事ページ

私立中学校レポート(15) 「大阪青凌」

2007年06月15日

-----

Osaka-Seiryo.JPG 淀川のほとりにたたずみ、創立23年目を迎えた大阪青凌中学校。6年コースは、「難関国公立大学現役合格」「基礎学力と生きる力を養成する」「体験型活動を通し、豊かな心を育む」ことを柱に学園生活を送っています。
 月曜日から金曜日の授業終了後に実施されている「英語リスニング」や、曜日ごとにプログラムが決まっている講習や小テストを実施してきめ細かく指導しています。また、中学1・2年生には、週1回の2時間の自学自習勉強会を実施し、自ら勉強する力を育てています。クラブは、週3回は時間を確保し活動しています。「家庭学習ノート」で学校・生徒・保護者が毎日、各個人の様子を確認して連携を強化。今春は現役で京都大学合格者も出た6年コース生。無料のスクールバスに乗れば意外と近い、元気になってきた共学校です。
■大阪青凌中学校・高等学校HP→http://www.ouhs.ac.jp/seiryo/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月15日 13:06 | 記事ページ

私立中学校レポート(16) 「神戸龍谷」

2007年06月15日

-----

Kobe-Ryukoku.JPG 六甲山の緑のすぐそばに位置した高台にある神戸龍谷青谷学舎。港神戸を一望できる恵まれた環境にあります。今春の中学の新入生で3学年が揃い、1学年80名の小規模だからできる手厚い指導を実施しています。
 「和顔愛語」の教え、仏教精神に基づく情操教育を根幹に豊かな人間性を育むことに重きを置き、授業時間をたっぷりかけて、無理のないペースで進行し、中高の内容重複を避けた6年一貫のカリキュラムを組んでいます。クラブ活動にも力を入れており、平日は1時間半程度、土曜日は午後半日、あるいは全日で練習しています。高校生と一緒に練習するのが基本ですが、中学生のみの新たに設立したクラブも活動中です。神戸にできた新たな中高6年一貫の共学進学校として人気上昇中の学校です。
■神戸龍谷中学校・高等学校HP→http://www.koberyukoku.ed.jp/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月15日 13:24 | 記事ページ

私立中学校レポート(17) 「樟蔭」

2007年06月15日

-----

Shoin.JPG 今年で創立90年を迎えた樟蔭。中学校から大学院までの女子の総合学園としてバランスのとれた全人教育を実践しています。
 中学校は平成20年度入試から新たなコース制になります。これまでの「6年一貫特別進学コース」「総合進学コース」を6ヵ年一貫の「選抜特進コース」「特進コース」へ改編。クラブ活動については、両コースともに活動可能ですが、あくまでも学業優先のスタイルになりそうです。
 「確かな学力の定着と向上」「生活指導の充実」を指導の2本柱として、「高い知性と豊かな情操を内包し、自らの意思をもって行動できる女性を育てる」という建学精神のもとに教育実践をしている大阪の伝統女子校です。
■樟蔭中学校・高等学校HP→http://www.osaka-shoin.ac.jp/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月15日 13:29 | 記事ページ

「工夫」(やってみて初めて生じるもの)

2007年06月17日

-----

勉強を進めていく上で、もっと「要領良く取り組みたい」や、「工夫して効果を上げたい」と多くの人が考えるはずです。「要領」や「工夫」は、頭で考えるだけでは身に付きません。「要領の良い」人の真似をしても身に付きません。上手くいく秘訣は、無駄が多くても構わないので、まず実行することです。実行しながら考えて、修正して、最適の「工夫」「要領」を身に付けていくしか方法はないと考えます。もっと言えば、「考えて身に付ける」ものではなく、「実行する中で生じるもの」だと思います。君たちの先輩たちを振り返っても、「ペンだこ」の大きさと「効果(=成績)」は比例していました(意味が解からなければ質問してください)。
「十人十色」というように、性格も考え方も体力もみんな違います。自分に合う最適の学習法を見つけ出してください。夢(第一志望校合格)がぐっと近づきますよ。
文責;藤原

夏期講習会受講申込みの受け付け中です。興味のある方は「受講説明会」「個別相談会」にお越しください。
  6月23日(土) 11:00〜12:30  6月24日(日) 10:30〜12:00

「清風中学校特別訪問会」のご案内(詳細はパシード天王寺校までお問合せください)
◇ 日  時   平成19年7月14日(土) 10時30分〜12時00分
◇ プログラム  学校見学(施設・授業風景)ならびに、清風中学校の先生による学校説明および質疑

Posted by: 天王寺校 日時: 2007年06月17日 16:00 | 記事ページ

私立中学校レポート(18) 「神戸山手女子」

2007年06月18日

-----

Kobeyamate.JPG 神戸の街を一望できる元町の山手に位置する神戸山手女子中学校・高等学校。緑に囲まれて、施設的にも色彩が素晴らしい廊下や綺麗なトイレ等、女子校らしい気を遣った環境の中で「あいさつ・感謝・感動・思いやり・自立」を指導目標にして、「山手美人になろう」を今年の合言葉に日々の学園生活を送っています。
 また、「Keep a Promise(自分との約束を守る)」という意味で「自己管理・時間管理・目標設定のツール」として「KEEP」を実践しています。所謂、生活記録ノートですが、重要事項を優先していくことができるように指導しています。今春は、入学者数も増え、人気上昇中の落ち着いた雰囲気の女子校らしい女子校です。
■神戸山手女子中学校・高等学校HP→http://www.kobeyamate.ed.jp/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月18日 16:45 | 記事ページ

私立中学校レポート(19) 「六甲」

2007年06月18日

-----

Rokko.JPG 神戸市街を一望する六甲山の中腹にある六甲中学校・高等学校は、今年で中学校設立以来70年目を迎えました。六甲ではキリスト教の人間観である『MAN FOR OTHERS』を基に教育が行われています。具体的には、「人に仕えるリーダーの育成」「ひとり一人が才能・能力を世の中のために発揮する」ことを目標にしています。教科学習はもちろんですが、クラブ活動もさかんで、中1生ではほぼ100%が加入し、高2生でも約80%が加入しているのが特徴です。週3回ですが効率よく活動しています。
 そのほかにも「中間体操」「便所清掃」「社会奉仕活動」などの六甲ならではの取り組みも個性的な、神戸を代表するカトリックの男子進学校です。
■六甲中学校・高等学校HP→http://www.rokko.ed.jp/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月18日 16:50 | 記事ページ

私立中学校レポート(20) 「金蘭千里」

2007年06月18日

-----

Kinransenri.JPG 北千里の閑静な住宅街の高台に昨年、新校舎が出来上がった金蘭千里があります。開校以来、男女共学1学級30人体制できめ細かい授業を実践しています。
 教育の特色としては、中間・期末の定期テストがなく、平常学習重視のための復習テストの位置づけで「20分テスト」の実施、「校技」として、男子はサッカー、女子はバレーボールを練習し各クラス対抗の校内大会を実施、各学年のキャンプや徒歩訓練に代表される「野外活動」などがあります。部活動は、中1では必修クラブとして授業時間内に組み込み、全員に部活動を経験させ、中2からは希望制になります。
 卒業生の約50%が国公立大学現役合格を果たしている、北摂を代表する名門進学校です。
■金蘭千里中学校・高等学校HP→http://www.kinransenri.ed.jp/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月18日 16:55 | 記事ページ

私立中学校レポート(21) 「関西学院」

2007年06月22日

-----

Kwangaku.JPG 緑豊かな西宮上ヶ原に「Mastery for Service」(世の中で役に立つために、そして将来背負う責任を果たせるように、自分の能力を精一杯高めよう)をスクール・モットーにした関西学院があります。創立以来、「神への畏敬の念」「隣人愛」「奉仕の心」を土台にして、人格の形成を目指しています。
 特徴的なのは、「週1回の読書科の授業に代表される読書教育」「週4日の駆け足、水泳特訓に代表される体育」「中学部では95%以上が加入しているクラブ活動」「充実した英語教育」などです。卒業生の93%以上が関西学院大学に進学する同校は、同窓会活動も活発で、世代を越えた強い絆があり、色々な支援がもたされています。キリスト教主義による人間教育を実践する名門男子校です。
■関西学院中学部HP→http://www.kwansei.ac.jp/jhs/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月22日 12:47 | 記事ページ

私立中学校レポート(22) 「四天王寺」

2007年06月24日

-----

Shitennoji.JPG 聖徳太子によって建立された四天王寺の境内にある四天王寺中学校・高等学校。時折聞こえる鐘の音の中での学習環境も特徴的です。その中で聖徳太子が説いた「和のご精神」を礎として、信念ある女性の育成をはかっています。
 また、今春から「英数II」「英数I」の2コース制の募集に変更し、さらに徹底した学習指導を行っています。中2への進級時には、学力と希望などを総合的に考慮して、1クラス相当分をIコースからIIコースへの変更も可能になっています。今年の大学進学実績でも「東大・京大・阪大・神大」の合計が103名を出している大阪を代表する進学女子校です。
■四天王寺中学校・高等学校HP→http://www.shitennoji.ed.jp/stnnj/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月24日 10:36 | 記事ページ

まとまった勉強ができる絶好の機会

2007年06月24日

-----

 第2回合否判定テスト・統一実力テストが返却されました。テストを受けながら、君たちが感じた「この単元、復習が足りなかった」「中途半端のまま放置していた」「もっと時間がほしい」「もっと勉強したい」を実現できる場がもうすぐやってきます。7月の「短縮授業期間」と「夏休み」です。この期間の時間を活かせた人が、志望校合格に大きく近づきます。
9月に自分をどこまでもっていくか(どれだけの成績をとるか)を強くイメージしながら、学習を進めていくこと。その際、「学習計画表」を活用することも忘れずに!(「計画表作成」については2/4のブログを参照してください)
文責;藤原

夏期講習会受講申込みの受け付け中です。興味のある方は「受講説明会」「個別相談会」にお越しください。
  6月30日(土) 11:00〜12:30  7月1日(日) 10:30〜12:00

「清風中学校特別訪問会」のご案内(詳細はパシード天王寺校までお問合せください)
◇ 日  時   平成19年7月14日(土) 10時30分〜12時00分
◇ プログラム  学校見学(施設・授業風景)ならびに、清風中学校の先生による学校説明および質疑

Posted by: 天王寺校 日時: 2007年06月24日 16:44 | 記事ページ

私立中学校レポート(23) 「追手門学院大手前」

2007年06月25日

-----

Otemon-otemae.JPG 大阪城の外濠に面した素晴らしい立地と抜群の交通アクセスの追手門学院大手前中学校・高等学校。2008年には学院創立120周年を迎えるとともに、都市型の新校舎も完成予定です。
 「中学課程」は大学受験の礎として、「先取り学習」は原則的には行いませんが、英・数・国は公立中学校の2倍の時間をかけて同じ進度で授業を実施。また、「朝読書25分」に代表される国語力の育成を強化しています。
 「特進・進学」コース体制にして少しずつ成果が現れ始めている、大阪を代表する伝統ある男女共学校です。
■追手門学院大手前中学校・高等学校HP→http://www.otemon-js.ed.jp/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月25日 17:06 | 記事ページ

反応力を高めよう!

2007年06月25日

-----

■単に覚えるだけでなく「つなげる」勉強姿勢を!
 毎回の授業では、確認テストや復習テストを行っています。そのための勉強について、もう一度確認してください。
 これらのテストは、入試合格に向けた『階段』の一段一段です。
 つまり、これらのテストは『ゴール』ではなく『通過点』であるという認識を忘れないで欲しいのです。
 もちろん、これらのテストに合格することは大切ですが、テストを受けて「それで終わり」では決してありません。
 だから、基本的な知識を整理(関連事項も確認)し、基本問題パターンも練習によってきちんと会得し、『使える』ようにしてテストに臨んで欲しいと思います。
 そうすれば、実力テストの結果ももっと良くなっていきます。
 みんなの『成績向上力』をこの夏、しっかり高めて行きます。
=文責:鳴神=
■7月入会生・夏期講習会受講生募集中!
 第一ゼミパシード岸和田校は、灘・甲陽学院・東大寺学園・洛南高校附属・西大和学園・大阪星光学院・四天王寺・清風南海・智辯学園和歌山などの最難関・難関中、清風・大阪女学院・大谷などの有名中学をめざす小2生〜小6生を対象にした指導を行っています。
 学力がグンと伸びる、伸ばせるこの夏、ぜひ、第一ゼミパシード岸和田校の夏期講習会の受講をご検討ください。
 ○受講説明会・テスト
  6月30日(土)14:00〜15:30
  7月 1日(日)10:30〜12:00
 お申し込み・お問い合わせは右上の『お問い合わせ・資料請求』ボタンを押してください。
 みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

Posted by: 岸和田校 日時: 2007年06月25日 22:22 | 記事ページ

私立中学校レポート(24) 「洛南高等学校附属」

2007年06月28日

-----

Rakunan.JPG およそ1200年前に、弘法大師が庶民のための教育の場として創った日本最初の私立学校である綜藝種智院がはじまりと言われる洛南高等学校・附属中学校。「真に思いやりのある芯の強い人づくり」をモットーにして、また、「あたり前のことをあたり前にできるように」を生活指導の基本にして、日々教育実践しています。
 全体の9割が入部しているクラブ活動では、短時間集中で効率的に活動しています。特徴的な行事としては、毎月21日の弘法大師の月命日である「御影供」を実施し、仏教行事の中核としています。
 東寺の敷地内にある、昨春から男女共学校になり、新たなスタートを切った、京都を代表する難関進学校です。
■洛南高等学校・附属中学校HP→http://www.rakunan-h.ed.jp/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月28日 14:38 | 記事ページ

「できる」と信じて

2007年06月28日

-----

■子どもは「必ずできる」と信じて
 保護者の方がお子様を見られるとき、「良いところ」・「悪いところ」のどちらに目が行きますか?
 「ほめる」大切さはわかっていても、おそらく「悪いところ」に目が行って、「勉強しなさい!」・「ちゃんとしなさい!」と苦言を呈されているのが実際のところかと思います。
 特に、中学受験をめざすお子様がいま取り組んでいる課題は、大人でも「難しい」と感じる内容がたくさんあります。しかも、『新学習指導要領』施行以降は、中学受験で求められる学力と小学校で習得すべき学力との乖離が一層大きくなっています。
 ですから、大人の我々が「こんな問題なんでできないの?」と思うことが多々あったとしてもある程度は仕方がないことなのです(大人の我々は小学校で習ったことも、いまの子どもは習っていません)。
 でも、ずっと仕方がないでは済まされません。
 中学入試に合格するためには、いずれ「できる」ようにならないといけません。しかし、一度学習すればできるというものでもありません。「繰り返す」ことが昔以上に必要だとお考えください。
 人間に能力の差はありません。差が出る要因があるとすれば、『環境』です。
 その『環境』作りが、いまの保護者の方に求められているのです。
 我が子は「必ずできる」と信じて!そして、少しでも「できる」ようになったらほめてあげてください!
=文責:鳴神=
■7月入会・夏期講習会受講生募集中!
 第一ゼミパシード岸和田校では、以下の日程で入会(受講)説明会・テストを実施しております。中学受験準備は早ければ早いに越したことはありません。
  6月30日(土)14:00−15:30
  7月 1日(日)10:30−12:00
 この夏、我々はお子様のため、そして保護者の方の『環境』作りのために全力で指導して行きます。 
 説明会では、入試の現状をふまえ、第一ゼミナールとしてめざす中学受験そして夏期の指導内容についてお話しさせていただきます。
 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

Posted by: 岸和田校 日時: 2007年06月28日 19:43 | 記事ページ

私立中学校レポート(25) 「武庫川女子大学附属」

2007年06月30日

-----

Mukogawa.jpg 武庫川のほとりに、関西一と言っても過言ではない充実したキャンパスをもつ武庫川女子大学附属中学校・高等学校があります。「武庫川10年教育」を掲げて、受験のための勉強にとらわれることのない一貫教育の特性を生かすとともに、今年からは、「スーパーサイエンスコース」「スーパーイングリッシュコース「インテリジェンスコース」の3つの特色あるコースを新設し、次代を担う、国際感覚あふれる人材を育成しています。昨年には「スーパーサイエンスハイスクール」の指定を受け、より専門的な教育を実践しています。
 校友会部活動(クラブ活動)もさかんで体育部、文化部ともに全国レベルです。ほとんどが入学してからの指導のみで活躍しています。伝統文化(書道・茶華道)、情報を授業に組み込み、女性として必要な知識等を身につけさせているのも特色です。
 一度、学校に足を運んでみれば、この学校の素晴らしさが体感できる、ますます元気な大学附属女子校です。
■武庫川女子大学附属中学校・高等学校HP→http://www.mukogawa-u.ac.jp/~JHS/

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2007年06月30日 10:40 | 記事ページ


ページの先頭へ