中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 小学算数と受験算数

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

小学算数と受験算数

2007年03月18日

-----

名前こそ同じ「算数」ですが、内容は全くちがいます。ちがう科目と言っても過言ではありません。当然、学習法もちがってきます。“ちがい”を踏まえて学習している人と、そうでない人では結果に大きな差が生じます。今までも繰り返し言ってきました。第一志望校合格に向け、「勝てる」学習への転換を図ってください。
◇宿題
(小学算数)教科書・ノートを見なくてもほとんど独力で解ける。
[受験算数]「なんとなくわかった」のレベルでは、一問も解けない。
⇒1回の授業で新しい解法・知識が全て頭の中に入るはずがない。テキスト・ノートを見ながら、最初は「真似」からとりかかる。また、解説を読んでも、すぐに理解できない問題もあるので、粘り強く読み解く必要がある。
◇確認テスト
(小学算数)少し勉強すれば90点、がんばって勉強すれば100点
[受験算数]がんばって勉強して80点、少しの勉強であれば40点、さぼれば0点
⇒テストに向けて努力することはもちろん重要なこと。もっと重要なことは、テストによって判明した自分の弱点に取り組むこと。解らない問題は一人ではできません。塾の先生に質問すること。しばらくは点数を気にしなくてもいい。
◇実力テスト
[受験算数]平均点30点〜40点。入試を意識して作られたテスト。
⇒確認テスト以上に「自分の弱点・課題」を客観的にとらえるためのもの。長期的に自分の弱点・課題に取り組むこと。学習計画は、塾の先生と一緒に立てましょう。
「受験算数」に取り組む時に「小学算数」の学習方法をあてはめても、効果は上がらず、自信を失ったり、やる気をなくすことがあります。素直にご両親や塾の先生のアドヴァイスを受け入れ、学習方法を転換してください。このような進め方が、君たちが中学校・高等学校に進学した後でも通用する「本来」の学習方法なのです。
もちろん、他の教科についても同様のことが言えます。次回は多治川先生より、「受験型国語学習法」についてメッセージを送ります。
文責;藤原

Posted by 天王寺校 | 日時: 2007年03月18日 20:52


ページの先頭へ