中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > あせらないで

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

あせらないで

2007年03月13日

-----

■保護者懇談会実施中
 新小4生〜新小6生は新学年になって1か月が過ぎましたので、現在懇談会を行い、1か月間の振り返りとこれからの課題についてお話させていただいています。
 すでに懇談会にご出席いただいた方、これからご出席いただく方、お忙しい時期にお時間を作っていただきありがとうございます。
 
 さて、保護者の方にとって、(お子様の)中学受験をはじめて経験される場合、不安でいっぱいだと思います。今回は、特に不安になられる点について、もう一度確認も込めてお伝えしたいと思います。
@算数は一度で理解できない、だから「繰り返す」!
 特に算数は小学校との学習内容の乖離が大きく、お子様の学習がなかなか進まないことも多いかと思います。
 そのために授業があり、ノートがあると思います。
 わからないときは、授業でしたことをもう一度復習してみてください。宿題は授業内容をきちんと理解できれば解けるように出していますが、「わかったつもり」で終わっている場合もあります。
 内容が難しくなればなるほど、一回の学習では「できる」ところまでいきません。だから「繰り返す」ことが必要になります。
 どうしても理解できていないようであれば、教員に質問するよう促してあげてください(自分で言いにくいタイプのお子様なら、事前に保護者の方よりご連絡いただきたいと思います)。
 春期講習会を通して、もう一度復習すべき(重要な)ところは、各教科とも重点的に指導していきますので、そこでまた理解が深まると思います。
A進路について
 新小6生はある程度現実的な範囲での進路を考えなければいけませんが、いまの段階で「ここしか無理」というような発想は、お子様の伸びる芽を摘んでしまいます。
 実際、受験校をある程度絞り込むのは小6の10月以降。いまの段階では、志望校より1ランク・2ランク上くらいをめざしてがんばるくらいがちょうど良いと思います。
 そのレベルに達するためには、どのように勉強すれば良いのか、勉強時間をどう捻出していくのか、考えそして行動していくことが、単に志望校合格だけでなく、中学進学後にも必要な「学習力」です。
 新小4生・新小5生の保護者の方は、お子様と一緒にこの1年いろいろな学校を見に行ってください。そこで「この学校いいな!」ってお子様が感じることができれば、より一層学習意欲がアップします。
B前を向いて
 お子様がそして保護者の方が中学受験を何の苦労もなく終えることは、まず不可能です。その苦労を「お子様がたくましく育っていくためのチャンス」と前向きに捉え、親子ともがんばっていくことが大切です。パシード岸和田校でお子様がいる以上、「中学受験をめざすことができる」ということを忘れないでください。我々はつねにその想いでお子様に接しています。不安なことがあれば、いつでも我々にお尋ねください。

 ここ数日、大学合格の報告をしに来てくれる卒業生が多数います。パシード岸和田校を卒業して6年(浪人した生徒は7年)たちますが、みんな立派になってくれていて、心の底から感動しています。
 彼(彼女)らも、パシードに在籍していたとき、しんどいことを乗り越え、一所懸命がんばって中学へ進学していきました。
 いまお預かりしているお子様も何年か後、彼(彼女)らのように報告に来てくれる日が来ると信じて日々指導にあたっております。

 これからもよろしくお願いします。
=文責:鳴神=

Posted by 岸和田校 | 日時: 2007年03月13日 22:22


ページの先頭へ