中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 2006年11月

パシードブログ

  •  
  •  

« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

小学生、恐るべし

2006年11月07日

-----

 小学生も中学生も子供はみんな「すごい!」と感心するのですが、とくに小学生は本当にすごい!何がすごいのかと言えば、その吸収力です。習ったことはよく覚えるし、興味に思ったことは掘り下げて考え身につける。またその集中力もすさまじい。やり始めたらトコトンやりこむ。その力はいったいどこからくるのだろう、と疑問に思ったりもします。恐らく、たくさんの経験を積んだ大人のほうが集中力や忍耐力がありそうな気がするのですが、逆にその経験が壁になって、子供たちのようにできないのかもしれません。たとえば集中力は2,30分しか続かないことを知ったことで、そのぐらいの時間がたてば自ら集中してしまうことをやめてしまったり。それに比べて子供たちは純粋な気持ちで何事にも取り組むから、いつまでも楽しんで集中しているように思えます。
 生徒たちとともに勉強していて、子供たちに教えられることがたくさんありました。これからも彼らとともに多くのことを学んでいきたいと思います。

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月07日 13:02 | 記事ページ

新校舎開校イベント第2弾!中学受験準備テスト&教育講演会

2006年11月07日

-----

■このテストからはじまる中学受験
 将来、中学受験を考えている小学3年生・4年生の「現時点での学力」と「これからの課題」、そして保護者の皆様に「中学受験のメリット」をお伝えする場が、このイベントです。
 中学受験は「難しく大変だ!」と思われることが多いです。このこと自体、間違えたことではありませんが、「難しく大変」にあえてしている場合が結構あります。
 極力(必要以上に)難しく大変な中学受験にしないためには、準備期間を最低でも2年、できれば3〜5年にすることが求められます。
 長期間の準備のメリットは、スモールステップでじっくりと学習習慣・勉強の仕方を身につけられること。これに尽きます。
 このテスト・講演会が、大変な中学受験ではなく、お子様の将来の可能性を拡げるための積極的な中学受験に向けてのスタートになって欲しいと思います。

■日程(要予約)
 ○11月23日(祝・木) 10時30分〜12時00分
   ☆テスト 〔対象〕 小3・小4  〔科目〕 算数・国語
   ☆教育講演会 〔招聘中学校〕 清風南海学園法人本部長 平岡 正先生
 ○11月26日(日) 10時30分〜12時00分
   ☆テスト 〔対象〕 小3・小4  〔科目〕 算数・国語
   ☆教育講演会 〔招聘中学校〕 智辯学園和歌山中高学校長 藤田 清司先生

■お問い合わせ先 第一ゼミパシード岸和田校(072−430−1151)

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月07日 13:45 | 記事ページ

リトライ(復習)を徹底しよう!

2006年11月08日

-----

■リトライ(最優先学習課題)は必ずやり抜こう!
 小6受験生だけでなく、小5生以下のみなさん、リトライはきちんとできていますか?
  ○新しいことを習った後
  ○テスト(テストの種類は問いません)を受けた後、答案返却された後
  ○実力テスト・入試直前
 このタイミングでリトライをすることが大切です。
 「鉄は熱いうちに打て」という諺(ことわざ)の意味を知っていますか?
 リトライはまさにその諺どおりのことなのです。
■「学習がうまくいかないな」と思ったら、もう一度リトライ!
 いままでやってきたことが本当に自分のものになっていないから、テストで思わしくない成績をとってしまったことありませんか?
 特別なテストはともかく、ほとんどのテストは入試であっても「一度はやったことがあるはず」の問題(テーマ)なのです。だから、過去にしたことをもう一度リトライして、「過去の記憶を鮮明に」しておくことが求められます。
 うまくいかなければ、基本に戻る(過去に学習した問題に戻る)ことが大切です。
 あせってはいけません。きみならできる!
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月08日 09:57 | 記事ページ

スターティングテスト(中学受験準備テスト)のお知らせ

2006年11月08日

-----

現在、中学受験をしてみようかどうか迷っておられる方も多いと思います。
実際に私立中学校の先生からの話を聞き、中学受験について知ることにより、方向性が決まることもあると思います。
中学受験は非常に厳しいものですが、早くから準備することにより厳しさも和らぎます。
もし、迷っているならば話を聞いてみませんか? ぜひお越しください!


日時:11月23日(木・祝)10:30〜12:00 (前日の20:00までに当校へお申し込みください。)
場所:第一ゼミナール寝屋川中央校
対象:小学3年生・小学4年生とその保護者の方
内容:教育講演 (同志社香里中学校:清田先生)
    パシードコース(受験コース)の説明 (寝屋川中央校パシード責任者:岡村)
    お子様には、同時間帯で算数と国語のテストを行います。

お問い合わせ・お申し込みは第一ゼミナール寝屋川中央校までお願いいたします。 
                                   рO72−838−5200 
   

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月08日 22:53 | 記事ページ

時間をうまく使おう!

2006年11月09日

-----

■あれこれ考える前に……
 「何からしようか……」、「遊びたいな」などいろいろ考えているうちに、ムダな時間を過ごしてしまって「結局何もできなかった」ということありませんか?
 そうならないようにするために、何かすることを考える暇があれば、1問でも問題に取りかかるクセをつけましょう(遊びたいと思ったら思い切り遊ぶこともときには大切です)。
 たとえ、それが1日に1問しかできなかっても、1年間でいまよりも365問多く解くことになりますね。やはり「継続は力なり!」です。
 こんな悩みがあるみなさん、今日からはじめてみよう!
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月09日 13:48 | 記事ページ

11/23スターティングテスト(中学受験準備テスト)

2006年11月09日

-----

《11/23 中学受験準備説明会》
  下記スターティングテストと同時間帯に「中学受験準備説明会」を開催します。
    @第一ゼミナールの中学受験専門コース「パシード」の指導について
    A学校説明会(「智辯学園奈良カレッジ中学校」「大阪星光学院中学校」)
       私学の先生が「中学受験生へのアドヴァイス」「求める生徒像」を語ります。

《11/23 スターティングテスト(小3・小4生)》
   来年2月からの新4年生・新小5生指導スタートに向け、現段階での学力レベルを判定します。
  以下の要領で実施いたします。
    [小3生]10:50〜12:00  科目;算数・国語
    [小4生]10:30〜12:00  科目;算数・国語
   公開テストとなっております(塾生以外の方も無料で受験していただけます)
  なお、塾生の方々は、当日通常授業がございます。時間割を変更していますので注意してください  (食事時間を設定しています、ご用意してください)。
         小3 α 国語 12:40〜14:30 小4 α 算数 12:40〜14:30

   


Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月09日 16:18 | 記事ページ

カウントダウン

2006年11月10日

-----

■新校舎での授業開始まであと3日!
 パシード岸和田校でがんばっているみなさん、そしていつかパシード岸和田校で一緒にがんばる日がくるみなさん、第一ゼミ岸和田ビルが11月13日(月)にグランドオープンしますね。
 現在の校舎の授業はもうすぐ最後となります。
 みなさん、向かいに新しい校舎が建設されていくのを毎日見ながら「いつできるのかな?早く新校舎で勉強したいなー!」って思っていましたね。そして完成した校舎を見て「すごい!こんな校舎で勉強できるなんてラッキー!」って感じましたよね。いよいよその日が3日後に控えているのです。
 そんな幸運に恵まれたみなさん、あらためて成績向上・志望校合格そして将来の可能性を拡げるために、心機一転がんばっていきましょう。
■新校舎でともにがんばろう!
 現在、パシード岸和田校では新入会生・冬期講習会受講生を募集しています。
 ○次回の入会説明会・テスト(試験科目:算数・国語)
  11月11日(土)14:00〜
  11月12日(日)10:30〜
  ※この2日間は、現在の校舎(新校舎向かいのビルの2F)で実施いたします。
 お申し込みは、この『パシードホームページ』の右上にある「お問い合わせ・資料請求」ボタンをクリックして必要事項を入力・送信、またはパシード岸和田校まで直接お電話ください(072−430−1151)。

=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月10日 00:28 | 記事ページ

勉強の取り組み方について[小3〜小5のみなさんへ]

2006年11月10日

-----

 最近、とても心配なことがあります。勉強の取組み方が雑になっている人がいる、ということです。 
 再度君たちに質問します。「今の勉強の仕方で納得できる成績を手に入れることができますか?」
各科目の先生から、授業の受け方・宿題の取り組み方など繰り返しアドバイスを受けていることと思います。ほとんどの生徒は「なぜ勉強しているのか」「どのように勉強すればよいか」を口では答えることができます。ただし、大事なことは、実行することなのです。
 以下、勉強する(自分をきたえる)際の心がまえをシリーズにて記します。今から実行のこと。

1.塾の授業を全力で受ける。  
 「また後でも習うからいいか」「今日はダルイな、少し分からない箇所があるけど、今度やろう」など、その時すべきことを後回しにして十分な取り組みができた人はいません。多くのことを後回しにしてできたためしがないことは自覚しているはずです。目の前の課題にその場で取り組むこと。


受験に向けて共に成長し合える仲間になりませんか?興味のある方は「受講説明会」「個別相談会」にお越しください。
     11月11日(土) 11:00〜12:30   11月12日(日) 10:30〜12:00
     11月18日(土) 11:00〜12:30   11月19日(日) 10:30〜12:00

                                                                                                                          校長 藤原 一郎

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月10日 13:22 | 記事ページ

11月23日(祝・木)公開保護者会

2006年11月11日

-----

 小2〜小5
保護者の皆さまへ
                                   
          第一ゼミの中学受験をお話しします――
       中学受験『公開保護者会』のご案内


 秋冷の候、保護者の皆さまにおかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は当塾の指導・運営に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、2007年度の中学入試は教育大附属を含め、いよいよ近畿圏統一日程での実施となり、受験地図が大きく塗り替わります。入試の突破には、確かな実力の養成と、慎重かつ早期からの受験計画の組み立てが、これまで以上に必要となってまいります。
 
 このような入試状況の目まぐるしい変化にいち早く対応し、より一層の指導の充実を図るべく、今年度、第一ゼミナールの中学受験コース「第一ゼミパシード」も大きく模様替えをいたしております。
 
 今回、中学受験をお考えの小2〜小5生の保護者の皆さまを対象に、「第一ゼミパシード」の指導内容や、最新の中学入試情報などをご説明させていただく、『中学受験・公開保護者会』を下記の要領にて開催いたします。
 
 当日は、小3・小4のお子さまを対象とした>『中学受験準備テスト(スターティングテスト)』も同時実施いたしますので、テストとともに多くの皆さまのご参加を賜りますよう、
ご案内申し上げます。

                          記

 1.実施日時       2006年11月23日(木・祝) 午前10時30分〜12時
                       (開場:10時10分)
 2.実施会場        ノバティホール(ノバティ南館)
 3.参加対象        小2〜小5生の保護者の皆さま
                   および 塾生のご紹介の保護者の皆さま
 4.内  容  @中学受験の学習・指導  A最新中学入試情報
          B教育講演会≪清風南海中学・帝塚山泉ヶ丘中学の先生≫ (予定)
   ※内容につきましては、一部変更する場合もあります。あらかじめご了承ください。
   ※参加ご希望の場合は、11月18日(土)までにお電話でお申し込みください。
                              パシード河内長野校0721-50-2630
                              本部事務局(0120-4119-01)

    ★小3・小4対象★
   スターティングテスト

  ●時間割(両学年とも集合時間10時20分)
           算数         国語
   小3    10:40〜11:15  11:25〜12:00
   小4    10:30〜11:10  11:20〜12:00

  ●テスト会場
    パシード河内長野校
  ●保護者会会場
    ノバティホール


Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月11日 20:05 | 記事ページ

勉強の取り組み方についてA[小3〜小5のみなさんへ]

2006年11月11日

-----

 前回に続き、「勉強する(自分をきたえる)際の心がまえ」第2弾です。今回も、大事なことは実行すること、今から実行のこと。

2.宿題→早目に、ていねいに!!    
 宿題はなぜ出されるのでしょうか? 授業を聞いて「分かった」ということ「自分だけの力で解ける」ことは、全くちがうことです。過去、自分自身で納得のできる成績をとり、志望校に合格していった先輩たちは、自分の頭に授業内容をたたき込むつもりで宿題に取り組んでいました。(決して、先生にチェックされるから宿題をしたのではない。)特に受験生は、すぐ解ける・スイスイ解ける問題よりも、頭を抱えながら問題に取り組むことの方が多いと思います。そこで大事なことは、授業ノート・テキストを見ながらねばり強く考え抜くことです。成績を伸ばす(自分をきたえる)せっかくのチャンスを逃さないこと。

[お知らせ]
《11/23 中学受験準備説明会》
  下記スターティングテストと同時間帯に「中学受験準備説明会」を開催します。
    @第一ゼミナールの中学受験専門コース「パシード」の指導について
    A学校説明会(「智辯学園奈良カレッジ中学校」「大阪星光学院中学校」)
       私学の先生が「中学受験生へのアドヴァイス」「求める生徒像」を語ります。

《11/23 スターティングテスト(小3・小4生)》
   来年2月からの新4年生・新小5生指導スタートに向け、現段階での学力レベルを判定します。
  以下の要領で実施いたします。
    [小3生]10:50〜12:00  科目;算数・国語
    [小4生]10:30〜12:00  科目;算数・国語
   公開テストとなっております(塾生以外の方も無料で受験していただけます)

《受講説明会》《個別相談会》
   12月入会および冬期講習受講を希望の方対象の受講説明会・個別相談会を下記日程にて実施いたします。
     11月18日(土) 11:00〜12:30   11月19日(日) 10:30〜12:00
     11月25日(土) 11:00〜12:30   11月26日(日) 10:30〜12:00

 
文責;藤原

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月11日 20:55 | 記事ページ

新校舎での使用教室

2006年11月11日

-----

■初回の授業教室は以下の通りです。
 ○11月13日(月)
  ・小5α1→204教室
  ・小5α2→206教室
  ・小5β →207教室
 ○11月14日(火)
  ・小2PJ→205教室
  ・小4α →204教室
  ・小6α1→203教室
  ・小6α2→206教室
 ○11月15日(水)
  ・小3PJ→205教室
  ・小4β →206教室
  ・小4LU→204教室
  ・小6CU1→203教室
  ・小6CU2→203教室
 ○11月16日(木)
  ・小6α1→203教室
  ・小6α2→206教室
  ・小6β1→205教室
  ・小6β2→204教室
■ファロス→3Fのファロス岸和田校での授業となります。
 17時以降の授業はすべて10分繰り下げとなります。
■自習室
 ○11月13日(月)は終日利用できません。
 ○11月14日(火)より利用できます。
最高の学習環境で成績向上・志望校合格を実現しよう!
=文責:鳴神=
  

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月11日 23:36 | 記事ページ

勉強の取り組み方についてB[小3〜小5のみなさんへ]

2006年11月12日

-----

 「勉強する(自分をきたえる)際の心がまえ」第3弾です。今回も、大事なことは実行すること、今から実行のこと。

3.テストにこだわる→テストの結果は自分の分身    
 誤解されると困るのは、点数さえ取ればよいと言っているではないということ。どんなテストにしろ結果が出ます。その結果のとらえかたとして、「この結果はこの間の自らの取り組み(大げさに言えば“戦い”)の結果である」と考えてもらいたい。もちろん、人それぞれ目標・現時点での状況は異なります。全員に「満点を目指せ」というつもりもありません。ただ、君たちに望むことは「そのテストに向けて精一杯努力できた」と自ら思える準備をしてもらいたい、ということです。なぜなら、受験を間近に控えた受験生にとって、自分を支えてくれるのは“自らの努力”“自ら流した汗”しかないからです。
  
 他にも君たちに伝えたい“思い”は数多くありますが、今まで触れた3点は特に強く思っていることです。 “自分”という人間を客観視し、自分自身を良い方向に導くために覚悟を決めて我々についてきてもらいたいと切望します。


[お知らせ]
《11/23 中学受験準備説明会》
  下記スターティングテストと同時間帯に「中学受験準備説明会」を開催します。
    @第一ゼミナールの中学受験専門コース「パシード」の指導について
    A学校説明会(「智辯学園奈良カレッジ中学校」「大阪星光学院中学校」)
       私学の先生が「中学受験生へのアドヴァイス」「求める生徒像」を語ります。

《11/23 スターティングテスト(小3・小4生)》
   来年2月からの新4年生・新小5生指導スタートに向け、現段階での学力レベルを判定します。
  以下の要領で実施いたします。
    [小3生]10:50〜12:00  科目;算数・国語
    [小4生]10:30〜12:00  科目;算数・国語
   公開テストとなっております(塾生以外の方も無料で受験していただけます)

《受講説明会》《個別相談会》
   12月入会および冬期講習受講を希望の方対象の受講説明会・個別相談会を下記日程にて実施いたします。
     11月18日(土) 11:00〜12:30   11月19日(日) 10:30〜12:00
     11月25日(土) 11:00〜12:30   11月26日(日) 10:30〜12:00

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月12日 09:54 | 記事ページ

現校舎での授業はすべて終了しました

2006年11月12日

-----

■8年間のドラマをふりかえって
 1998年11月、ちょうど8年前に現校舎ができました。それから8年いろいろなドラマがありました。すでに卒業した生徒も第1期生はすでに大学生。早いものです。
 ここで、そのドラマを書いていればきりがないので書きませんが、ここで学んだすべての生徒のみなさんのがんばり、保護者の皆様の本校の指導に対してのご理解とご協力があってこそ、この8年間があったことだけはお伝えしたいと思います。
 また、現校舎のビルオーナーそしてテナントの方、ご近所の方にも多々ご迷惑をおかけしましたが、いままでお世話になりました。
 皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

■そして新しいスタートへ
 この8年間での指導成果に甘んじることなく、第一ゼミナールの教育理念である「1/1の教育」に則り、「目標は志望校合格!目的は社会で活躍できる人づくり!!」を実践する中学受験専門コースであり続けたいと思います。
 一人ひとりが中学受験という大きな目標に向かってがんばることは、決してたやすいことではありません。何度もつらい経験を乗り越え、成長し、そして志望校合格を実現する。将来の可能性を拡げるために、この中学受験に向けての経験はとても大切です。
 将来、つらいことはたくさんあります。でも夢を実現するためには、それを乗り越えていかなければなりません。そんなとき、この中学受験でつらいことを乗り越えた経験が活かされるのです。
 いままで指導してきた卒業生も様々なところで活躍してくれています。我々はこれからも多くの生徒とともに学び、将来の可能性を拡げるために尽力したいと思っています。
 今日、新校舎完成のお祝いに今年卒業した第7期生のある生徒と保護者の方がお花を持ってきてくれました。本当にうれしかったです。
 いままで巣立った生徒、いま学んでいる生徒、そしてこれから学ぶ生徒のみなさんがいつまでも誇りに思える第一ゼミパシード岸和田校にしていきます。
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月12日 18:37 | 記事ページ

新校舎での授業がいよいよスタート

2006年11月13日

-----

■最高の学習環境で学べる日がいよいよやってきました
 今日は小5生の授業がありました。みんな、新校舎を見てびっくりしていました。初日ということもあって、勉強の姿勢もいつも以上に気合いが入っていました。
 新しい仲間も入ってきて、さらに活気があふれたような気がします。
 元気いっぱいの小5生、もうすぐ受験生になりますが、それまでにしっかりと力を蓄えて欲しいと思います。
 また、新校舎グランドオープンにあたり、昨日は卒業生の方から、そして本日は現塾生の方からもきれいなお花をちょうだいしました。本当にありがとうございます。
 明日からは、第一ゼミナール岸和田校の授業も開始され、第一ゼミ岸和田ビルはたくさんの生徒が学ぶことになります。
 いまから楽しみです。
■新校舎でともにがんばろう!
 本日移転作業のため電話回線が一時不通になっていましたが、復旧後から多くの方より中学受験準備(スターティング)テストhttp://www.passeed.net/news/20061103.htmlのお申込みをいただきました。
 これからのパシード岸和田校の受講説明会・テストの日程をご案内いたします。対象学年は小2〜小5、試験科目は算数・国語です。
  ○11月18日(土) 14:00〜
  ○11月19日(日) 10:30〜
  ○11月23日(木・祝)10:30〜
    ※小3・小4生は中学受験準備(スターティング)テストとなります。
  ○11月25日(土) 14:00〜
  ○11月26日(日) 10:30〜
    ※小3・小4生は中学受験準備(スターティング)テストとなります。
 お申し込み・お問い合わせは、本校まで直接お電話(TEL:072−430−1151)または、右上の「お問い合わせ・資料請求」ボタンよりお願いします。
 みなさんのお越しを教職員一同、心よりお待ち申し上げております。
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月13日 23:22 | 記事ページ

学習の仕方について

2006年11月13日

-----

 現在の学年も佳境を迎える時期になってきました。ここで、もう一度学習の仕方について3点確認したいと思います。
 @ 授業が終わった日には、最低でも30分はリトライをする。
 A 宿題は、少しずつ「毎日」する。
 B 間違えた問題は、最低3回は繰り返し行う。

 まず@のリトライですが、算数では、「テストのリトライ・例題の解きなおし」になりますね。国語では、「漢字テストのリトライ・授業で学習した文章の音読」ですね。理科・社会では、「学習した単元の音読」ですね。
 次にAの「毎日」ですが、まとめて宿題をしようとすると、「嫌」になるのは当然のことです。「塵も積もれば山となる」ということわざがあるように、毎日コツコツと行うことが大切です。
 最後にBですが、一番大切なことです。宿題を「やりっぱなし」では、まったく意味がありません。「間違い」とは、自分自身の足りない部分を教えてくれる最高の問題です。ですから、この部分を大切にしないと成績向上は望めません。だから、最低3回のリトライが必要になります。

上記の3点は君たちにとって中学受験をするから必要なことではありません。君たちは中学受験という一つの大きなハードルを乗り越えた後も、「学習」は続きますよね。その際に君たちの大きな力となる部分になりますから、是非この機会に、自分自身の学習を振り返ってみて下さい。

〔お知らせ〕
 ≪中学受験準備(スターティング)テスト&中学受験準備説明会≫
   「スターティングテスト」と同時間帯に「中学準備説明会」を開催します。
   ☆このテストでは将来、中学受験を考えられている小学3年生・4年生の「現時点で
の学力」と「これからの課題」を判定するテストになります。
    
   ☆「中学受験準備説明会」では、保護者の皆様に
     @第一ゼミナールの中学受験専門コース「パシード」の指導について
     A教育講演会 〔招聘中学校〕 清風南海学園中学校・高等学校 葛城一彦先生
     をご用意しています。
 ■ 日程
     ○11月23日(祝・木)  10時〜12時
      ☆テスト 〔対象〕  小3・小4     〔科目〕算数・国語
      ☆会場    パシード光明池本部校
   
    

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月13日 23:35 | 記事ページ

自分で考え抜く習慣を身につけよう!

2006年11月15日

-----

■「わからない」という前に……
 問題を解いていて「わからない」とき、みなさんどうしていますか?
  @わかるまで考え抜く
  Aしばらく考えてみて、わからなければ「ノート」・「テキストの説明」・「問題の解説」をヒントにして、まずは理解する
  B質問する
  Cあきらめる
のどれでしょうか?
■理想は@、でも時間は限られています……
 お勧めはAです。もちろんBも大切ですが、何でもかんでも質問しているようでは「自分で考え抜く習慣」を身につけることは難しいですね。
 前提として、みなさんはその問題の基本となる考え方は授業で学習しているわけです。問題を解くということは、その使い方を身につけることが目的ですから、自分で答えを導くことが大切なのです。だから、「わからない」ときは、ヒントを活用すればよいのです。そのヒントから思い出す(できれば授業の光景まで)ことができれば、その問題を解く以上に復習できることもあるのです。
 質問はそれからです。
 テストは、いまの自分の力をフル活用して取りかかるものです。質問そのものは決して悪いことでなく、とてもすばらしいものですが、その前に自分の力で解決しようとする姿勢も身につけてほしいものです。
 特に気になるのは一問解けなくてそれをずっと考え込んでいる人。それはとても大切なことですが、入試は時間との戦いです。できることをまず片付けて残りの時間をそれに充てるようにしてください。そのクセをつけておかないと本番で「時間配分」を誤ってしまいます。
 中学受験をめざして学習する以上、進学しても通用する学習姿勢を身につけていきましょう。
 少しずつでもいいから、「わからない」と思ったら、「A→(B→)もう一度自分で解く」習慣を身につけてくださいね。
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月15日 02:29 | 記事ページ

体調管理をしっかりと!

2006年11月15日

-----

最近、夜になると寒くなりましたね。授業をしていると風邪による欠席者が目立ちます。外出し、家に帰ったあとは、うがいと手洗いをしっかりしましょう。
授業は毎回新しいことを学習します。休んだ場合、遅れを取り戻すために自習室を利用したり、質問に来たりと、みんなの頑張る姿を見ていて頼もしく思う反面、新しいことも覚えなくてはいけないので、かわいそうになります。特に受験生はこれからが勝負です。
ただし体調が少しでも悪いと思ったら、無理をしないでください。無理をすると1日で直っていたはずが1週間かかるなど、直るまでに時間がかかることもよくありますからね。

寝屋川中央校:岡村

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月15日 13:31 | 記事ページ

成功体験を積み重ねよう!

2006年11月16日

-----

■毎回の小テスト合格、その積み重ねが……
 成績向上そして志望校合格、それがみなさんの目標ですね。入試に合格する人は、小さな成功体験を積み重ねて「自信」をつけた人です。
 入試問題はいままでに学習したことが土台となっています。だから、いままでに学習したことをきちんと自分のものにできていれば、入試に合格できるはずです。
 しかしながら、すべての小テストに合格することはなかなか難しい。うまくいくときもあれば、うまくいかないときもあります。
 大切なことは「うまくいくとき」ってどのような勉強(生活)をしたときなのかを覚えておくことです。それをうまくいかなかったときに思い出してほしい。
 自分の成功パターンをきちんと見つけることができれば、毎日の学習に弾みがつき、毎回の小テストにも合格でき、実力テストの成績はアップ、そして志望校に合格し新しいスタートを切れるのです。
 まずは、少しずつでも「うまくいく」経験を積んでいこう!
☆次回の公開受講説明会・テストのご案内(対象:小2〜小5)☆
  ○11月18日(土)14:00〜
  ○11月19日(日)10:30〜
 みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月16日 03:05 | 記事ページ

「百里をいくものは....」

2006年11月16日

-----

〈小6生へ〉
「百里を行くものは九十里を半ばとす」 中国『戦国策』より
言葉の意味が解りますか? 入試を控えた君たちに是非とも考えてもらいたい言葉です。志(こころざし)を達成するために先人の知恵に学ぶことも大切です。
話は変わりますが、最近君たちに繰り返し「うがい・手洗いの励行」「夜型生活からの転換」を訴えています。どうですか?実行できていますか?これも先生たちの今までの経験から生まれたアドヴァイスです。素直に実行してください(小6生が風邪をひいても誰も同情してくれません)。

〈小3〜小5生へ〉
重要単元が「目白押し」の2学期も半分以上がすぎました。自分の思うような毎日になっていますか。
授業でも伝えている「成績向上」の鉄則の確認です。
  @丁寧に取り組む(雑な勉強を絶対にしない)。
    →授業間際にやっつけ宿題をしない。解答解説は問題を見ながら、熟考する。
  Aきっちりと問題にあたる(中途半端は絶対ダメ)
→10問をあいまいに解くより、5問を理解する方が力がつく。

目標達成に向け、共にがんばっていこう。              


[お知らせ]
《11/23 中学受験準備説明会》
  下記スターティングテストと同時間帯に「中学受験準備説明会」を開催します。
    @第一ゼミナールの中学受験専門コース「パシード」の指導について
    A学校説明会(「智辯学園奈良カレッジ中学校」「大阪星光学院中学校」)
       私学の先生が「中学受験生へのアドヴァイス」「求める生徒像」を語ります。

《11/23 スターティングテスト(小3・小4生)》
   来年2月からの新4年生・新小5生指導スタートに向け、現段階での学力レベルを判定します。
  以下の要領で実施いたします。
    [小3生]10:50〜12:00  科目;算数・国語
    [小4生]10:30〜12:00  科目;算数・国語
   公開テストとなっております(塾生以外の方も無料で受験していただけます)

《受講説明会》《個別相談会》
   12月入会および冬期講習受講を希望の方対象の受講説明会・個別相談会を下記日程にて実施いたします。
     11月18日(土) 11:00〜12:30   11月19日(日) 10:30〜12:00
     11月25日(土) 11:00〜12:30   11月26日(日) 10:30〜12:00


文責;藤原

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月16日 22:38 | 記事ページ

昨日よりも今日

2006年11月17日

-----

■昨日よりもパワーアップしていますか?
 昨日できなかったことが今日できるようになる……、成長ってそんなことかなと思います。誰だって失敗はあるし……。
 しかし、同じ失敗を繰り返す人と、その失敗から「何か」を得て一歩前に進む人に分かれます。きみはどちらの人になりたいですか?
 失敗してしまったことを変えることはできませんが、その後は人それぞれなのです。
 「失敗は成功のもと」と言いますが、それは「何か」を得て「変わる」ことができた人のためにあることば。きみたちにとっての失敗は成功への道筋の途上であってほしい。
 先生だっていっぱい失敗してきました。だから、いまがあると思います。
 きみたちも同じこと。
 パシードで少しずつ成長していこう。受験勉強も成長するための重要な糧です。
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月17日 01:15 | 記事ページ

土曜日の活用(小5生以下のみなさんへ)

2006年11月18日

-----

■土曜日の朝を有効に 
 学校が休みだからといって、ゆっくりしようと朝寝坊していませんか?朝から勉強すれば土曜日はかなりの勉強時間が確保できるはずです。
 1日あたりの学習時間(学校の宿題はのぞく)の目安は
  ○小2→30分
  ○小3→1時間
  ○小4→1時間30分〜2時間
  ○小5→2時間〜3時間
です。たとえば、小5生が1日3時間学習するとすれば、3時間×7日=21時間の学習時間が必要です。でも、月・水・金は1時間ずつが精一杯ですね。それで残り18時間をどう割り振るかを考えて見ましょう。
  火・木→3時間×2=6時間
  残り12時間を土・日に割り振るとすれば、土・日は6時間ずつ勉強する必要があることがわかります。土・日は学校が休みですのでこれくらいの時間は学習することは可能だと思いますがどうでしょうか?
 小6生になれば、土・日も塾の授業があることがほとんどですから、塾のある日は2時間、塾のない平日は4時間くらいの学習をしてもらいたいと思います。
 いまから、きちんとした学習習慣の確立と時間の確保(もちろん中身も)が成績向上・志望校合格のためには必要なことです。
 今日は土曜日、みなさん有効活用してください。
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月18日 01:05 | 記事ページ

お互いの良いところを学ぼう

2006年11月19日

-----

■中学受験・高校受験・大学受験であってもめざすものは同じ
 今日(このブログを書いているのは日曜日になっていますが)、1Fの第一ゼミナール岸和田校の土曜日「やる気スクール(自主勉強会)」の様子を見る機会がありました。
 第一ゼミナールに通っている生徒は高校受験をめざす子供たちです。でも、その「やる気スクール」に来ているのは小学生です。すごいと思いませんか?
 高校受験をめざす小学生(受験まであと4年以上)が、学校のない土曜日の朝から真剣に集中して学習する姿を見ていると、パシードに通うみなさんは「まだまだ」やれるのではないのでしょうか?
 決してみなさんが一所懸命でないと言っているわけではありませんが、真剣さや集中力については、「もっともっと」持ってほしいと思います。特に小6生は入試まであと2か月あまり。1分1秒の「重み」は他の学年の生徒とは比べ物にならないくらい「重たい」ものです。
 入試の合否はそのときの出来不出来で決まりますが、みんなには後悔してほしくない。先生は心からそう思っています。「もしあのときこれだけがんばっていたら……。」入試に「もし」はありません。その答案に書かれた答えだけがみなさんの「実力」として判断される厳しい試練なのです。
 その入試に立ち向かおうとしているきみたちが、いまやれることは何でしょうか?
 「その勉強で志望校に合格できますか?」
 一昨日のブログに書いたように「昨日より今日の自分がレベルアップしていますか?」
 知識があっても答案に示せなかったら実力ではありません。とにかく「アウトプット」できるようにラストスパートをかけていこう!
■早いうちからの受験準備の重要性
 第一ゼミナール岸和田校の小学生は受験まであと4年以上(この時期なら3年半)かけてトップ高校をめざしていくのです。それを中学受験に置き換えると小2・小3くらいから受験に向けた学習をスタートしていることになります。
 パシード岸和田校の小2生・小3生も増えてきました。これは時代の流れかもしれません。
 このブログをお読みの低学年の保護者のみなさま、出来る限り早く我々にお子様の中学受験に向けた準備のお手伝いをさせていただきたく思います。
 公開受講説明会・テストは土曜日14:00〜・日曜日と祝日は10:30〜実施しています。
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月19日 02:44 | 記事ページ

テストの活かし方....

2006年11月19日

-----

 校外テスト・塾内テスト・小テストの結果をどのように見ていますか?
点数にこだわることはもちろん大切です。しかし、テストを受験する最大の目的は、今までの学習における「理解度」はもちろん、「自覚できなかった弱点」を浮き彫りにする、という点にあるのです(いつも言っているよね)。
 もしテストで間違っていた問題が入試で出題されたら…と考えてみてください。君たちのすべきことは、目の前にある間違えた問題のやり直し(リトライ)に一つ一つ丁寧に取り組み、次回のテストに活かすことです。当然、このことは、受験学年以外のみなさんにもいえることなので頭の中に入れておいてください。

最後に、受験生のみなさん
 入試まであと約2ヶ月となりました。健康管理をしっかりして、志望校合格に向けて先生と一緒にがんばっていきましょう!!


[お知らせ]
《11/23 中学受験準備説明会》
  下記スターティングテストと同時間帯に「中学受験準備説明会」を開催します。
    @第一ゼミナールの中学受験専門コース「パシード」の指導について
    A学校説明会(「智辯学園奈良カレッジ中学校」「大阪星光学院中学校」)
       私学の先生が「中学受験生へのアドヴァイス」「求める生徒像」を語ります。

《11/23 スターティングテスト(小3・小4生)》
   来年2月からの新4年生・新小5生指導スタートに向け、現段階での学力レベルを判定します。
  以下の要領で実施いたします。
    [小3生]10:50〜12:00  科目;算数・国語
    [小4生]10:30〜12:00  科目;算数・国語
   公開テストとなっております(塾生以外の方も無料で受験していただけます)

《受講説明会》《個別相談会》
   12月入会および冬期講習受講を希望の方対象の受講説明会・個別相談会を下記日程にて実施いたします。
     11月25日(土) 11:00〜12:30   11月26日(日) 10:30〜12:00
     12月 2日(土) 11:00〜12:30   12月 3日(日) 10:30〜12:00

文責;多治川


Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月19日 21:51 | 記事ページ

これから冬に向けて

2006年11月20日

-----

■テスト結果で一喜一憂する前に
 11月はテストがたくさんあって、大変忙しい時期ですね。すべて良い結果を出せた人、良かったり悪かったり、すべて思わしくなかったり……。
 もちろんテスト結果は気になるところですが、大切なことは「そこから何を得て、これからどうするのかを考え、自分の学習姿勢を改善すること」です。11月のテストは「冬もしっかり勉強がんばれよ!」というメッセージ(みなさんの学習課題を提示してくれていますね)なのかもしれません。
 先日「自分の成功パターンを作ろう」という話を書きましたが、今日も同じことをみなさんに伝えたいと思います。
 うまくいっているときは、必ずと言っていいほど、やるべきことをきちんとしているはずなのです。
 それをきちんと継続できれば成績は上がるし、しなければ下がるということです。
 ある意味平等ですね。
 今日ある生徒のノートをじっくり見て、あらためて成績が抜群に伸びている理由が「きちんと学習しているから」ということを実感しました。
 「学問に王道なし」です。しっかりがんばってください!

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月20日 04:18 | 記事ページ

一歩ずつ

2006年11月21日

-----

■実力を発揮できないのは「あせり」
 昨日のブログにも書きましたが、成績を伸ばすためには「やることをきちんとやること」です。あれもこれもしないといけないけれど、「どれからしよう」といろいろ考えているうちに「できないどうしよう」とあせって何も出来ないのが一番ダメなことです。
 昨日の授業のリトライはできましたか?
 この前の模試のリトライは完璧ですか?
 赤本で絶対出来ないといけない問題は完璧に「なぜそうなるのか」説明できるレベルまで理解してとけるようになりましたか?
 いままでやってきた問題で「もう一度リトライしておいた方がいいかな」と思う問題をきちんとリトライしていますか?
 あせる前にリトライ。みんなここまでがんばってきたのだから、やり方を間違えなければ必ず本来の実力を発揮できるようになるのです。
 すぐに効果は見えなくても、日々の継続で一気に効果が現れます。そこまで我慢できるかどうか、それはみんなの夢を叶えたいと思う気持ちがどれだけ強いかにかかっています。
 簡単に手に入れる夢なんてうれしくないでしょう。苦労して勝ち取ったからこそうれしいのです。負けるな!
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月21日 00:28 | 記事ページ

中学受験準備(スターティング)テストに参加されるみなさんへ

2006年11月22日

-----

■人の多さに圧倒されないようにね
 いよいよ明日23日(木・祝)は中学受験準備(スターティング)テストですね。北は堺市(26日は大阪市内の方のご予約もあります)から、南は和歌山市までと非常に広範な地域から多くの受験生がパシード岸和田校に集ってくれます。
 テスト慣れしていない人は、人数の多さに圧倒されるかもしれません。
 でも、入試では1000名近くの受験生が集まるところもあります。人の多さに圧倒されないように、いまから『テスト慣れ』することも、このテストの大きな目的の一つです。
■テストは落ち着いて取り組もう
 はじめて『実力テスト』を受験する人もいると思うので、『テストの受け方』について基本的なことを確認したいと思います。参考にしてくださいね。
 〔テスト前日〕
  @持ち物を確認しましょう。今回は筆記用具だけでかまいません(受験票は受験教室でお渡しします)。
   ・鉛筆はきちんとけずったものを最低5本は用意してください。
   ・消しゴム・定規も忘れないようにしましょう。
   ・下じきは使えません。
  A当日何時に起きるのかをきちんと確認して早めに就寝しましょう。
 〔テスト当日〕
  @会場に着いたら、係の先生の指示に従って各自の受験教室に入室して受付をすませてください。
  Aトイレに行きたい場合は、テスト開始までに行くようにしてください。
  Bトイレ以外は受験教室を出ないようにしましょう。静かにテストの準備をしておきましょう。
 〔テストが始まったら〕
  @必要事項(氏名等)をまず記入しましょう。
  A問題はどこからどこまでかを確認して、できる問題からとりかかりましょう。
  B解答は「解答用紙」に必ず記入してください。解答する場所をまちがえたり、問題用紙に解いた答えを解答用紙に転記するときに写しまちがえたりしないようにしましょう。
  C問題に関しての質問は一切答えられません。ただし、印刷が不鮮明なときは、静かに挙手してテスト監督の先生の指示に従ってください。
  D「やめ」の合図で鉛筆を置いてください。
  E不正行為は全科目0点となります。試験に関しては「あやしい行為」はすべて不正行為とみなされます。キョロキョロしたりしないように。
■保護者の皆様へ
 パシード岸和田校では当日多くの生徒・保護者の皆様がお越しになるにあたり、万全の準備をしております。当日ご不明な点等がございましたらご遠慮なく係の者にお尋ねください。
 また、お車でお越しの場合は、事前にご連絡したとおり南海岸和田駅の駐車場をご利用ください(実費負担)。また、送迎の際に会場前で長時間駐停車されると道路渋滞の原因や周辺住民の方へのご迷惑となりますので、時差送迎にご協力ください。
 それでは、当日お待ち申し上げております。
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月22日 02:58 | 記事ページ

福の神コース

2006年11月23日

-----

■いまのがんばりは、将来の「自分のため」そして「世の中のため」に
 今日はいよいよ中学受験準備テストと教育講演会です。パシード岸和田校には清風南海学園法人本部長の平岡 正先生にご講演をお願いしています。私自身も先生のご講演を楽しみにしております。
 非常にたくさんの方にお申込をいただき、直前にお申込の方には教育講演会の参加をお断りしなければいけないという、申し訳ない状況になっております。26日の講演会も含め、今後もこのような機会を多く設けて行きたいと思っておりますので、ぜひ次回以降はご参加いただければと思います。
 さて、清風南海学園・清風学園では「福の神コース」を進んでいくように指導されています。私自身は清風学園出身で学父平岡 宕峯先生、清風南海学園・清風学園現理事長の平岡 英信先生から朝礼の訓話等で教えを受けました。
 「福の神コース」は自利利他の精神を言い換えたものです。
 もっと簡単に言えば、いまのがんばりは自分自身のためそして世の中のために役立つ人間になるためのものです。
 先生もみなさんも一人の力では生きていけません。誰かに支えられ、いろいろなものに支えられ生きているのです。だから、自身も周りの人を支えていかなければなりません。そのためには自分自身に力がなければダメですよね。
 少々の困難に負けていてはいけません。すべてはきみたちの輝く未来のための試練なのです。
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月23日 04:19 | 記事ページ

中学受験準備テスト・教育講演会ご参加の御礼

2006年11月24日

-----

■多くの方のご参加ありがとうございました
 あいにくの天気の中、本日パシード岸和田校での中学準備テスト・教育講演会に多数のご参加をいただき、教職員一同、心より御礼申し上げます。
 これだけ多くの方のご参加は、皆様の第一ゼミパシードそして本校へのご期待と受け止め、よりいっそうの指導の充実と、その結果として「目標は志望校合格」すなわち合格実績の向上、「目的は社会で活躍できる人づくり!」を実践していくための中学受験指導を推進していかなければならないと決意を新たにいたしました。
 多くの方のご参加で、我々の当日の対応について不行き届きの点があったかと思いますが、何卒お許しください。
 26日もまた多くの方のご予約をちょうだいしております。
 これからも、第一ゼミパシード岸和田校をよろしくお願い申し上げます。今日お越しいただいたお子様とともに学習できる日が来るのを楽しみにしております。
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月24日 01:14 | 記事ページ

勘を鈍らせないように

2006年11月24日

-----

■せっかくできたのに
 実力テストで習ってかなりたったもので「結構自分はできたのに……」という内容でミスをしてしまう例はよくあることです。
 理由は簡単。「勘が鈍っているから」です。
 やっぱり繰り返しが大事です。
 特にテスト前はテキストを見直すだけでもかなり思い出せますよ。
 明後日は小6生は最後の五ツ木駸々堂テストですね。このテストがよければ入試に合格できるというわけではありませんが、できないよりできたほうがいいし、「これなら受かる!」と思える成績をとれるほうがなおいいと思います。
 テスト前にもう一度見直し。忘れたことを思い出せたことだけでも自信を持ってテストに臨めるはずですよ。
 小5生の皆さんも今回受験しますね。夏前よりもいい成績をとれるように、前述のことを参考にしてみてください。
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月24日 23:36 | 記事ページ

11月23日(祝) 中学受験準備テスト・保護者会を終えて

2006年11月25日

-----

 ■多数のご参加ありがとうございました。
 11月23日(祝)の第一ゼミパシードのイベントの1つである『中学準備テスト・教育講演会・保護者会』へ多数ご参加いただき、まことにありがとうございました。また、何かと不行き届きの点があったとは思いますが、何卒お許しください。
 今回の『中学準備テスト・教育講演会・保護者会』にこれだけ多くの方々に参加していただけたことは大変うれしく思う反面、我々の指導をより充実させていかなければならないという気持ちが、より強く感じた一日でもありました。
 小3生・小4生のお子様の大半は今回のテストを難しく感じられたと思います。結果が返却された時には、点数に一喜一憂するのでなく、『出来た問題・できなかった問題』を、しっかりと、今後に活かせて欲しいと思います。
 真剣になる生徒がいて、それに負けない指導者のいる第一ゼミパシード光明池本部校を今後ともよろしくお願いいたします。共に学習できる日を、教員一同楽しみにしています。 

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月25日 11:09 | 記事ページ

せっかく志したのだから

2006年11月25日

-----

絶対に勝とう!

 「勝負」には文字通り勝ち・負けがあります。受験にも合格・不合格があります。しかし、中学受験に自らの意志で取組んでいる君たちは“勝たないといけません”。「負けて得るものがある」は、もう少し年令(経験)を重ねた人たちの論理です
 受験勉強を始めた頃の自分の気持ちを思い出してください。行きたい(進学したい)学校と出会えた時の高揚した気持ち思い出してください。今必要なのはその気持ちです。受験が近づくと誰しも不安になります。ついつい弱気がでてきます。ただ、それは「君がしっかりと取組めている証し」なのです。

夏休みに君たちに想いを込めて言いました。
『もしあなたが負けると考えるなら、あなたは負ける。もしあなたがもう駄目だと考えるなら、あなたは駄目になる。勝ちたいと思う心の片隅で無理だと考えるなら、あなたは失敗する。世の中を見よ。最後まで成功を願い続けた人が成功しているではないか。すべては人の心が決めるのだ。向上したい、自信を持ちたい、いつもそう願うなら、あなたはその通りの人間になる。さあ、出発だ。強い人が勝つとは限らない。すばらしい人が勝つとは限らない。私は勝つ、私は出来る、と考えた人が結局は勝つのだ』
 気持ちを強く持ち、残り56日共に全力を尽くそう。

11/23(祝)実施の「中学受験準備説明会」「中学受験準備テスト」への多数のご参加ありがとうございました。悪天候の中、多くの保護者の方々の熱意を感じ、あらためて我々の責任の大きさを痛感いたしました。今後も研鑽を積み、生徒・保護者の皆さまの期待に応えられるよう努めていきたい存じます。
文責;藤原 

受験に向けて共に成長し合える仲間になりませんか?興味のある方は「受講説明会」「個別相談会」にお越しください。
  12月 2日(土) 11:00〜12:30   12月 3日(日) 10:30〜12:00
  12月 9日(土) 11:00〜12:30   12月10日(日) 10:30〜12:00


Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月25日 11:59 | 記事ページ

ありがとうございました。

2006年11月25日

-----

中学受験準備テスト・教育講演に多数の方がご参加いただきました。心よりお礼申し上げます。
生徒にテストがどうだったかと聞くと、「難しい問題が多かった。」「楽しかった。」などいろいろな感想がでできました。
その中で、わからないことが悔しくてテスト中に泣き出してしまう生徒がいました。テストで泣いてしまうなんて初めての経験だったかもしれません。しかし、わからないことが悔しくて泣いてしまう。それは大切だと思います。
今まで多くの受験生を見てきましたが、受験をするにあたって「負けず嫌い」も最後に勝つための大きな要素の1つだと思います。

寝屋川中央校 岡村敏秀

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月25日 15:38 | 記事ページ

これからが正念場

2006年11月25日

-----

 中学入試では、「この中学に絶対に合格したい!」という気持ちが合格に結びつきます。それはなぜかといえば、合格したい中学の問題はものすごい集中力で真剣に解くだろうし、記憶にも残ります。そうすれば、その中学の傾向に自分の学力がついてくる。だから合格の可能性が高くなるのだとわたしは考えています。
 中学入試では、合否判定がDやEでも合格することがあります。それは上記のような理由だと思います。だから最後まであきらめてはいけないのです。
 ただ、この時期は入試に対する不安も最高潮になってくる時期でもあります。とくに模擬テストの判定が芳しくなかったりすると自信を失ったりしてしまいます。でも「絶対に合格したい」という気持ちさえあれば、そして、その気持ちを勉強に表していれば、努力は報われるようになっていると信じています。
 さぁ、これからが正念場です。最後まで勉強に対する情熱を失わず、あきらめないで踏ん張り、やれることはすべてやってみてください。そして入試当日には晴れ晴れとした気持ちで臨めるように力の限りを尽くしてください。結果は自然とついてきます。
 

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月25日 22:20 | 記事ページ

パシード岸和田校新校舎です

2006年11月26日

-----

パシード岸和田校新校舎です


■いよいよ本日中学受験準備テスト・教育講演会第2弾
 画像がアップできるようになったので、新校舎の夜の外観を載せてみました。とっても美しいでしょう。
 このような校舎で指導できるのは本当に幸せだなと思っています。
 学んでいるみなさんも同じ思いだと思いますがどうでしょうか?
 今日は、智辯学園和歌山中高等学校の藤田 清司校長先生にお越しいただいて教育講演会と中学受験準備テスト第2弾を実施いたします。
 本日も多くの方にお越しいただく予定となっています。お気をつけてお越しください。
■パシード岸和田校冬期講習会受講生募集中
 この新校舎で学びたいというお声をたくさんいただき、我々はとてもうれしく思っております。
 募集定員もありますので、12月より入会、冬期講習会を受講したいとお考えの方は、できる限りお早めに本校の受講テスト・説明会にご参加ください。
 テスト・説明会は……
 ○土曜日→14:00〜15:30
 ○日曜日→10:30〜12:00
で実施しております。各学年とも定員になり次第、受付を終了いたします。
 お問い合わせ・お申し込みは本校までお電話(рO72−430−1151)または、このページの右上にある「お問い合わせ・資料請求」ボタンより必要事項を入力してください。
 みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。
=文責:鳴神=


Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月26日 00:00 | 記事ページ

本日もありがとうございました

2006年11月26日

-----

■智辯学園和歌山の講演会も好評でした
 23日の清風南海・26日の智辯学園和歌山とも非常に盛況だった中学受験準備講演会。多くのみなさまのご参加、まことにありがとうございました。
 きょうのテストの結果は23日受験者よりは少し遅い返却となりますが、本校の受講基準を達成された折には、ぜひ一緒に学ばせていただきたいと思います。
 今日も受講手続にお越しいただいた方もいらっしゃり、少しずつ冬期講習会の受講枠も埋まりつつあります。そろそろ12月に入りますが、冬期講習会の受講お申し込みはお早めにお願いします。
■小5生・小6生へ
 五ツ木・駸々堂テスト、お疲れ様でした。リトライはきちんと終えましたか?小6生はαコース生は合不合判定テストがもう1回ありますが、βコース生は次のテストは入試本番ですね。
 結果が判明したときから最終受験校を決定しますが、「客観的な成績」と「きみたちの合格したい(という)本気度」を見て、保護者の方と詰めて行きたいと思います。まだ、入試まで期間はあります。どこまでここからピッチを上げて、入試のときに最高潮に持っていけるかが課題ですね。
 また、小5生のみなさん、出来はどうでしたか?いまは結果を気にするよりも、自分の実力をきちんと出せたかどうかを重視してください。テストで緊張して、思うように解けなかったということもあると思います。どんな状態でも実力が発揮できる「強さ」もこれから身につけていく大きな課題です。
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月26日 23:39 | 記事ページ

低学年のみなさんへ

2006年11月27日

-----

■毎日少しでもいいから机に座って集中した学習を!
 小2生・小3生のみなさん、勉強がんばっていますか?まだまだみなさんの中には「受験」というものがどれくらい具体的なものか浮かんでいないのが現実だと思います。
 受験はさておき、「学ぶこと」・「新しいことを発見しようとすること」そしてそれらが楽しいと思えること、これが一番大切なことだと思います。
 これからきみたちが大きくなっていくにあたり、いろいろなことを経験すると思います。そのときに、「知っていること」が多い、「知ろうとする姿勢を持つこと」ができる人になってほしいですね。
 いま勉強しているのは「知識」を身につけていくためのものであり、それを使って考えることで「問題解決力」を身につけていくことができるのです。
 ただ、知識を身につける(計算練習・漢字や語句を覚えるなど)、問題を考えるためには「集中力」がいります。たとえ30分でも一心不乱に勉強する姿勢をいまから身につけてください。
 高学年になって学習内容が多く、また難しくなったときに「集中力」の有無は「対応力」の有無といっても過言ではありません。
 毎日コツコツと集中して勉強して、習い事も遊びも一生懸命しましょう。
 難しいことばはお母さんと一緒に辞書を引いて調べてみよう。では!
=文責:鳴神=

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月27日 23:40 | 記事ページ

冬休みには、自分で計画を立てて学習しましょう

2006年11月28日

-----

■冬休みには、自分で計画を立てて学習しましょう!
 小3生・小4生のみなさん、勉強を楽しんでやっていますか。中には,少し楽しくないと思っている人もいるのではないでしょうか。勉強は、とても面白く楽しいものです。
 楽しくないと思っている人は、少し考えてみてください。親に言われてようやく取り組んでいませんか。その日の気分に左右されるなど、行き当たりばったりということないでしょうか。
 どのようにすれば、面白く楽しく思えるようになるのでしょうか。
 はじめに、勉強に対する考え方を見直すことです。そのためには、「自分から勉強に取り組むこと」です。高学年になるにしたがって、「周りの人から言われることなく、自ら勉強に取り組む」姿勢がとても大事です。
 自分から学習する姿勢があれば、次々と考えること調べることが出てきて、それだけ勉強に対して面白く楽しく、前向きに取り組むことができます。
 自分で、「ここをわかるようにしよう」など目標を持ち、それを実現させるために計画を立て、自発的に実行していくことが大事です。この冬休みには、「目標→計画→実行」を意識して過ごしてみてください。
 最後に、風邪に負けないで、がんばってください。応援していますよ!
=文責:尾城=
 受験に向けて共に成長し合える仲間になりませんか?興味のある方は「受講説明会」「個別相談会」にお越しください。
 12月 2日(土)11:00〜12:30  12月 3日(日) 10:30〜12:00
 12月 9日(土)11:00〜12:30  12月10日(日) 10:30〜12:00

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月28日 12:34 | 記事ページ

勝負には勝て!

2006年11月29日

-----

■受験すると決めたら「合格」せよ!
 今日、卒業生から「防衛医科大学校の1次試験に合格しました。」とうれしい報告を受けました。これから2次試験(小論文・面接等)があって、最終発表は2月中旬と先が長い話ですが、その間にセンター試験・国公立大の2次出願等があります。ぜひ、最終合格を勝ち取ってほしいと心から祈っています。
 で、この先輩は模試でも思うように結果が出せないことがあって非常に悩んでいました。先生もこの先輩と何度も話しました。
 先輩もみなさんと違わずケアレスミスが結構多くて、よく点数を取りこぼしていたようです。でも「合格したい」という気持ちが勝ったようです。
 模試で成績がいいとか悪いとかは関係ないです(ただ、結果的にはいいほうが「合格」に近いことは確かですが)。入試本番で合格点をとれれば合格、1点でもたらなければ不合格、ただそれだけです。
 この1点は大きな差です。そこにもっとこだわって欲しい。
 勝負事には勝たなければダメです。負けても得られることがあるのは事実ですが、それは模試や普段の小テストで十分得るものを得て、本番に勝たなければ意味がないと思います。
 そこで、みなさんに質問。
 「それで勝てますか?」
 「勝つ気があるのですか?」
 今日お話した先輩も何度もくじけそうになりながら、負けずにがんばってきたのです。みなさんも先輩に続いて欲しい!
 たのむぞ!
=文責:鳴神=

■次回の入会説明会・テストのご案内
 12月2日(土)14:00−15:30  12月3日(日)10:30−12:00
 最高の学習環境で、未来の可能性を拡げよう!

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月29日 00:00 | 記事ページ

やるべきことは必ずやろう

2006年11月30日

-----

■家でも塾でもいい。集中してやろう。
 人間誰しも気乗りするときもあればそうでないときもあります。でも、変わらないもの(授業やテストをする日)は変わらない。
 結果を出さなければならないときに出せなければ認めてもらえないですよね。
 だから、「やるべきことは必ずやる」しかないのです。
 気乗りするように、自分の気持ちや体調をコントロールすることは難しいですが、意識的に気乗りするように持って行こうとする姿勢が大切です。
 授業が終わって1時間残って学習する。眠たいかもしれないけれど、習ってすぐに学習するのはとても効率よく頭に入ります。次の日に2時間学習する以上の効果があります。
 そうすれば、次の日もっとほかの事に時間を使えますね。いままでの復習をしたり、気分転換の時間にもできますよ。
 せっかくの24時間、うまく使おう。
 そのためのキーワードは「集中」。
 がんばってな!
=文責:鳴神=
■次回の入会テスト・説明会のご案内
 12月2日(土)14:00〜 12月3日(日)10:30〜

Posted by: 第一ゼミ中学受験統括室 日時: 2006年11月30日 00:00 | 記事ページ


ページの先頭へ