中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 球団と新庄選手の「気持ち」の大きなズレ

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

球団と新庄選手の「気持ち」の大きなズレ

2006年09月28日

-----

当に泣いたシーンを初めて見ました。新庄選手があらためて、引退宣言をしました。27日の札幌ドーム。レギュラーシーズン最終戦で、プレーオフ1位進出を決めた直後でした。球場内が暗くなり、新庄選手が自ら考えたセレモニーが始まりました。両親と一緒に撮った6歳時の「新庄少年」の写真に始まり、これまでの軌跡が映像で流されました。その間、場内は静まり返っていました。

 映像が終わると、グラウンドの真ん中にたたずんでいた新庄選手は、プロ入りから使い続けたグラブをそっと置き、首から下げていた赤いタオル、リストバンドを外して同じようにそばへ添えました。最後には、この日限定で変更した背番号「63」のユニホームを脱ぎました。紙面に紹介した通りのメッセージをファンへ贈り、ひとまず区切りをつけました。その後、ベンチへの去り際に涙を見せました。

 ドラマチックなセレモニーで、ただ1つ残念だったのは「球団主導」ではなかったということ。いまだにシーズン終了後に慰留に努めるとしており、新庄選手の引退する意思を受け入れていないのです。そのため球団は、試合後にセレモニーを行うことを認めているにもかかわらず、引退は認めていない。ファンへの告知も球団を通じてはできないなど矛盾だらけです。新庄選手の「花道」を、しっかりとつくってあげることができなかったのです。

 引退の意思が固いことを一番知っているはずなのに、なぜ、いまだに引き留めるとか慰留とか言えるのでしょうか。新庄選手はこの日の試合前、ファン約15万人の引退撤回を求める署名を受け取りました。その時に記念のサインをしていると、あるファンから「北海道に残るって書かないの?」と問われ、こう答えました。「気持ちだけ置いていきます」。そんな決意をあらためて感じていた試合でした。それだけに新庄選手と球団見解、その「気持ち」の大きなズレを間近で感じ、違った意味で寂しくなってしまった1日にもなりました。

日時: 2006年09月28日 18:18


ページの先頭へ