中学受験専門塾第一ゼミパシードは難関中学受験有名中学受験合格を目的に最善の中学受験指導を実現する学習塾進学塾です

Home > 各校一覧 > パシードブログ > 堀江被告の指示証言=宮内被告出廷、元トップと対決−ライブドア公判・東京地裁

パシードブログ

  •  
  •  

« prev | メイン | next »

堀江被告の指示証言=宮内被告出廷、元トップと対決−ライブドア公判・東京地裁

2006年09月15日

-----

ライブドア事件で、証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載など)の罪に問われた前社長堀江貴文被告(33)の第5回公判が15日、東京地裁(小坂敏幸裁判長)で開かれた。元取締役宮内亮治被告(39)が検察側証人として出廷し、投資事業組合を利用した自社株売却案を堀江被告に報告した際、「(売却益を)予算に乗せるよう指示された」と証言した。
 検察側は、ライブドアの会社買収に登場する投資事業組合が、自社株売却益を売り上げ計上した連結決算の粉飾に利用されたとしており、組合の実体の有無が主要な争点となっている。 

日時: 2006年09月15日 15:22


ページの先頭へ